漫画ネタバレ

わたしの幸せな結婚【14話】ネタバレ!静かな怒り

【わたしの幸せな結婚】異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘・斎森美世。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される”久堂家”に嫁ぐことに・・・・

久堂に持たされていた”御守り”を忘れてしまった美世。

お弁当を久堂に渡しに行った帰りに、誰ものかによって連れ去られてしまう・・・・!!

【わたしの幸せな結婚】14巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

わたしの幸せな結婚【14巻】ネタバレ!

帰ったはずのゆり江が再度訪ねてきたと聞いた久堂は、嫌な予感がしながらも、ゆり江の待つ応接間に向かいました。

すると、泣き腫らした目でゆり江に

”美世が何者かによって連れ去られた”ことを聞かされるのです・・・

「美世が攫われる前、誰かに会ったか?斎森あるいは辰石の者に」

久堂がそう聞くと、まっすぐ帰る予定だったので会っていませんとゆり江は答えました。

御守りを持っていなかったのでは?と久堂が聞くと、実は久堂と別れた後に

持っていなかったことに気付いたとゆり江が言いました。

実はあのお守りは相手の式から姿を見られなくする効果があったのです。

「ゆり江がちゃんと持ち物を確認していれば、こんなことには・・・」

ゆり江は自分を責めました。

久堂は美世を誘拐した犯人の目星はついていました。

それは、日ごろから式を飛ばしていた相手・辰石です。

すると、また久堂に客が訪ねてきました。

その相手はなんと、幸次だったのです・・・・!

「あなたに頼むのは筋違いだと分かっている。

でも、お願いします。僕だけじゃ美世を助けられない!

ーーーーここに来る前、幸次は父と香耶の様子がおかしいので

家の応接間へ向かう香耶の後をつけると

久堂へ嫁ぐ美世と香耶を婚約の取り換えをするという話を

2人がしているのを耳にしてしまいました。

そんな2人を見過ごせない幸次は、「何を考えてるんだ!」と飛び出しました。

まさか聞かれているとは思っていなかった香耶が、嫌な顔をしますが

幸次の父親は「薄刃の血を手に入れるために仕方ない事だ」と言いました。

自分が美世を助けようとした時、何度も止めたではないかと幸次が言うと、

あの時が下手に庇って斎森に美世の価値を悟らせるわけにはかなかったので、

美世が孤立していたほうが都合がよかったのだと聞かされました。

それを聞いた幸次は驚愕しました、

美世を手に入れるためにわざと傍観し続けていた父親がおぞましく感じたのです。

「許せない・・・・」幸次の怒りは沸点を越えました。

そして、これ以上美世を好きにはさせないと微力な異能を使って物を持ち上げ

父親に向かって持ち上げた家具を飛びつかせました。

しかし、それも虚しく当主の父の前では力及ばず

そのまま幸次は家具諸共、床に叩きつけられてしまいました。

その後幸次は拘束され、別室で1人美世に対してもっとちゃんとしてやれなかったのかと

悔やんでいました。

美世をこれ以上守れないのかと幸次が諦めかけたその時、

扉が開き兄の一志が部屋に入ってきました。

「諦めるのか?」そう聞かれた幸次は

「あきらめない。僕は美世を助けに行く」と答えました。

すると、一志は術で拘束されている幸次の手を解除させました。

「くだらない事を気にしている暇があるなら早く行った方がいい」と一志に言われ、

幸次は急いで久堂の元へ行き、助けを求めたのです・・・

ーーーーーその後、久堂と幸次は一緒に斎森家に車で向かいました。

「そう焦っても状況は変わらん。辰石幸次」

そう言われた幸次は

「あなたは随分落ち着いてるんですね。

婚約者がどんな目にあってるかも分からないのに」

と反論しました。隣で車を運転している久堂を横目に見ながら

幸次はこの男は本当に美世を愛してるのだろうか?と疑いました。

確かに久堂は完璧で欠点らしい欠点が見当たらないし、

異能者としても素晴らしい才能を持っているが、

けれど、この男に美世を任せることが本当に良い事なのかと幸次は思いました。

【彼女の深い悲しみや孤独、心の傷・・・・この男は知ってるのだろうか?

こうして助けに行くのも何か別の思惑があるのでは・・・・】

そう考えている内に、幸次の心の中はドロドロとした暗い感情が湧き出してきました。

【もしこの男が美世を見捨てたら・・・・

美世を殺して自分も死ぬしかない・・・

それがもっとも確実に美世に安らぎを与えられると身勝手だと自覚はありますが

けれど、その方法しかもう幸次には思いつかなかったのです。

「着いたぞ」

斎森家の家の前で車を止め、久堂と幸次は車を降りました。

「どうするんです?普通に声を掛けても開けてもらえるかどうか・・・」

すると・・・

「問題ない」

久堂はそう言うと、斎森家の門を炎で焼き尽くしてしまいました。

「行くぞ」

そう言って中に進んでいく久堂の背中を追いながら、

幸次はただならぬ久堂の怒りを初めて感じたのです・・・・

わたしの幸せな結婚【14巻】感想

美世は陰ながら助けてくれた幸次の思いをまだ知らずにいますが、幸次は少しマイナス思考過ぎてダメだな・・・・

だって「一緒に死ぬ」とか考えちゃってるんだもん!

自分が助け出して幸せにする!とかないんかーいって思います。

それとは対照的に、久堂の強さとカッコよさにキュンとしてしまいます♡

これこれ!助けに来るってことはこういうことよ!!

愛する人を傷つけられて黙ってられないですよね~!

ボッコボコにやっつけてくれ!!

まとめ

斎森家に突撃した久堂と幸次。そこに美世はいるのか?!熾烈なバトルが期待されますね!次回の話の続きが気になります!
わたしの幸せな結婚
わたしの幸せな結婚(漫画)無料で一気に読む方法!『わたしの幸せな結婚』無料で読む方法!まんが王国独占先行!邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される”久堂家”に嫁ぐことに…しかし旦那様は素敵な人でした☆...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ