漫画ネタバレ

私たちはどうかしている37話(8巻)ネタバレ!赤の目覚め

36話では、屋敷が火事の中まだ安否がわからない大旦那を助けに向かった椿。

七桜は「ここにいろ」と言う椿の言葉を信じて待ちますが、

火がそこまで来ており城島が助けに来ました。

しかし、その時お腹に激痛が走り 七桜はその場で気を失ってしまうのです・・・

【私たちはどうかしている】37話8(巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【私たちはどうかしている】37話(8巻)のネタバレ

火事の後、椿は10日間意識が戻らず

目覚めた時には七桜はもういませんでした。

ーーーそれから10カ月後・光月庵

椿は和菓子教室を店で開いており、光月庵で和菓子作りが教えてもらえるなんてと

生徒に大人気でした。

「くだらないわね」

厨房へ道具を戻しに来た椿に母親が後ろからそう言いました。

「和菓子教室なんて店の品位が落ちるようなことして恥ずかしい。

当主がやることじゃないでしょう」

そんな風に言われた椿は

「新しいことを試して何が悪いんですか。

それに俺はまだ当主じゃない」

と言いました。すると母親はこう言いました。

「七桜さんのこともいつまで探すつもりなの?

今更見つけてどうするの?あなたはあの子より店を継ぐことを選んだのに。

それより向き合うべき人が他にいるでしょう?

ーーーこの気持ちは愛情なのか憎しみなのか

七桜に会いたくないのか会いたくないのか

七桜が消えたあの日からずっと矛盾を抱えてるーーー

ーーー数日後、大雨の日

和菓子教室は大雨で生徒が集まらないだろうなと椿が思っていると、

栞が大雨の中ずぶぬれになりながらやってきました。

「あ あの今日はほかの生徒さんは・・・?」

栞がそう聞くと

「この雨でみんなキャンセルです。栞さんが来られたので驚いてます」

と椿が答えました。栞は恥ずかしそうにしながら

「和菓子作りにすっかりはまってしまって、私の唯一の楽しみなんです。

結婚するまでにできるだけたくさん作りに来たくて」

と笑顔でそう話しました。

栞の頬には傷があり、それはあの火事で椿を助けに駆けつけた時に

出来てしまった傷でした。

「・・・栞さんは赤が好きなんですか?

着物もいつも赤ですよね」

と椿が聞くと

「あ は・・・・はい。子供の頃から・・・気分が上がるし目立つから・・・

私には姉が2人いるんですけど、2人とも美人で愛嬌があって

どこに行っても目荷を引く存在です。

それに比べて私はどうしようもなく地味で、

いつもみんなにいたの?って言われるほどで・・・

だから赤い色を見に着けたらきっと私のこともちゃんと見てもらえるって思ったんです。

父にはお前には似合わないからやめろって言われます。ほんとそう思いますよね」

と言って栞が話すので、椿は子供の頃の自分を重ね合わせました。

「”そう思う”なんてどうして決めつけるんですか?

俺の気持ちなのに。

たしかにこの皿によく合う椿の和菓子の色をしている。

俺は結構好きです

栞は椿にそう言われ、ドキッとしました。

ーーー数週間後・長谷屋にて

「今後とも幾久しくよろしくお願いいたします」

今日は栞の家と婚約者の家との結納の日です。

「栞さんの着物、とてもきれいな色ですね。

淡い桜色 栞さんによく似合ってます」

婚約者にそう言われ、栞は少し浮かない顔をしました。

「この度は本当にありがとうございます。

傷を負ってしまった娘です。破断されても仕方がないのに

こうして予定通り結婚の話を進めていただきまして」

そう言って栞の両親が婚約者側に頭を下げると

「そんな・・・事故だったんですから」

「それに栞さんには表に出るようなことはさせませんのでご安心ください」

と婚約者が言いました。

それを聞いた栞は

「あ・・・で でも・・・」

と言って何か言おうしますが、もう次の話題に移っていたので

話に入る事ができませんでした。

ーーーみんなの声が遠く聞こえるーーー

そういえば和菓子教室はいつまで続けられるんですか?

すみません 古い考えかもしれませんが

栞さんにはなるべく家を守ってもらいたいんです。

そのかわりかならず幸せにしますので」

婚約者がそう言いました。

言わなくちゃ「はい」「よろしくお願いします」

そう言えばお父さんお母さんも安心する。私も幸せに・・・】

ーーー「俺はけっこう好きです」---

栞の脳裏に椿が浮かびました。

ーーーその頃、椿はあの火事から意識が戻らないままの

大旦那の元へお見舞いに来ていました。

「今日は牡丹が咲いていたので持ってきました。今花瓶に・・・」

椿が花瓶に目を移すと、すでに花が活けてありました。

「すみません 今日他に誰か来たんですか?」

椿が看護師にそう聞くと、

「あら ほんと。さっきまで何もなかったのに。誰かしら」

と看護師が言うので、椿は真っ先に七桜の顔を思い浮かべました。

そして、病室を出て角を曲がる七桜に似た人物を必死に追いかけました。

ーーー栞は税院の前で土下座し、こう言いました。

「すみません 私、結婚できません。

どうしても ほしいものがあるんです」

>>全話ネタバレはココ

まんが王国で2,520円もお得に読む方法!

私たちはどうかしている

まんが王国半額クーポンを使って最新刊までお得に読むことが出来るんです!

本来12巻までそろえると5,040円ですが!

半額クーポンを利用すれば2,520円で読むことが出来るんです!!

 

まんが王国はメールアドレスTwitterアカウント無料登録ができるので簡単に半額クーポンをGETできます!

2019年11月~最初に漫画をダウンロードしちゃえば、ネット通信がなくてもオフラインで読むことが出来るようになりました!

通信料を気にしなくても漫画を楽しむことができて漫画好きにはうれしい限りです♪

まんが王国【私たちはどうかしている】はこちら!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非【私たちはどうかしている】を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

【私たちはどうかしている】37話(8巻)の感想

椿10日間も目を覚まさなかったんですね・・・

七桜はそうとも知らず、椿が迎えに来なかったことで

その場を去ってしまったようです・・・

あぁ 切ない・・・どこまで心すれ違うの・・・

なんだか栞がずいっとまた出てきそうだし~

こんなに好きなのにいろんな問題が重なって一緒になれないなんて辛すぎます!

まとめ

【私たちはどうかしている】8巻に掲載されている37話のネタバレ感想を紹介しました!

病院で七桜の姿を見た気がした椿。

それを追いますが、きっと人違いで追いつかないでしょうね・・・

ここで会う感じではなさそう・・・

次回の話の続きが気になります!

 

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【私たちはどうかしている】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ