漫画ネタバレ

【子宮を貸して】14話ネタバレ!和解への第一歩

\「子宮を貸して」まんが王国だけで配信中/
まんが王国公式サイトはこちら 

[子宮を貸して]は、まんが王国のオリジナル漫画です!

漫画広告でも配信されていて、「お願い…五百万円払うから!」と言い寄っている姿が印象的でした!

莉奈のしたことを謝りに来た真春に、分厚いお金の入った封筒を渡された円花は

「この金でこの土地を出ていってほしい」と言われてしまいました。

あれだけ卵子が欲しいと言っておきながらこれはあまりにも酷い・・・

そう思っていた円花のもとに甥っ子の宙から

「ママが危ない」と電話がかかってきて・・・?!

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!

絵付で漫画を読みたい方こちらをチェックしてみてください☆

【子宮を貸して】絵付で最後まで無料で読む方法

【子宮を貸して】14話のネタバレ

動揺して足元がおぼつかない円花を見て、

真春は「僕の車で東京へ行こう」と言ってくれました。

莉奈に「君はタクシーで家に帰るように」と言いましたが、

2人きりにさせれないと思った里奈は「私も行くわ」と言って

一緒に車に乗り込みました。

ーーー東京の病院に着くと、丁度茜の手術が終わった頃でした。

主治医の先生に聞くと、お腹の子供は無事で虫垂炎だったと説明を受けました。

母子ともに無事だったと分かった途端、円花は全身の力が抜けてその場へ座り込みました。

「ああ・・・・よかった・・・

あの子ったら心配させて・・・」

その姿を見た真春もホッとして、莉奈と帰ろうとしたその時!

「円花ぁ~」

酔っぱらってフラフラした姿の高志が現れました。

「茜が大変な時に飲んでたの!?」

円花がそう言うと、高志は「茜?もうすぐ生まれるの~?」

と他人事のように言ってきました。

そんな高志に近づくと、円花はその頬を思いっきり平手打ちしました。

「一体何度電話したと思ってるのよ!?

2人も子供を抱えた妊婦を放ったらかしにして無責任よ!

あなた父親になるんでしょう?!

今回の事だけじゃないわ・・・子供たちがあなたを怖がってるってどういうこと?!

温厚だったあなたがどうしちゃったのよ!?」

聞かれたくない内容の話だろうと気を遣った真春は莉奈とその場を離れることにしました。

冷静になった高志がその場で力なく座り込みました。

子供たちを迎えに行くから車のキーを貸してと円花が言うと

車は売ったからないと答える高志を見て

そんなにお金に困ってるなんて・・・と驚愕しました。

ーータクシーで向かおうとする円花を見つけた真春が

ついでだし送ってくよと車に乗せてくれました。

すると、疲れたのか後部座席で莉奈は寝ていました。

「そういえばさ、昔茜ちゃんの話よくしてたよね・・・・

君はたとえ裏切られても茜ちゃんのことが心配で仕方がないんだね。

君らしいよ・・・円花はあの頃のままだよ

「そんな・・・」

・・・円花と真春のそんな話を寝たふりをしていた莉奈が後部座席で

聞きながら「偽善者のくせに・・・」2人に聞こえない声でそう呟き、

鬼のような形相で円花を睨みつけました。

ーーー目的地に着き、円花を降ろすと

わざとらしく莉奈はあたかも今起きた風を装い起き上がりました。

【お金を渡せば追い払えると思ったのに・・・・

それじゃあダメだ・・・簡単には断ち切れないんだわ・・・

2人の絆は!!許せない・・・円花が憎い!

ーーー翌朝、茜が目覚めるとベッド脇に高志が座っていたので、

「赤ちゃんは?!子供たちはどこ?」

と茜は聞きました。赤ちゃんは無事で子供たちは円花が見ていると

聞いた茜は、運ばれた時薄れゆく意識の中

看護師たちが「お姉さんに助けてって言われてるの。もうすぐ来てくれるから」

と言われたことを思い出し、本当だったんだ・・・思いました。

「とにかくよかったよ・・・ただの盲腸で。じゃあ仕事行くから」

暗い表情で肩を落として病室を出ていく高志の姿を見た茜は、

赤ちゃんの事むしろ「残念だ」と言っている風に見えてしまい、みじめに感じました。

ーーーそんな時、同室に1人の女性が入ってきました。

「綱川といいます。よろしくお願いしまーす」

話すと楽しい女性で、綱川一美と名乗ったその人は茜と同じ7ヵ月だと聞き

茜は気が合いそうだなと少し嬉しくなりました。

ーーー病院へ円花が子供たちを連れて向かい、自分は待合室で待っていると

「円花ちゃん ママが呼んでる。

あのね大事なお話だって

と宙に言われたので、気まずい思いをしながら茜の病室に向かいました。

すると・・・

「ありがとう・・・」

茜はそう言ってお礼を言うと退院するまで1日5000円で子守りをしてもらえないか?

と円花に頼んできました。

「え・・・お金なんて・・・」

円花がそう言うと、

「お姉ちゃんがしたのはそういうことよ」

と言われたので、円花は何のことか最初はさっぱり分かりませんでした。

「姉妹なんだから助けて欲しい時はまず思いを伝えるべきでしょ?

それをお姉ちゃんは最初からお金で人の厚意を買おうとしたのよ」

そこまで言われてはじめて、円花は500万で自分の子供を産んでくれないか?

と茜にお願いしたことを思い出し、茜の言う通りだと思いました。

円花もまた、真春にお金を出されたときもいい気分はしなかったからです。

「ごめ・・・」

謝ろうとした円花でしたが頭の中に”いい人はもうやめよう”と浮かびました。

「・・・分かった。子供たちは任せて。

けど。。。尻軽な妹からもクズな元夫からも

お金やお礼の言葉何て一切欲しくないわ。

私はただ甥っ子たちを一緒にいたいから面倒を見るのよ」

そう答えてきた前まで「偽善者」だった円花の発言に、さすがの茜も驚きました。

ーーーその後、検査に行っていた一美が病室に帰ってきました。

「今の人お姉さん?仲がいいのね」

一緒に来ていた3人の子はお姉さんの子?と一美に聞かれたので、

自分の子だと茜が答えると

「じゃあ、お腹の子って4人目なの・・・?

うらやましい・・・私なんてこの子1人授かるのもやっとの思いだったの。

ずっと不妊治療をしててね・・・5年目にやっと妊娠できたの」

と一美が辛そうな顔をしてきましたが、パッと明るい表情に切り替え

「産まれたら一緒の学年ね!お友達になってもらえるかしら?

と笑って言ってきてくれたので

「ええ もちろん!」

と茜も笑顔で答えました。

ーーーその頃、莉奈は真春の書斎を隅から隅までくまなく漁っていました。

円花との思い出の物はもうないと分かったものの、

何もないのに円花がどうしても消えなくてイライラしました。

そして、自分がこのまま子供を産めなかったら

円花にいつか真春を奪われてしまうかもしれないと思った莉奈は

どうしたら円花に勝てるのだろう?と考えました。

そして思いついたことは・・・・・・

ーーー莉奈はさっそく夜に帰って来た真春に

「お願いがあるの・・・私、円花さんの卵子が欲しいの!

とお願いしてきたのです・・・

 

>>【子宮を貸して】続きはこちらからどうぞ!

【子宮を貸して】14話の感想

なんとなく仲直りできそうな感じですね?

茜と円花・・・2人とも円花の子供が欲しいという

お願いからこじれて行った仲ですもんね。

そして、色んな困難がありましたが円花も偽善者発言はしてはいけないと

思い直し、茜への言葉も変えました。

それが第一歩ですよね。茜も驚いてましたけど(笑)

それで傷ついた人間が少なからずいるんですから、

自分が変わっていかないといけないですよね!

まとめ

【子宮を貸して】14話のネタバレ感想を紹介しました!

円花の卵子が欲しいと言って来た莉奈・・・

その背景に隠された思惑とは・・・?!

 

やっぱり絵付で読むと面白さが全然違いますよ^^

絵付で無料で読める方法があるので、詳しい情報はこちらからどうぞ!

>> 【子宮を貸して】絵付で最後まで無料で読む方法 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ