漫画ネタバレ

【子宮を貸して】ネタバレ・11話 このままハッピーエンドになるはずない

高志は陸に脅され、そして満子に騙され500万を渡してしまいました。

もう、お金はない・・・あとは家を売るしか・・・

そこへ円花が現れ、高志に離婚届を突き付けるのでした!!

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国

子宮を貸して【11話】ネタバレ!

「いきなり離婚だなんて・・・」

「家を寄こせって?!」

高志と茜はそれぞれ声を大にして言いました。

そして高志は、何もまだ話ってないのにと青ざめます。

茜は納得できず、こう声を荒らげて言いました。

「出ていくんなら黙って出て行ってよ!!

子供も産めず妻として何の役目も果たせなかったくせに、

家をくれだなんてずうずうしい!!

茜がそんなことを言うので、二人ともそんな事を自分に対して

思ってたのかと驚愕します。

そこへ円花に後は任せてと弁護士の堺が家に入ってきました。

「茜さん・・・残念ですが、この家の半分は円花さんの持ち物です。

そして高志さんの残り半分を高志さんと茜さんからの慰謝料として

頂きたいと言うのがこちらの主張です。高志さん、茜さんの

慰謝料を肩代わりしますよね?」

そう言われて、高志は

「というか、お金のこと以外話す気はないのか円花っ!!

と声を荒らげて言ってきました。円花は怯えて代わりに堺がこう言いました。

「こちらが離婚条件を書面にしたものです。目を通しておいて下さい。」

そう言って堺と円花は家を後にしました。

「待ってくれ!円花!そんなぁーー!」

高志は声を上げて泣き崩れました。

その横で茜は、家のことは納得いってないけど

ついにこの二人は別れることになったわ!と心の中で笑いました。

後日ーーーー

堺の弁護士事務所へ高志が離婚届を持って現れました。

「確かに離婚届を受け取りました。」

「条件も全て飲みます・・・だから円花と・・・

円花と話をさせてくれませんか・・・?」

そう言う高志に堺は

「高志さん。現金で慰謝料を請求しなかったのは円花さんの思いやりです。

これから子供を育てていくのに、お金が必要でしょうから。

彼女の複雑な想いを察してあげてください。」

と言いました。そう言われて高志は泣きながら了承しました。

そして一つだけ聞きたいことがあると言ってきました。

斎藤満子の住所を知ってるかどうか聞きたいとのことでした。

円花はなぜ満子の住所を聞いてくるのか、疑問に思いましたが、

もう他人だから気にしてはダメだと思いました。

数日後ーーーー

高志と茜の引っ越しの日、茜は自分が買いそろえたカワイイ家具類を

車に押し込んでいました。

「茜ちゃん・・・狭いマンションなんだからそんなに持っていけないよ」

「いやよ!お姉ちゃんに全部捨てられちゃう。

家をとられたんですもの、あとはぜーんぶ貰わないと」

一通り荷物を積み終え、茜は高志も離婚したことだし

これで気持ち新たに楽しく高志と暮らせるとルンルンです。

「ねえねえ、今度住むとこは築何年ぐらい?

周りには子供沢山いるかしら?結構走ったけどまだ着かないの?

あーでも楽しみだわ~ね?」

「少し黙っててくれっ!!」

そんな茜の様子に苛立ち高志は声を荒らげて言いました。

そんないつもと違う高志の様子に茜はビックリしてしまいました。

新しい家に着き、茜はここでも新生活が楽しみとはしゃいでいました。

そんな茜を見て、高志はこう言いました。

「まだ僕は手続きがあるから後は好きにしていいよ。」

ゆっくりしましょうよと言う茜に高志は、封筒を手渡しました。

「生活費は毎月ちゃんと渡すよ。」

封筒の中身は20万入っていました。

茜は嬉しがり、前のアパートよりは全然マシだし、

そして高志の給料は夫の陸の何倍もある・・・

独りぼっちになった円花なんかより、ずっと幸せだと思うのでした。

その頃、高志と茜が出ていった後に

円花は誰もいなくなった家にいました。

でもここは楽しい思い出も、悲しい思い出もたくさんありすぎて

ここに一人で暮らしていくなんて無理だと思いました。

そして、真春に電話をしました。

「相馬くん、色々ありがとう。・・・あの紹介してくれた仕事受けてみるわ。

そこって確か寮に入ることが出来るのよね?ぜひよろしくお願いします」

円花は家は売ってしまおうと決意するのでした。

ある日の夜、高志がいつものように仕事を終わって帰ってきました。

「あっ高志さん!お帰りなさい!」

今日はご馳走を作って茜は高志のことを待っていました。

子供たちが児童相談所から戻れたお祝いとそして・・・

じゃーん!婚約届!!陸が意外とすんなり離婚してくれたの!

だからお腹の子のためにも早く籍入れましょう!

そう、入籍祝いのために用意していたのでした。

そんな風にはしゃぐ茜に向かって高志は

君は馬鹿か?妊娠している女性はすぐには再婚できないんだ。」

と言いました。そして、でもお腹の子は自分の子だから責任は取ると言いました。

「な・・・ならいいわ。すんなり離婚出来ただけでもラッキーよね」

そう能天気に言う茜に高志は苛立ちを隠せません。

すんなりなワケないだろ!あいつは無銭飲食の上、店員を殴ってる・・・

有罪は確定だよ。今は出所後の金のことしか考えてない・・・

だから、車を売って金を渡してきた・・」

そんな事を勝手にして!車があないと困ると言う茜に高志は

「僕だって今日は電車で帰ってきたんだ!!」

と、今までに見たことのない顔で高志は茜を睨みました。

茜はそんな高志に怯えて、何もそれ以上つっこめませんでした。

その夜

1人リビングで寝る高志に茜は

「こんな所で寝ないで、寝室へ行きましょう」

バシッ

「やめてくれ!触るな!!」

茜が差し伸べた手を高志は振り払いました。

「・・・先に断っておく。君と再婚するつもりはない。

そもそも君をもう”女”として見ることも無理だ。」

そんな事を言う高志の言葉に茜は悲しくなります。

「な・・・何でそんな酷いこと言うの?やっと父親になれる夢を叶えてあげたのに」

そんなことを言い茜に高志は

僕が欲しかったのは円花との家庭だ!君のようにズル賢くて卑怯な女とは違う!

今でも円花を愛してるんだ!分かってるんだ。君が仕組んだことだと・・・

全て君のせいだ!ひどい女に騙されちまったよ!

離婚したことも身内に犯罪者が出たことも全て知られて、

今は会社にも居づらいんだ。築いてきたものをすべて失ってしまった・・・

あーみじめだよ」

と言って、不貞腐れて寝てしまいました。そんなことを高志から

言われた茜は大泣きして、惨めなのは私だよ・・・

これっぽっちも愛されてなかったなんて・・・と打ちひしがれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その頃、円花は真春に紹介してもらった会社で

忙しくも充実した毎日を送っていました。

そんな時、真春が妻の莉奈と一緒に会社へやってきました。

その姿を見て、なんて若くて可愛らしいお嫁さん・・・と

円花がそう莉奈を見ていると、その視線に気づいた莉奈が

キッと睨んできました。なんで睨まれたのか分からない円花は困惑します。

もう定時だし、声はかけずにこのまま帰ったほうがよさそうだなと

同僚に時間なのでと挨拶をして、更衣室へ向かいました。

「円花!」

真春はそんな円花の姿に気付いて、声をかけてきました。

「・・・ごめんなさい。挨拶もせずに帰ろうとして・・

そう言えば、前に話があるって言ってたわよね?」

と円花が聞くと、真春は言いにくそうに

「・・・僕の妻に君の子供を産ませてくれないか?」

と、とんでもないことを言ってきたのでした・・・!!

 

子宮を貸して【11話】感想

誰かの不幸せの上に幸せは成り立ちません。

それがよく分かりますよね・・・茜はこのまま自分の思い描いた通りに

高志と結婚して、幸せな家庭を築けるとおバカにもそう思っていたようですが、

そんなワケあるかい!!とツッコミたくなりました。

だってひとかけらも悪いなって思ってないんですもん!!

みんなを巻き込んで不幸にして、さらに慰謝料も高志に払ってもらうのも

当たり前な感じだし・・・・この野郎!って感じですよ(怒)

そしてなんか自分は被害者ずらしてるし、すごい女です・・・

真春のお願いとは、なんと妻に円花の子供を産ませてほしいといった

びっくりしたお願いでした!!なんで?!次の話の展開気になります!

まとめ

【子宮を貸して】11話のネタバレ感想を紹介しました!

妻に円花の子供を産ませて欲しいと真春が言ってきた真相とは・・・?

子宮を貸して【全巻無料】最終回まで読む方法を調査『子宮を貸して』異色の不妊サスペンス!!あなたの子宮で私の子供を産んでくれない?すべてが崩れてしまうとは知らずに…気になるネタバレや最新刊まで無料で読む方法!...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ