漫画ネタバレ

【子宮を貸して】15話ネタバレ!自分の卵子が役に立つのなら

\「子宮を貸して」まんが王国だけで配信中/
まんが王国公式サイトはこちら 

[子宮を貸して]は、まんが王国のオリジナル漫画です!

漫画広告でも配信されていて、「お願い…五百万円払うから!」と言い寄っている姿が印象的でした!

茜は虫垂炎で母子ともに無事を確認でき途端、円花はホッとして脱力しました。

そして、茜に言われた初めて自分が真春と同じように「お金で解決」をして、

茜を傷つけたんだと分かりました。

一方、莉奈は憎い円花に復讐したいと思いある相談を真春にしたのです・・・

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!

絵付で漫画を読みたい方こちらをチェックしてみてください☆

【子宮を貸して】絵付で最後まで無料で読む方法

【子宮を貸して】15話のネタバレ

円花は古いマンションだけど、茜の家まで30分のところに引っ越すことにしました。

そして、誰にも頼らないで自分だけで生きて行くと決めて

生まれ変わったように心が引き締まりました。

引っ越しの際中、宙がリュックを開けると封筒が落ちました。

差出人は茜の元夫・陸からでした。

ママが捨てたから拾った宙が言うので、円花はその手紙に目を通しました。

その内容は、刑務所の中で家族の事を想う他の受刑者の話を聞いて

家族は大事だと思い返したということが書かれていました。

「・・・パパに会いたい?」

子供たちにそう聞くと、

「うん会いたい!」

「今すぐ行こうよ」

と子供たちが笑顔で言うので、呆れるほどバカな男だけど

彼がこの子たちの父親で、そして愚かで憎い女でも茜は自分の妹なんだと思いました。

断ち切れないのなら、せめていつか許し合いたい・・・円花は

子供たちのためにも大人が憎み合うのはやめようと思いました。

ーーーその頃、茜はむくんで辛そうにしている一美の足をマッサージしてあげていました。

「そう言えばお姉さん自身のお子さんは?」

そう聞かれた茜は、姉もずっと一美のように

不妊治療していたけど授からなかったのと答えました。

「どうして不妊治療にそこまで必死になるのか・・・・って思ってたわ。」

その話を聞いた一美はこう話し始めました。

「私ってすごくポジティブな性格なの。

なのに・・・何度かの治療でダメだったある日、

帰り道で見かけた妊婦のお腹を急に蹴り飛ばしたくなったの。

その人はただ幸せそうに歩いてただけ・・・

なのにまるで私を見て嘲笑ってるかのような気がしたの。

そんな黑い感情を持つ自分が嫌になって1日中泣き暮れたわ。

それを見た夫がこう言ったの。

「俺は7年婚活したよ。妊活はまだたったの3年だろ」・・・って。

思わず吹き出しちゃったわ。

お姉さんもきっと苦悩したんだと思う。けど素晴らしい人だわ・・・

一番妬ましいはずのあなたに親身になってくれるなんて」

それを聞いた茜は、ずっと妬んでたのは私の方よと答えました。

【お姉ちゃんそうなの・・・?ずっと私を羨ましいと思ってたの・・・?】

ーーー夜になり、円花が子供たちと寝ようとしていると

真春から着信が入りました。もう会わないつもりでここに引っ越してきたのに

何の用だろう?そう思いながら円花が電話に出ると、電話相手は莉奈でした。

「突然ですみません。

主人の言ってた通りあなたはとても信用できる女性だったわ。

それに・・・妹さんを思いやる姿を見てすごく感動しました。

そこで実はお願いが・・・えっと・・・あ 主人に代わります」

莉奈はそう言うと、電話口を真春に代わりました。

「円花さん頼む。僕たちを助けて欲しい。

凍結してある卵子を譲ってほしい。妻が是非にと望んでるんだ」

その言葉を聞いた円花は驚きました。

自分の子が生まれる・・・少し嬉しくなった反面、受精はしても

39歳ギリギリで採取したその卵子は着床するか不安でした。

なので少し考えさせてほしいとその日は電話を切りました。

真春夫妻が自分の遺伝子を望んでいるのは本当はすごく嬉しく、

自分の存在を肯定されているような気がしました。

たぶん治療がうまくいくのは奇跡に近いだろうが、それでもいいと思った円花は

この夜中の時間なら電話が繋がるだろうと思い、アメリカの病院へ電話を掛けました・・・

ーーー翌日、茜の病院で高志に会うと、

凍結受精卵を破棄してもらうためのサインをしてもらいました。

「・・・ああ それぎいね。

そもそもこれのせいで僕たちは壊れたのだから

そんな風に言う高志に円花は

「私はそう思わない」

そう言って茜の病室に向かいました。

病室に着くと、青ざめた顔の茜が呆然と立っていました。

どうしたの!?と円花が聞くと、

「同室のお友達の一美さんが・・・さっき出血して部屋から運ばれて行って・・・

やっと8カ月に入ったばかりなのに・・・

彼女ずっと不妊治療してやっと授かった子で・・・どうしようどうしよう・・・

あんなに楽しみにしてたのに・・・もし赤ちゃんがダメだったら」

と茜が泣き始めました。

その姿を見た円花は、茜が合泣くのは自分の我儘を通すときや

都合の悪い時ばかりだったのに変わったなと思いました。

ーーーしばらくして病室に一美が帰ってきたので、心配で仕方ない茜は

付き添っていた一美の両親にどうだったのかと聞くことにしました。

聞けば管を通しているのでもうトイレに行くのも禁止だけど、

これでなんとか4週間もちこたえれば無事産めることを聞きました。

そして、一美の母親は茜の手を握ってこう言いました。

「あなたは3人も無事に産んだそうね・・・

そんな素晴らしいお母さんが一美のお友達になってくれるなんて・・・

子供はいないという偏見の目に晒されていた一美を

心から心配してくれて本当にありがとう・・・

そう言ってお礼を言われた茜は、

今までただできちゃったから産んだだけなのに、

ものすごく恵まれて幸せだったことに気付きました。

ーーー莉奈はアメリカへ飛び立つ準備をしていました。

義母には語学留学に行くと嘘をついて・・・

円花から卵子提供をOKしてもらい、莉奈は円花を嘲笑っていました。

【お人好しな女・・・私が本当に貴方のことを「良い人」と慕ってるとでも思ったの?

そもそも子供なんて大っ嫌い!!

パパからも真春さんからも私だけが愛されていればいい。

子供を産みたいのは私がもっと愛されるため。

産んだらシッターに育てさせればいいだけ・・・

あなたが手に入れられなかったもの全て手に入れた私を

遠くから見て苦しめばいいわ 円花!!

 

>>【子宮を貸して】続きはこちらからどうぞ!

【子宮を貸して】15話の感想

茜は同室に一美という素敵な友達が出来てよかったですね~

それによって、茜も円花がどんな気持ちでいたか分かったようです。

子供が出来るのは奇跡ですから、茜の体質は本当に羨ましい女性は多いと思います。

今、不妊も増え治療している人もたくさんいる中この漫画を読むと感慨深いです。

それから、莉奈・・・

本当性格歪んでるよね~・・・昔からなのか、姑にいびられてからなのか・・・

まぁ「父親も真春も自分だけを愛してくれたらいい」

「子供産んだらベビーシッターに任せればいい」という考えの時点で

この子に子供授けちゃいけない気がしちゃいます・・・

まとめ

【子宮を貸して】15話のネタバレ感想を紹介しました!

莉奈は円花への当てつけのために、円花の卵子で子供を産んで

幸せな家庭を見せつけようと作戦を立てました。

そんな女性のところへ子供を授けてもいいのか神様!

次回の話の続きが気になります!

やっぱり絵付で読むと面白さが全然違いますよ^^

絵付で無料で読める方法があるので、詳しい情報はこちらからどうぞ!

>> 【子宮を貸して】絵付で最後まで無料で読む方法 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ