漫画ネタバレ

わたしの幸せな結婚【1話】ネタバレ!美世の生い立ち

【わたしの幸せな結婚】異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘・斎森美世。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される”久堂家”に嫁ぐことに・・・・

継母にも異母妹にも使用人以下の扱いを受け、今まで酷い目に遭ってきた美世。

そんな美世を唯一理解してくれたのは、幸次という幼馴染の男の人で・・・

【わたしの幸せな結婚】1話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

わたしの幸せな結婚【1話】ネタバレ!

「お初にお目にかかります。斎森美世と申します」

そう言って美世は手をついて頭を下げ挨拶をしました。

それでもこちらを見ない久堂に、美世は無視されるのは慣れているので

期にはなりませんでした。

それに、初めての場所・初対面の人の前で下手に動かない方がいいのも分かっています。

しばらくの静寂の後・・・・

「いつまでそうしているつもりだ」

初めて久堂が口を開きました。

「申し訳ございません」

美世が謝ると

「謝れとは言っていない。顔を上げろ」

と言いました。美世が初めて見た久堂は、

陶器のように染みひとつない真っ白な肌・

透けるような薄茶の長い髪・青みかかった瞳・・・

全体的に色が薄く、ほっそりした容姿とあいまって

男性とは思えない儚い美しさをもった人物でした。

けれど、人は見かけによらないと美世はまだ警戒していました。

なぜなら、今まで何人もの女性が三日ともたずに

彼との結婚を諦め、去っていったと聞いているからです。

ですが、美世にはもう後がありません。

帰る家もなく、頼れる場所もない・・・いくら辛い目に遭わされようと

ここでやっていくしかないのですーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

斎森家は、歴史のある名家で”異能者”の家系です。美世はそこの長女として生まれました。

父と母は政略結婚で、その特殊な血を少しでも濃く保つよう組まれた縁談でした。

家の決定に逆らえなかった父は、当時恋人がいましたが別れて結婚を承諾しました。

そんな愛のない夫婦の間に生まれたのが”美世”でした。

記憶はおぼろですが、父も優しく母は目いっぱい美世を可愛がっていたと聞きました。

けれど、母が病でこの世を去り

父がかつての恋人と再婚したことで何もかもが変わってしまいました・・・

継母は恋人だった父との仲を引き裂いた女の娘である美世を恨みました。

父は政略結婚の負い目から、継母に弱く

しかも愛する人との娘の方が可愛いのか、異母妹が生まれ、成長するにつれ

美世に見向きもしなくなりました。

異母妹である”香耶”は、美世よりもはるかに器量よしで要領もよく、

おまけに美世にはない『異能』”見鬼の才”まで持っていました。

香耶が継母と共に美世を見下すまでに時間はかかりませんでした。

「何よこれ!」

そう言って、熱いお茶を香耶は美世にかけました。

「こんなお茶渋くて飲めないわ!すぐに淹れなおして!」

申し訳ありませんと美世は香耶に頭を下げました。

「もう お茶も満足に淹れられないなんて恥ずかしくないのかしら?」

香耶がそう言うと継母も同調して

「本当にねぇ。みっともないこと」

と言いました。近くにいる父は止めずに見て見ぬふりをしました・・・

【もう何年もこの調子だ】

美世は今年で19になり、良家の娘ならば嫁いでいて当然の年齢になっていました。

しかし、使用人以下の扱いを受けている美世には縁談などなく

働けど賃金ももらえないので、家を出ることもままなりませんでした。

「申し訳ありませんでした」

ーーーーきっと一生こうして大人しく下僕のように働くだけーーーーーーー

美世は屋敷内の掃除をすることはありませんでした。

うっかり継母や香耶と顔を合わせると、何かと用事を言いつけられ

面倒なことが起こるからでした。

使用人たちもそれを分かっているので、気を使ってか

香耶の分担は決まって洗濯や外の掃除でした。

「こんにちは」

「幸次さん こんにちは」

美世に声を掛けてくれたこの人は、斎森家と同じく古くから異能を受け継ぐ

辰石家の次男で、美世や香耶の幼馴染です。

「今日はいい天気だね。とても暖かくて」

そして、そしてこうやって気にかけてくれて

美世を斎森家の娘として見てくれる心を許せる唯一の人でした。

美世が何でもない会話を出来るのは、今は幸次だけでした。

こんな扱いを美世が受けていることを知り、美世の父親に直談判しようとして

自分の父親に言いましたが、人様の家のことに口を出すなと酷く怒られてしまった事があったようです。

そんな幸次は美世の唯一の味方でした・・・

「ああそうだ」

そう言って、幸次は菓子折りを美世に差し出しました。

「流行りの洋菓子じゃなくて悪いけど、ああいうのは傷みやすいって聞いたから。」

美世はそれを受け取り、

「ありがとうございます。使用人の皆でわけていただきます」

と言いました。そんな美緒に

「あ・・・いや、そういうことじゃなくて・・・」

と幸次が戸惑っていると、

「ところで今日はどのような御用なのですか?」

と美世が聞きました。すると幸次は言いにくそうに

「ああ うん まぁ・・・ちょっと大事なよう だよ。君の父上にね」

じゃあ、またあとでそう言って幸次は屋敷に消えていきました。

幸次はおっとりしているけれど、曖昧なもの言いはあまりしないのに

珍しいなと美世は思いました。

【それに普段和装の幸次さんが洋装でいらして、

何か大切な話をしに来られたのかしら?】

「結婚の・・・申し込み・・・?」

少し期待してしまいましたが、美世はすぐにまさかそんなことはないと切り替えました。

今の自分は貧しい庶民の娘と変わらないし、幸次とももう済む世界が違うのだからと思いました。

でも・・・

「美世さん 旦那様がお呼びよ」

使用人に呼ばれて、美世は少し浮足立ってしまいました。

大広間に行くと、そこには父親・継母・香耶・幸次が待ち構えていました。

美世が座ると父親が口を開きました。

「話というのは他でもない。縁談とこの家の今後の事だ。

美世 お前にも今のうちに聞いてもらった方がいいと思ってな。

この斎森家は幸次君に婿養子に入って継いでもらうことにした。

そして彼の妻として、この家を支えるのは 香耶 お前だ

美世は「ああ やはり」と思いました。

父が幸次を入り婿に考えていることを前から気づいていたので、

もしかしたら・・・と淡い期待を抱いてしまっていました。

もしかしたら、唯一心を許せる幸次と結婚できるかもしれない

もしかしたら、斎森家の女主人として存在を許してもらえるかもしれない

もしかしたら、香耶はどこかに嫁いでいってもう比べられずに済むかもしれない

もしかしたら、父と昔のように話せる日が来るかもしれない・・・

なんて馬鹿の事を考えたのだろう全部ありえないに決まっているのにと

美世は肩を落としました。

そんな美世に父親はこう言いました。

「美世 お前には嫁いでもらう。嫁ぎ先は久堂家

当主の久堂清霞殿のところだ」

そう言われて、美世は「はい」と答えるしかありませんでした。

「まぁ!良かったじゃない!あの久堂家に嫁げるなんて。

久堂家と言ったらこの国では格上!資産も権力も素晴らしい名家でしょう?」

香耶がそう言いました。けれど、当主の久堂清霞は冷酷無慈悲として有名な人物で

結婚に関しても、多くの良家の女性が彼と婚約して三日ともたずに

逃げ出すほどだと美世は聞いていました。

そんな男性の元へ嫁に行けと言うことは、もう二度と斎森家の敷居を

跨がせぬつもりなのだろうと思いました。

女学校にさえ通っていない自分が、久堂家の当主となど上手くいくはずが無いことを

知りながら、この家を追い出そうとしているのは目に見えていました。

「取り柄が何もないあなたにはもったいなさすぎる話ね。

お断りするなんて失礼なこと出来ないわねぇ」

継母がそう言うと父親も

「ああ もちろん断ることは許さない。これからすぐに荷物をまとめ、

それが済み次第、久堂殿の屋敷に行くように」

と美世に言い渡しました。

この斎森家を出れば、少しは心が楽になるかと思っていたけれど

嫁ぎ先が久堂家では・・・

早々に追い出されるか、あるいは冷酷無慈悲と噂の相手に斬られるか・・・

美世は失意のどん底にいました。

話が終わり、美世が自室へ戻ろうとすると

「美世」

そう言って幸次が美世を呼び止めました。

「ごめん。僕は本当に不甲斐ないね。結局何もできなくて・・・

今だってなんて言ったらいいのか・・・」

幸次がそう言って美世に頭を下げながら詫びました。

「幸次さんがあやまることではありません。

ただ 運が悪かっただけですから

そう言って笑う美世に幸次は

「違う!運なんかじゃ・・・」

と言いますが、美世は

違いません。いいのです・・・私は別に気にしていません。

だってもしかしたら嫁ぎ先で幸せになれるかもしれないのですから」

微塵も思っていないことを

言い聞かせるように言葉が出てきました・・・・

「・・・君は僕を恨んでいないのか?」

そう言う幸次から、どうして助けてくれなかったのかと

どうか責めて欲しいと心の声が聞こえてくるようでした。

「恨んでなどいません。そんな気持ちはもう忘れました。」

美世がそう言うと、幸次は

「・・・ごめん。本当にごめん。僕は君をーーーー

と言いかけたところで

「幸次さん」

何を話しているの?と香耶が丁度声を掛けてきました。

「なんでも ないよ・・・」

名家の生まれで、能力にも容姿にも恵まれた幸次に

唯一欠点があるとすればそれは・・・

『臆病』

優しすぎるがゆえのことでした。

この場で彼が何かを違憲したならば、きっと美世か香耶のどちらかを傷つけるから

それを理解して結局口を噤むのです。

幸次が何を言おうとしたのか分からないし、今更美世は知りたいとも思いませんでした。

けれど、そんな優しい彼に根本的な解決は至らずとも

何度も救われたのは確かでした。

「幸次さん 今までありがとうございました」

そう言って美世は頭を下げました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜になり寝床へついても、美世は寝付けませんでした。

美世の花嫁道具は、使用人のお仕着せ・

同僚皆から譲り受けたお下がりの普段着と日用品・そして

久堂家へ行くときに粗末な恰好では斎森家の評判に傷がつくと

父から渡された上等な着物だけでした。

【お父様はやはり、私が余所行きの着物のひとつさえ

持ってないことを知っていて放置していたのだ】

そう思うと悲しくなりました。

荷物まとめはしたけれど、持っていくものも大してありません。

昔持っていた母の形見の着物も高価な小物も

すべて捨てられるか継母と香耶に持っていかれてしまったからです。

思い出すのは苦しかった記憶ばかりで、

明日からもきっと幸せが待ってなどいない事も分かっています。

早くこの命が尽きるのを、ただ期待して眠る・・・それだけ・・・

ーーー翌日

美世は都会にある久堂家に出向きました。

ここまで来てしまえば自分には後がないし、

帰る家もなく、頼れる場所もありません。

この後いくら辛い目に遭わされようと、ここでやっていくしかない・・・

わたしの幸せな結婚【1話】感想

これは和製シンデレラなのでしょうか・・・・?!

実の父親にも助けてもらえない美世・・・可哀想すぎます。

継母・・・なんでこんな性悪女が父親は好きなんでしょうね?理解できません!

そして異母妹の香耶も本当に腹立ちますね~!!

唯一幸次だけは、美世の理解者のようですが、

直接助けてくれるわけではないので、辛いです(涙)

こんなさなかで持ち合がったのが久堂との結婚話だったようですね。

なかなかのイケメンのようですが、果たして結婚生活はどうなっていくのでしょうか?

初恋の人と結婚できない・・・・まぁ分かっていたけど

期待しちゃいますよね・・・もしかしたら!大逆転劇!・・・なんてことは

起こりませんでした。幸次も美世と結婚したかったんでしょう。

心根の優しい人ですね。でも時代が政略結婚ばかりならば

美世と幸次が結ばれるなんてまた夢の話だったんだと思います。

親の言うことは絶対の世の中だった時代には、こうやって

言われるがまま嫁いだ人も多かったと思います。

そしてスゴク悲しい・・・最後まで自分の家族には優しくされることなく

ほとんど身一つで久堂家に嫁いでいった美世・・・

もう少し幸次に勇気があれば、美世をこんな世界から

連れ出してくれたなら・・・そう思ってもいけないなと思います。

時代だと言ってしまえばそこまでかもしれないですが、

男は少しでも強引さと勢いがあってほしいですね。

これ以上のどん底はないと、何をされても自分は平気だと

腹をくくって嫁いできた美世はこの後どんな生活をしていくのでしょうか?

まとめ

美世の生い立ちや、辛かった事のおおよそが分かりました。

どういった流れで久堂に届くようになったのか気になります・・・

わたしの幸せな結婚
【わたしの幸せな結婚】を最終回結末まで全巻無料で一気に読む方法!『わたしの幸せな結婚』無料で読む方法!まんが王国独占先行!邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される”久堂家”に嫁ぐことに…しかし旦那様は素敵な人でした☆...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ