漫画ネタバレ

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【6話】ネタバレ!このまま結婚してもいいの?

【嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~】時は大正時代、高級カフェー「カシオペア」で女給として働いてる元・お嬢様の花宮蘭子(24)は見知らぬイケメン大学青年から突然プレゼントをもらうが、実はその青年・蝶名橋耀一郎は蘭子の許嫁だった・・・?!

蝶名橋家に向かうと、耀一郎の母親が蘭子を待ち構えていました。

1人息子の耀一郎は無愛想で面白くないから娘が欲しかったと母親は言いながら、

蘭子の洋服を楽しそうに選んでいきます。

そんな中耀一郎も蘭子の服装に口を出してきたので、

蘭子は「私の事に興味あるんだ?」と思ってきて・・・

【嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~】6話のネタバレを紹介します!

\今すぐ試し読みでチェック/
【まんが王国】無料試し読み!

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【6話】ネタバレ!

その夜、あまりにも広い屋敷なので

蘭子はお手洗いに行ったら部屋がどこだか分からなくなり屋敷内をウロウロしていました。

すると、お庭を見下ろせるテラスがあったので外に出ると

夜風が気持ちよく感じました。

「私・・・なんだかんだ流されちゃって

上手く断れずにここまで来ちゃったなぁ・・・」

蘭子が学生の頃、20も30も上の男性に嫁ぐ同級生も何人かいました。

それに比べたら自分が幸運で我儘言っているのは十分に分かっていました。

そう考えていると、大きな木が蘭子の目に止まりました。

【木を伝って逃げちゃう・・・?今なら出来たりして・・・】

「馬鹿ね。根本の解決になってないわ」

でも時間稼ぎにはなるかもと思った蘭子は、手すりに足を掛けました。

するとその時・・・!

「何をしている」

耀一郎が偶然通りかかり、蘭子が手すりに足を掛けているので

それを止めました。

な・・・っ!早く戻れ!あっ・・・危ないだろう!!」

耀一郎はそう言って蘭子の手を引っ張りました。

「・・・そこまで嫌だとは思わなかった」

ショックを受けている耀一郎に蘭子は

「あ いや・・・これは・・・降りれるかな~って思っただけよ」

と言い訳しました。すると、耀一郎はこんな話をし始めたのです。

「・・・小さいころ、貴女に遊んでもらった。

貴女は覚えていないようだから、それが悔しくて思い出すまで

黙っていようと思っていたが・・・

俺は祖父に貴女が婚約者だと聞かされていて、

貴女と結婚すると思って生きてきた。

その話を初めて聞いた蘭子は驚きました。

「気付いていないだろうが、女学校時代も見に行った事がある・・・

ずっと・・・早く結婚したいと思っていたんだ。

それだけは覚えていてくれ」

ーーその後、耀一郎に案内されて蘭子はようやく部屋にたどり着けました。

「ありがとう送ってくれて。助かったわ」

耀一郎がその場で立ち止まってじっと蘭子を見てくるので。

「・・・なぁに?」

と蘭子が聞くと、

「いや・・・髪を・・・下ろしているのもいいなと思っただけだ

耀一郎はそう言って少し微笑むと、「おやすみ」と挨拶をして

その場を去って行きました・・・

 

嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~【6話】感想

耀一郎の小さいころに蘭子は遊んであげてたんですね~。

それを思い出してほしいのに、蘭子は思い出してくれなくて

耀一郎は不機嫌だったんですね~かわゆす~♡(笑)

そんな昔から蘭子が好きだったってことだよね?

なんだか素敵~!!さらに、婚約者だとおじい様に聞かされ

嬉しくて嬉しくて早く結婚できる年齢にならないかなって

耀一郎はこの時を楽しみにしてたんですね!めちゃいいじゃん!

蘭子このまま結婚した方が良いって!絶対幸せ保証されてる!!(必死)

まとめ

無愛想で、言葉数の少ない耀一郎が蘭子との出会い、

そして婚約者になれて嬉しくてこの時を待ちわびていたことを蘭子に伝えました。

それを聞いた蘭子はどうするのか?!次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ