漫画ネタバレ

姉妹逆転ゲーム【9巻】ネタバレ!吉野の香水瓶

リラ、スミレ、ノバラはDNA鑑定で姉妹であることが分かった・・・!

そしてノバラに会うために蒼衣が訪ねてきて・・・?!

姉妹逆転ゲーム9巻ネタバレを紹介します!

本ネタバレは文字のみとなっています。

文字だけじゃつまらない!と思っていませんか?
漫画はやっぱり絵があってこそ面白いですよね。

ノバラとスミレのやり取りが数倍楽しめます☆
姉妹逆転ゲームを絵付で読みたい方は必見です!

今すぐ姉妹逆転ゲームを無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【姉妹逆転ゲーム】全巻無料で読む方法!ネタバレ一覧も紹介

姉妹逆転ゲーム【9巻】ネタバレ!

ノバラは蒼衣をこの屋敷で雇うことにしたスミレに、何を考えてるのかと聞きました。

「だって本人が働きたいって言ってるんだし、力になってあげたいじゃない」

蒼衣のことをノバラは諦めたんだから、自分がもらって好きにしてもいいでしょと

言うスミレにノバラは

「蒼衣を傷付けたら許さないから」

と怒りました。そんなノバラの様子を見てスミレは冗談よと笑いました。

そしてこんなことを言い始めたのです・・・!

「そうだ!面白いこと思いついちゃったー♪

出会いからやり直せばいいじゃない!

ーーーーーー数日後

「蒼衣ー!お疲れ様。頑張ってるみたいだね」

スミレはノバラとして蒼衣に話しかけました。

「蒼衣に紹介するね!私の秘書 鬼瓦岩子さん。」

そう言ってノバラをスミレは秘書として紹介しました。

「はじめまして。水野蒼衣です」

声を出さない鬼瓦(ノバラ)に蒼衣が不思議そうにしていると、

「ごめんね 彼女男性があまり得意じゃないの」

とスミレがフォローしました。

「よろしくお願いします。鬼瓦さん」

蒼衣への挨拶を無事済ませて、スミレは上手くいったわねと言いました。

ノバラは鬼瓦という名前が不服で、スミレに抗議しましたが

スミレはしっくりきたでしょ?と笑いました。そしてこう言います。

「あんたって昔から頭が固いのね ノバラ。目の見えない男を健気に支える

美しくて優しいパーフェクトな女の仮面を使えなくなったのなら・・

本当の役に戻ればいいのよ。ただのドブスの役にね。

あとは実力次第よ ノバラ」

そんなスミレとノバラと蒼衣のやり取りを陰でリラが見ていました。

そしてリラが蒼衣に近づきこう言いました。

「さっきのアレ ノバラじゃないわよ。眼鏡のデブがノバラ

そう話しかけてくるリラに蒼衣は、仕事中なんでご遠慮くださいと言いました。

「あら?意外と冷静ね。さぞかし驚いたでしょう?

スミレとは似ても似つかぬ、あの醜い姿に。あんな女に恋い焦がれていたなんて

普通なら思い出したくないでしょう?今すぐ出ていった方がいいんじゃない?」

そう言って、リラは蒼衣が大切に手入れした花壇の花を踏みつけました。

「目が見えるようになった代わりに、自分を支えていた恋がヘドロのような

正体だったと分かるなんて皮肉よね。」

蒼衣はしばらく黙ってリラのいう事を聞いていましたが、

こう話し始めました。

「目が見えなかったからこそ・・・相手が毒をはらんでいるのがよく分かるんです。

あなたのことも・・・本当のノバラのことも・・・僕は彼女を待つつもりです。

まっすぐな目でそう話す蒼衣にリラはくだらないと言いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラ、スミレ、ノバラは父親の主治医に呼ばれて

父親の部屋に集まりました。久しぶりに会う父親を見て

スミレは”お父さん・・・小さくなったな”と思いました。

そして主治医が話し始めました。

「リラ様もご存じの通り、誉様は癌腫を患っており・・・

認知機能にも低下がみられます。現在は小康状態を保っていますが・・・

いつ容体が急変してもおかしくありません。」

その話を聞いて、ノバラはいたたまれなくなりこう聞きました。

「そんな・・・目を覚ましますよね?」

主治医が続けてこう言います。

「おそらくは・・・ただ覚悟はしておいてください。

誉様が残りの日々を平穏に過ごせますよう・・・ご家族も協力してください」

ーーーーーーーーーーーーー父親の部屋を出て、リラがこう言いました。

「平穏・・・ね。あなた達が今すぐにでも屋敷を出ていけば、

紫ノ宮家は平穏そのものなのに・・・」

そんなことを言うリラのノバラが

「でもお父さんがそれを望んでいない。だからあなただってそうしないんでしょ?!」

と言いました。そして、こんな紙切れで今更何をしようっていうの?と

DNA鑑定書をノバラに渡しました。そこには、リラも自分たちの父母から

生まれたということが見て分かりました。

ということは本家の吉野とリラは血が繋がってないってこと?とノバラは驚きました。

「これで条件は三人一緒・・・仲良く三等分できるわね」

とスミレが言いました。そんな事を言うスミレにリラはこう言います。

「私は既に実質的な紫ノ宮グループのトップよ。役員だって黙ってないわ」

リラにそう言われて、スミレは笑いながら

「欲張りねぇ。じゃあお嬢様には相続放棄してもらおうかな。

悪いことしたら罰をいけなきゃ。DNA鑑定書を渡してくれた人が言ってたんだけどね、

持ってるって。”紫ノ宮吉野の香水瓶”

その話を聞いて、リラの顔色が変わりました。

「とうとう本性出したわね・・・泥棒猫が・・・私を脅してるつもりなら覚悟することね

そう言ってリラは部屋を出ていきました。

ーーーーーーその後、リラは自分の部屋に晴臣を呼びつけました。

「あなたの子飼いの記者について教えて」

そう言われて晴臣は

「さぁ・・・彼とは崖の一件から音信不通で」

と答えました。リラはそれを聞いて

「勘違いしないで晴臣。お願いしてるんじゃない・・・これは命令よ

そう言って高圧的な目で晴臣を見ました。

「ノバラに父の存在を教えたこと・・・一度は見逃してあげたけど

二度目はないわ。逆らえば・・・あなたも同じことよ」

リラの部屋を出て、晴臣は吉良のメアドが変わってなければいいがと祈りながら

”今すぐ逃げろ”とメッセージを送りました・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その頃、ノバラは廊下で父親の秘書を見かけて声をかけました。

「お父さんの具合はどうですか?」

そう言われて秘書はこう答えました。

「まだ眠っておられます。そういえば、リラ様と何かあったのですか?

先程お会いした時ご機嫌斜めの様子でしたので・・・」

そう言われてノバラも自分もよく分からないんですと言いました。

「スミレが”紫ノ宮吉野の香水瓶”って言ったら・・・・

吉野ってリラのお母さんですよね?どんな人だったんですか?」

ノバラが吉野の事を聞くと、秘書はとても物静かな人でリラを溺愛していたと言いました。

そしてノバラは秘書にこう聞きました。

「私たち三姉妹が同じ両親から生まれたって知ってましたか?」

秘書はそう聞かれて、

「申し訳ありません。私からは何も申し上げることはできません」

と言って去っていきました。そんな秘書の様子に疑問を持ちながら

ノバラはあのDNA鑑定書が本物なら、どうしてリラだけ紫ノ宮家に・・・?

と思いました。考えながら歩いていると、観葉植物の手入れをしている蒼衣に会いました。

「あ 鬼瓦さん!お疲れ様です。いい天気ですね」

ノバラは蒼衣に声をかけられて会釈をしました。

すると、そんなノバラの前で蒼衣が脚立からバランスを崩して落ちてきました。

「危ない!!大丈夫?!蒼衣!!」

ノバラが蒼衣を受け止めて声をかけると、

その声・・・!!やっぱり君が・・・ノバラ

ノバラはしまった!!と思い、必死でその場から逃げました。

「待って!ノバラ!!」

追いついた蒼衣に手を掴まれました。観念したノバラは蒼衣にこう言いました。

「ガッカリしたでしょう?ずっと知りたかった女がこんな醜くて・・・」

そんなこと!と言う蒼衣にノバラはこう続けます。

「いいの・・無理しないで。それに悪いのは姿だけじゃない。

私ね小さいころからずっと美しい姉と比べられて・・・いつも思ってた。

スミレがいなくなればいいのにって。私の顔を見て馬鹿にする奴らも・・・

哀れむ奴らもそうよ・・・みんなこの世から消えればいいって本気で思ってた。

いつだって人の視線が怖くて、だから蒼衣とでって一緒に暮らした日々は・・・

本当に心から安らげた。ずっと・・・ずっとこんな日が続けばいいのにって・・・

だから嘘をついたの。手術を先延ばしにしたのよ。私には蒼衣の目が見えない方がよかったから。

未だってあの時に戻れるなら戻りたい!ね?やな奴でしょ?!

これでも好きだって言える?!

そう言い切って、ノバラは去っていきました。

ーーーーーーーー吉良からスミレに電話が入りました。

「もしもし吉良?あんんたのお陰で屋敷に上手く入れたよ。

鑑定書の効果抜群でさ!言われた通り香水のことも言ったらリラ真っ青になってね。

で、この後だけどどうすればいい?」

スミレがそう言うと、吉良は

「スミレさん・・・悪いけど・・・僕もう協力できないっす・・・」

そう言って吉良は電話を切りました。急にそんなことを言われて

スミレは意味が分かりませんでした。電話の向こう側で、吉良は

何者かによって襲われ血を流して倒れました・・・・

ーーーーーその頃、リラは上機嫌でお風呂に入っていました。

そして並べている写真を見て

「楽しみね」

と不敵に笑いました・・・

【姉妹逆転ゲーム】9巻の感想

ノバラの正体が蒼衣にバレてしまいました。

醜い自分の姿を知られてノバラはショックでしょうね・・・

そんなノバラの姿を見て、蒼衣は変わらず好きと言ってくれるのでしょうか?

そして吉良が何者かにやられたみたいですが、リラが早くも

色んなルートを使って吉良を探し出したようです・・・怖い。

リラがこれから本格的に動き出しそうな予感です。

まとめ

姉妹逆転ゲームの9巻ネタバレを紹介しました。

最後にリラが写真を見ていました。ターゲットを並べて

順番に消していく作戦のようです。吉良という仲間がいなくなったスミレ。

これからリラにどう立ち向かうのでしょうか・・・?

 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ