漫画ネタバレ

よこしまな初恋【18話】ネタバレ!あなただからいいの

【よこしまな初恋】~誘惑フェティシズム~

亜加里は青山がどうしてイヤホンの設計者になりたかったのか理由を聞いて、

おばあちゃんのためだと知り、優しい人だなぁと思いました。

そして今までコンプレックスだった小さな耳も幸運の耳と言ってくれて、

亜加里は初めて自分の耳が小さくて嬉しいと思えたのです・・・

【よこしまな初恋】18話のネタバレを紹介します!

よこしまな初恋【18話】ネタバレ!

翌日

亜加里が音響設計部に訪ねてきました。

すると・・・

「あの・・・耳型取ってもらえますか・・・?」

と言って来たので、青山は驚きました。

怖くなるから理由を聞き返さないでと言う亜加里に、

青山は心配そうな顔をしました。

「青山さんがやってくれるんでしょ?

・・・それならいいの。」

そう言ってくる亜加里に青山は

「上野さん、耳型を取る手順を説明するから

それを聞いた上でもう1回返事して。

そこまで耳が苦手じゃないって人でも、結構な内容だと思うから」

と言うと、事細かく型の取り方を亜加里に説明を始めました。

「そして・・・出来上がった型を元にあとはあこっちで耳型を作るんだけど・・・

どうかな?」

内容を全部聞きながら想像してしまった亜加里は

半泣きになりながらも

「・・・いい ・・・して」

と言いました。

ーーーベッドに横になった亜加里に

「じゃ 耳触るよ」

と青山がそう言って髪の毛をけき上げられたので、びくっとしてしまいました。

「動かないで。耳栓するよ。反対の耳から俺の声聞こえるね?

型枠置くよ。この先嫌って言っても途中でやめられないよ?いいの?」

そう聞かれた亜加里は

「・・・ちょっと怖い・・・

あ 青山さんいてね。ずっといてね」

と言いました。青山は

「ずっといる」

と言うと、型取りようの固まる液体を手に取り

「入れるよ」

と言い、亜加里の耳に流し込んでいきました。

「もうちょっとで全部・・・入った。掻き混ぜるよ」

「あ 無理。感触がずごく・・・・っ」

「我慢」

亜加里が我慢しながら自分の手を握りしめていると

その手に青山は手を重ねながら

「いるよ 大丈夫。頑張れ あとは固まるの待つだけだから」

と言ってくれました。

ーーーあと5分になり、

「・・・こんなに怖がった人初めてだよ。

そこまで苦手ならどうして」

と青山が聞くと

「・・・青山さんならいいって思えたの・・・」

と亜加里が答えました。

そして・・・時間が立ち、ようやく型取りが出来ました。

「よく頑張った!お疲れ様 上野さん」

亜加里は息絶え絶えになっており、ぐったりしていました。

「待ってて今耳拭くから。頑張ったからすごく綺麗に型取れたよ!」

よかったと笑いかけてくる亜加里に、青山はこう言いました。

「・・・お願いがあるんだ。新しいイヤホンが出来たら1番につけてほしい。

それともう1つ・・・そういう顔俺以外の奴に見せないでほしいんだ。

もう耳の先から何から全部可愛くて仕方ないんだよ

ーーー完

 

よこしまな初恋【18話】感想

亜加里は意を決してあんだけ嫌がっていた

耳の型取りに挑戦しました。

型取ってる間、1人の会話がなんだかエロかったですね(笑)

もう亜加里の耳を見た時点で、実は青山は亜加里を好きだったのかも~

フェチってありますし、運命だったんですよきっと!♡

まとめ

こんなことから始まる恋もあるんだ~

ちょっとドキドキしてしまいました♡

次回も短編作品です!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ