漫画ネタバレ

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【7話】ネタバレ!あの女の子は貴方だったの!?

【嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~】時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いてる元・お嬢様の花宮蘭子(24)は見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらうが、実はその青年・蝶名橋耀一郎は蘭子の許嫁だった・・・?!

婚約披露パーティーのため、蝶名橋家に向かい耀一郎の母親の見立てで

夜会服を選ぶ蘭子。その夜、

屋敷を抜け出そうとしているところを耀一郎に見つかって・・・?!

【嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~】7話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【7話】ネタバレ!

翌日

「まぁ!なんて素敵なの!!想像以上ですわ!!」

耀一郎の母親は蘭子の決定した夜会服を見て、嬉しそうな声を上げました。

「ねぇ、そう思いますでしょ?耀一郎さん

母親がそう聞くと、

「そうですね。良く似合ってる」

と耀一郎は柔らかい表情でそう言いました。

”下ろしているのもいいなと思っただけだ”

耀一郎がそう言ったので、今日蘭子は髪を下ろしていました。

「そっ それはどうも・・・ありがとう」

蘭子が恥ずかしそうにお礼を言うと、

「なんだかあなた達・・・雰囲気変わりまして?

母親が2人の雰囲気が昨日までと変わっているのに気づきました。

「いっ いつも通りです・・・!」

蘭子が必死に否定すると

「それにしてもあの頃の話が本当になるとはねぇ・・・」

と母親が話し始めました。

「初めて耀一郎さんを連れて蘭子さんにお会いした日の事ですわ。

よほど楽しかったのか女の子しかいない家はつまらないと言っていた耀一郎が、

毎回花宮家に行くときは一緒に行きたいと毎回ねだられて・・・」

すると、耀一郎は

「もっ もういいでしょう!

本人は覚えてないようだし・・・」

と言いました。またそんな事を言う耀一郎に蘭子は

「そ それは昨日謝ったじゃない?」

と言いました。すると、母親が「本当に覚えてないの?」と

聞いてきたので、男の子と遊んだ記憶はないのでと蘭子は答えました。

「もしかして・・・女の子と勘違いしてるのではなくて?

髪も長めで昔の耀一郎さんはよく女の子と間違われてたのよね。

服もやたらひらひらで・・・

あの頃は「耀ちゃん」って呼んでたし・・・

その話を聞いた蘭子は

「耀ちゃん・・・・ようちゃん!?

と驚いて思い出したように耀一郎を指さしました。

「あの子あなただったの?!

てっきり「陽子」とか「容子」の「ようちゃん」だと・・・

なんでそれを言わないのよ!」

蘭子がそう言うと、

「女の子だと思ってないかなんて、恥ずかしくて聞けるか!」

と耀一郎は反論しました。

すると、耀一郎の母親がこう言いました。

この子毎回贈り物してたでしょう?

婚約者に愛の贈り物をしてたつもりが、ただのお友達だと思われてたなんて

気付きたくなかったんでしょうねぇ。

まぁでも、こうして婚約披露まで来たのだからいいじゃありませんの」

目の前でタジタジになる耀一郎を見て、蘭子は

そんな可愛いところもあるんだなぁと思いました。

 

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【7話】感想

昔に会ったことあるって言ってたのに、蘭子がまったく覚えてなかったのは

耀一郎の幼いころ女の子と勘違いしてたからなのですね(笑)

女の子が欲しかった母親の元に生れたら、そら女の子みたいに

フリフリ着せられちゃうかもね!(笑)

晴れてお互い昔から顔なじみだったことも分かってよかったんじゃないですかね♪

まとめ

耀一郎は昔から愛する蘭子のために贈り物を渡してたんですね♡

可愛い・・・・だから久しぶりにこないだもハンカチ渡してきたんだ!

なんだかピュアでいいですね!次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ