漫画ネタバレ

私たちはどうかしている27話(6巻)ネタバレ!新生わらび餅

26話では、七桜の作ったわらび餅を七夕の催事に光月庵のお菓子をして出すことに

いい顔をしない女将が、城島を使ってわらび餅を悲惨な目に合わせることして・・・?

そして妊娠検査薬をした七桜の結果は・・・?

【私たちはどうかしている】27話(6巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【私たちはどうかしている】27話(6巻)のネタバレ

ーー催事前夜、椿の母親に言われた城島はわらび餅を悲惨な目に合わせようとしますが、

父親の顔が思い浮かんでそんな事出来ませんでした。

その姿を七桜は実は見ていたのです・・・

ーーー「今なんて言ったの?わらび餅を出すですって?」

椿の母親はため息をつくと

「七桜さん、3時間後には催事が始まるの。

これからどう作るっていうの?」

と七桜に向かって言いました。すると、この騒ぎに気付いた椿が厨房に入ってきました。

床に散乱するわらび餅を見た椿は唖然としました。

「七桜さんの管理不足よ。お客様にお出しするまでがお菓子作りなのに。

でも安心してちょうだい。富岡さんにも七夕のお菓子を作るよう頼んであったの。

今朝しっかり用意されてたわ。

笹を模した上生菓子、それに星形の最中。

これで充分勝負できます」

椿は七桜と顔を見合わせると、

「しかたない。あるものを持っていくぞ」

と言いました。

ーーその場を去って行こうとする椿の母親の後ろを城島は追いかけました。

「待ってくれ!わらび餅をダメにしたのって・・・」

城島がそう聞くと

「誰かさんが役に立たないから余計な仕事が増えたわ」

椿の母親が城島を睨みながらそう言いました。

ーーー城島が厨房に戻ると、七桜は床に落ちたわらび餅を拾っていました。

城島が「催事行かないんですか?」と聞くと、

「これが終わったら行くよ。

私の作ったわらび餅食べてもらわなきゃ

と七桜が言うので、どうやって?と城島は

床に落ちているわらび餅を触ると、

「このわらび餅・・・・」

と驚いた表情で七桜の顔を見ました・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方その頃

七夕の催事が始まっていました。

「どこの店のお菓子も気合が入ってますね」

職人の山口がそう言うと

「それがなんなの?うちには400年の歴史があるの。凛としてなさい」

と椿の母親が言いました。

そうしていると・・・

「あ!あれ光月庵もお菓子出してる!」

「ほんとに!?」

そう言ってお客が集まってきました。

そんなお客たちに椿の母親は女将らしく、堂々と接客を始めました。

「七夕の新商品になります。

この日のために職人が腕によりをかけた自慢のお菓子ですわ」

するとお客が

「この星形のはなんのお菓子ですか?」

と聞いてくるので、椿の母親が「最中だ」と答えようとすると・・・

「よろしければご試食いかがですか?」

と言って、七桜が後ろから現れました。

そんな七桜を見た母親は

「あなた・・・何しに来たの!?」

と聞きました。そう聞かれた七桜は凛とした表情で

「私の作ったわらび餅を食べてもらいに来たんです。女将さん」

と答えました。女将はわらび餅なんてどこにあるの?!

と七桜に詰め寄ると、七桜は最中の蓋を開けました。

すると・・・そこに入っていたのは”あん”ではなく”わらび餅”だったのです!

それを見た椿の母親は愕然としました。

そして、お客がわらび餅を試食するため一口食べると

幸せそうに「おいしい」と言ってくれました。

その姿を城島は七桜を手伝いながら見て嬉しく感じました。

ーーーそれから続々と、噂を聞いて集まってきたお客たちが

わらび餅を求めに光月庵に列を作っていきました。

試食をして、一口食べて幸せそうな顔をするお客たちの姿を見た城島は

【一面 いっぱいの花だ】

と思いました。そして、父親がああまでして店を潰したくなかったのは

自分に伝えたいものがあったからだと初めて感じたのです。

それから七桜のわらび餅は飛ぶように売れていきました。

ーー「あなた知ってたのね。七桜さん1人であの量を用意できるわけないものね」

と椿に母親が聞くと

「俺はアドバイスしただけですよ」

と言いました。

「最中はわらび餅を守るために七桜が作ったんですよ。

頼んだものをしっかり確認する人ならしてやられることもなかったでしょうね。」

そんな風に言う椿に母親は

「でも、わらび餅は床に散らばって・・・」

と言いました。

「和菓子屋の女将なのに気付かなかったんですか?

あのわらび餅は古くて固くなった七桜が今まで失敗したものだ。

あなたが何かしでかすと思ってダミーに使ったんですよ。

本物はあなたが自らの手で運んだ・・・

3年前、”しまや”のわらび餅をダメにしたのもあなたですよね?

椿がそう言うと、

「・・・それであなたは勝てたんじゃないの」

と母親が言うので

「ほんとにかわいそうな人だな」

と椿は言いました。

「女将さん!手伝ってもらっていいですか?

お客様お待ちですので」

椿と話している母親に七桜がそう言いに来ると、

椿の母親は店に戻らなくちゃいけないのと言って、その場から去りました。

そんな母親の後ろ姿を見て、

「お前となら天の川も渡れそうだな」

と椿は言いました。

”出せば必ず売れる”椿の言う通り、星形のわらび餅は飛ぶように売れました。

ーーー催事後、担当の松原がこう言いました。

「まだ集計は出ていませんが、光月庵さんのわらび餅が

一番の投票数になると思います。

商品名とかどうします?「光月庵のわらび餅」でもいいんですけど・・・」

すると・・・

「”しまや”でお願いします」

と椿が言いました。松原が「”しまや”ですか?」と聞くと

「あのわらび餅を作りだした店の名前です」

と椿が答えました。

その言葉を聞いた城島は何かこみ上げてくるものがありました。

七桜に目をやると、その場にうずくまっているので

城島は心配になり声を掛けました。

気持ち悪そうに口を押えている様子の七桜は大丈夫と答え、

でもよかった。わらび餅がちゃんと出せて。

今日は星形だったけど、季節ごとに最中の形を変えてもいいなって思って・・・」

嬉しそうな目でそう言う七桜を見た城島は、

自分は作るのも諦めたて逃げたのに、

どうしてこの人はこんな風に思えるんだと思いました。

そして・・・

どうしてそこまでしてくれるんですか?

店が開けられないとか親父が病気とか・・・俺は・・・」

嘘をついていた自分が許せなくなってきた城島がそう聞きました。

すると七桜はこう言って来たのです。

「あ・・・そっか・・・やだな私・・・途中から意地になっちゃって・・・

その・・・頭の中わらび餅のことばっかりで・・・

真っ赤になって恥ずかしそうにする七桜を見た城島は

「は・・・なんすかそれ」

と急に力が抜けて笑ってしまいました。

>>全話ネタバレはココ

まんが王国で2,520円もお得に読む方法!

私たちはどうかしている

まんが王国半額クーポンを使って最新刊までお得に読むことが出来るんです!

本来12巻までそろえると5,040円ですが!

半額クーポンを利用すれば2,520円で読むことが出来るんです!!

 

まんが王国はメールアドレスTwitterアカウント無料登録ができるので簡単に半額クーポンをGETできます!

2019年11月~最初に漫画をダウンロードしちゃえば、ネット通信がなくてもオフラインで読むことが出来るようになりました!

通信料を気にしなくても漫画を楽しむことができて漫画好きにはうれしい限りです♪

まんが王国【私たちはどうかしている】はこちら!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非【私たちはどうかしている】を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

【私たちはどうかしている】27話(6巻)の感想

ナイスですね!!女将の目を欺くためにダミーを作ってたなんて!

何回も同じ目に合いませんよ!わらび餅!!

結果がすべてですからね~どうせ富岡の上生菓子は売れなかったんでしょう(笑)

本気でお菓子が好きな人が作ったお菓子・・・食べてみたいですね♪

今回は女将にぎゃふんと言わせてスッキリしましたね!

”しまや”のわらび餅はやっぱり最強で、お客さんたちに

その素晴らしさを知ってもらってよかったです!

まとめ

【私たちはどうかしている】6巻に掲載されている27話のネタバレ感想を紹介しました!

このままじゃ引き下がれない女将がまた何か企んでそう・・・

七桜の様子を見てると絶対妊娠してますね。

早く椿に知らせないと!身体が心配です!

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【私たちはどうかしている】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ