漫画最新話ネタバレ

スキップビート【286話】最新話ネタバレ感想!釣り合う為にも

スキップ・ビート】が連載中の花とゆめ20号が2020年09月19日に発売されました!

 

がメーカーにサンプルを取寄せていてくれた為、蓮のペンダント問題はひとまず解決しました。 

蓮は社に教わり、ファンの観察眼についての認識を改めます。 

 

一方、アメリカではエリックの墓前にロングの髪の女性ティナの姿がありました。 

墓参り後、ティナはクオンの行方を気にするのでした

 

スキップ・ビート[最新話]286話のネタバレ感想を紹介します♪

文字だけのネタバレはつまらない!スキップ・ビート絵付きで読みたい方必見!今すぐ最新号【花とゆめ】をU-NEXTで無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【花とゆめ】最新号を無料ダウンロード!人気漫画だけを読みたい

【スキップ・ビート】最新話の286話ネタバレ

ョーコは稽古場で、補助具つきでバク転三連続を成功させていました。 

キョーコの上達の早さに、指導員はアクションの才能があるのではと褒めます。 

 

はキョーコはバク転の練習はこれが初めてではありませんでした 

紅葉のオーディションに向けて、マネージャーの知り合いのスタントマンを紹介して貰い、スタントマンから専門のトレーニングクラブで急遽特訓をしていたのです。 

 

ョーコはその話を指導員にします。 

指導員からプロから基礎を学んでいるのは有難いと言われ、キョーコは実感します。 

 

“『紅葉』はいろんな人の支えがあったからこそ獲れた役だと” 

 

ネージャーの社といい、紹介されたスタントマンダークムーンでお世話になった五十嵐でした。 

ダークムーンはキョーコが出演していたドラマで、そのドラマがあったからこそ、カースタントの五十嵐が口利きをしボディアクタートレーニングコーチの元で学ぶことが出来たのです。 

 

してボディアクタートレーニングコーチの教えにより、長めのハチマキをしてオーディションに臨みました。 

ハチマキアクションをより優雅に魅せ審査員に男性がいるならハートを射止めやすいともアドバイスを受けていたからこそつけていました。 

そんな様々は要素が重なって、『紅葉役』は獲得出来たのです。 

 

ョーコがそんな実感をしているとスタッフに呼ばれ、衣装合わせをする事になりました。 

衣装の出来が早い事にキョーコが驚いていると、スタッフがキョーコに説明します。 

元々紅葉は色々あったため、調整がつく段階で止めており、一から作ったわけではなかったので衣装が早めに用意する事ができたと説明し、今日その衣装が問題がなければそのまま衣装を着て撮影に参加出来る事を伝えます。 

 

ョーコが目を輝かして感動していると、前から俳優の古賀が来ました。 

古賀は蓮のファンだったスタッフに「今日はいつもの笑顔だね、吹っ切れたの?」と話しかけます。 

 

タッフは考えない様にしているので蓮ネタは禁止と返答し、蓮の名前にキョーコも反応してしまいます。 

古賀はそのキョーコの反応を見て、キョーコに「報道見て泣いた?」と尋ねてきます。 

 

ョーコはこの話題は居た堪れなくなるのでやめてほしいという気持ちから思わず棒読み「二人が幸せなら周りがとやかくいう問題では無いのではないでしょうか」と返してしまいます。 

 

ョーコがしまったと思う頃には時既に遅く、古賀は面白そうに更に絡んできます。 

古賀の絡みによるキョーコの反応に嘘くさいと納得しない古賀にキョーコは奥の手とばかりにひそひそ話を始めます。 

 

ねてより蓮から『抱かれたい男No1.』を奪おうとしている古賀に対し、キョーコはこれはチャンスだと話し始めます。 

古賀は最初は「惚れた男の失脚を望むのか…!!」と返答します。 

しかし、キョーコは『憎』の感情には馴染みがあるため、疑われる事はない回答を返します。 

 

「…可愛さあまって憎さ100倍でございます」 

 

んなキョーコの反応に古賀は疑う事をすっかりやめ、古賀は『抱かれたい男No1.』に向けて頑張るぞーと言いながら去って行くのでした。 

 

初に古賀に絡まれた女性のスタッフがキョーコに、キョーコも蓮のファンだったのかと尋ねます。 

キョーコは「ファンですよ」と返しながら、スタッフのすっかり過去形な台詞に考えさせられます。 

 

『香凪さんなら仕方がない』と大多数の女性にそう思わせてしまう相手でも、蓮から支持者が離れる事は止められません 

そして渦中の人物が自分だったらゾッとすると思います。 

まだキョーコは蓮に不釣り合いであり、他人を納得させる事ができる自信もありません 

 

からキョーコはまだうしろめたい気持ちが強いままです。 

しかし、お互い関係性はそのままという話になり、キョーコにとっては時間が出来ました 

 

ョーコは衣装合わせが終わり、調整も問題がないため、そのままメイクをする事になりました。 

そしてキョーコは現場へ向かいます。 

自分の手でつかみ取ったこのチャンスを逃すまいと、そのチャンスをむしろ金星みたいにキラッキラに輝かせてみせるとキョーコは思い、現場入りするのでした。

 

今回はここで終わります。 

 

【スキップ・ビート】最新話の286話感想

え?大将の反応が分からないまま、キョーコの稽古場の話で始まりましたね 

てっきり社長がなんかしたのかと予想を立てていたら、今の所まだその件に関しての解答がないまま進んでしまった…。 

 

そらく後ででてくるパターンかなと思う事にします。 

キョーコが蓮と両想いになりましたが、キョーコ自身はまだ蓮に釣り合わないと思っているのがすごくよく分かる回でしたね。 

 

だ蓮に届かないので、それならばと元々役者として蓮に憧れていたのもありますし、目標は目標のまま、隣に自信を持ってたてるようにと新たに意気込んだ回かなと思います。 

蓮は気にしなさそうですが、キョーコの性格上そりゃあ気にするよね…と思います。 

 

だしが良い感じの紅葉役開始ですが、ずっと気になっている事が…。 

キョーコペンダントつけていないですよね…?ハラハラします…。 

紅葉の衣装の際にネックレスっぽいのあるかどうか見たんですけど、分からず…! 

 

気込み新たにしたキョーコの前にそんなハプニングが起きない事を祈っています…! 

次回も楽しみですね! 

 

 

回印象に残ったシーンは、

蓮のファンだった女性スタッフの過去形の台詞からのキョーコの反応と考え

下りのシーンを選ばせて頂きます。 

 

タッフから「京子さんも敦賀君のファンだったの?」と聞かれて、キョーコは一瞬驚き、そして少し悲しそうな顔をするですよね。 

そこからの「ファンですよ、今でも」という返し方、上手いなぁと思いました 

 

粋に蓮のファンが減っている現象に寂しさも覚えているのもあるかもしれません。 

そして楠香凪という誰もが認めてしまう女性であっても、支持する人は減っていくその現象に、芸能人としての立場を改めて実感したのもあるのではないでしょうか。 

 

して大多数に認められる相手だったとしても、ファンが減ってしまうほどの蓮に、蓮の大きさを実感しているのかもしれませんね。 

そんな心境がとてもよく分かると思いましたので、今回はこのシーンを選ばせて貰いました。 

 

まとめ

スキップ・ビート【最新話】286話のネタバレ感想を紹介しました!

ョーコが無事現場入りを果たしたのですが、ぞっとすると言っているキョーコの身にハプニングが起きない事をひたすら祈っています 

次回も楽しみです! 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ