漫画ネタバレ

私たちはどうかしている53話(11巻)ネタバレ!除夜祭

52話では、今まで支えてきてくれた多喜川に突然プロポーズされ

七桜の心は揺れます。そんな時、城島が「花がすみ」を訪ねてきて

椿と栞に子供はいないし、結婚もしないことを教えられます。

そして、除夜祭りの2日前の夜 七桜は最後に抱いてほしいと椿に言いました・・・

【私たちはどうかしている】53話(11巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【私たちはどうかしている】53話(11巻)のネタバレ

12月31日 大晦日

除夜祭が始まりました。

「椿さんと七桜さん 神様はどちらに微笑むんでしょうか・・・?

椿さんが負けたら・・・きっとこの店から去っていってしまいますよね」

準備をしていた栞が城島にそう言いました。

「あの人は負けないよ。椿さんはこの店のすべてを知り尽くしている。

七桜さんは勝てないと思う」

城島はそう答えました。

陰からそんな2人の会話を聞いたいた椿の母親に

「さすがの女将も気が気じゃないですか?」

と多喜川が声を掛けました。

「あなたがなんの妨害もせずに今日を迎えるなんて、

どういう風の吹き回しなんでしょうね」

そう言われた椿の母親は

「息子の力を信じてますから」

と答えました。

ーーーー今年最後の亥の刻になり、いよいよ

七桜と椿のお菓子を大旦那が実食する時が来ました。

「2人の菓子をいただこうか」

大旦那はそう言うと、七桜の方からいただこうと言いました。

七桜が風呂敷を取ると、そこから1つの椀が出てきました。

「どうぞ」

七桜に差し出されて、大旦那が椀の蓋を取ると

その中からゆずの上生菓子が出てきました。

一口食べた大旦那は

「これは・・・ゆずの皮か?」

と聞きました。

「中のあんを包み込むように入ってる・・・

ゆずの皮を丸ごと入れたのか?」

すると、七桜はこう説明しました。

「ひめ柚子を使いました。中を利抜き、極限まで皮を薄くして蜜漬けにし、

中にあんを詰め、それを包餡して美しく見える練り切りに仕上げました。」

【ずっと続く心地よい香り・・・五感のすべてで伝わってくる。

和菓子が好きだという気持ち・・・】

大旦那の心は温かくなりました。

「・・・あたたかい菓子だ。」

【いつまでも包まれていたいような あたたかい菓子】

「ごちそうさま」

七桜は大旦那の様子を見て、ちゃんと自分が好きだと思えるお菓子が作れたと思いました。

「次はそちらをいただこう」

そう言われた椿は「つばき餅」を皿に盛って出しました。

つばき餅とは、源氏物語にも登場する

日本の和菓子の原点ともいわれるお菓子で

椿の葉で道明寺を挟んだシンプルなものです。

椿がそんなシンプルなお菓子を作ってくるなんて思わなかった七桜ですが、

葉の置き方にも細心の注意が払われていて、

道明寺の通夜と輝きにも目を奪われるそんな「つばき餅」に

椿のセンスを感じました。

大旦那は一口それを食べると目を見開きました。

「この味・・・どうして・・・

どうしてお前がこの味を知ってるんだ・・・

驚いてそう聞いてくる大旦那に椿はこう答えました。

「私が父に初めて教わったお菓子です。」

それは大旦那がその昔、息子の樹に教えたものでした。

「お前が教わったのは本当に小さなころだろう?

なのにこんな完璧に作れるはず・・・」

そんな風に言う大旦那に椿は、

「絶対に忘れない大切な味です」

と言いました。

【和菓子が伝えるのは味だけじゃない。

口にしたときの情景・感じた想い・・・

そこに確かにあった優しい思い出。】

それは大旦那もきっと同じだと椿は思ったのです。

ーーーそれこそが代々受け継がれてきたものだーーー

つばき餅を食べ進めていた大旦那の目から涙がこぼれ落ちました。

「・・・2人とも素晴らしい菓子だった。

もう1つずついただいて

今一度じっくり考えさせてくれ。

そこの部屋で待つがいい。椿は右の部屋さくらは左の部屋で・・・

この菓子だと思った方の扉を開ける」

そう言われた2人はそれぞれの部屋に入りました。

ーーー「こんなところで聞き耳立ててても何も聞こえんだろう。

お前にもチャンスをやろう」

大旦那はそう言うと、襖を開けました。

するとそこには椿の母親がいたのです・・・

大旦那は椿の母親を部屋に入れ、2人の作ったお菓子を差し出しました。

「後継ぎに相応しいと思う方の菓子を選べ」

そう言われた椿の母親は

「な・・・なにを・・・」

と驚きました。

「女将としてもお前に敬意をはらってるんだ。

わし1人で決めても納得しないだろう」

と大旦那が言うので、これはチャンスだと思いました。

椿の作ったお菓子を選べばいいだけだし、自分にはそれは分かる!

そう思いながらお菓子を食べました。

「こちらのお菓子です」

椿の母親がそのお菓子を指すと、大旦那は2人が待つ部屋の前に立ちました。

ーーー勝てば未来が開ける 負ければ失う

今まで信じてきた 大切なものをーーー

そして・・・大旦那が部屋の襖をあけ

「光月庵はおまえに譲る」

と言いました。

その部屋にいたのは・・・・

>>全話ネタバレはココ

まんが王国で2,520円もお得に読む方法!

私たちはどうかしている

まんが王国半額クーポンを使って最新刊までお得に読むことが出来るんです!

本来12巻までそろえると5,040円ですが!

半額クーポンを利用すれば2,520円で読むことが出来るんです!!

 

まんが王国はメールアドレスTwitterアカウント無料登録ができるので簡単に半額クーポンをGETできます!

2019年11月~最初に漫画をダウンロードしちゃえば、ネット通信がなくてもオフラインで読むことが出来るようになりました!

通信料を気にしなくても漫画を楽しむことができて漫画好きにはうれしい限りです♪

まんが王国【私たちはどうかしている】はこちら!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非【私たちはどうかしている】を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

【私たちはどうかしている】53話(11巻)の感想

七桜は香り豊かなゆずのお菓子、対して椿は伝統の父親から教わったお菓子・・・

どちらも大旦那の心を打ちます。

てか2人が結婚して、店を切り盛りしたら一番いいのではないか?

と思うのですが・・・きっと大繁盛しますよ!

こんな悲しい対決辛いですもん(涙)

どちらも素敵な和菓子職人さんですし、この先協力し合って

生きていくという選択肢はないのでしょうか?

まとめ

【私たちはどうかしている】11巻に掲載されている53話のネタバレ感想を紹介しました!

大旦那が入った部屋には七桜が・・・!?

えっそれって椿の母親も七桜のお菓子を選んだってことだよね?

椿はどうなる?

次回の話の続きが気になります!

 

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【私たちはどうかしている】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ