漫画ネタバレ

サレ妻の復讐~魔性の刺青~【ネタバレ18話】柊哉の過去

【サレ妻の復讐~魔性の刺青~】5年間、献身的に義母の介護を続けた香蓮。義母が亡くなり、その四十九日に夫の浮気を知り・・・?

助けてくれと言われて心配になってスタジオへ向かうと、

なんと柊哉の妹がトイレに籠って4時間も出て来ないので困ってると

相談を受けます。そんな柊哉の妹に香蓮は優しく語り掛けて・・・?

【サレ妻の復讐~魔性の刺青~】18話のネタバレを紹介します!

\最大50%還元中!/
まんが王国

サレ妻の復讐~魔性の刺青~【18話】ネタバレ!

香蓮がトイレをノックすると

「何してんの!?開けんな!誰よあんた!」

と大声で怒られたので、スッと手だけ入れてナプキンを渡しました。

「ナプキンの使い方分かる?」

と聞くと、学校で習ったと麗が答えたので

「それなら大丈夫ね。私たちは向こうの部屋で待ってるから

シャワーを浴びて着替えて来てね。

ドアのところに着替え置いとくわ。

あ!お腹空いてない?デリバリーを頼んでおくわ。ピザは好き?」

と香蓮が言うと、麗は耳までチーズが入ってるやつがいい・・・と答えてきたので、

元気そうでよかったと香蓮も柊哉もクスっと笑いました。

ーーー麗がシャワーから上がると丁度ピザが届きました。

初めて見る麗の姿はあの時、柊哉と一緒に居た女性でした。

20過ぎにあの時は見えましたが、こうしてみると年相応に見えました。

「食べたら一緒にコンビニに行って生理用品買いましょうか」

香蓮がそう言うと、ピザを食べる手を止めて急に麗が泣き始めました。

「今までこなかったからもう一生こないと思ってたのに・・・・!

瑤子みたいになりたくなかったのに!

瑤子というのは柊哉と麗の母親で昔から名前で呼ばないと怒るんだと

柊哉は説明しました。

「”女”になんかならない!子供なんかいらない!

柊哉が一番言ってたじゃない!あんなふうには絶対なるなって!」

麗がそう言うと、柊哉は

「あれはそういう意味じゃない・・・」

と答えに困りました。そんな2人の話を聞きながら香蓮はこう言いました。

嫌なら別に産まなくていいのよ?

実際私夫に子供なんか産みたくないって言っちゃった。

子宮があるからって絶対に使わなきゃいけないってことはないのよ麗さん」

すると麗は

「・・・・馴れ馴れしい。あだ名で呼ばないで 初対面なのに」

と言うので、本名を聞くと「プリンセスオーロラ」漢字で「神麗極光」と

書いてそう読むんだと麗は恥ずかしそうに答えました。

すると、

素敵。「眠れる森の美女」ね。

私も自己紹介がまだだったわ。鳴沢香蓮といいます。」

と普通に香蓮が返してきたので麗は不思議そうに「笑わないの?」と聞きました。

香蓮はそんな麗に自分の名前もどちらかというとキラキラ寄りだからよと答えました。

ーーー柊哉に家庭環境を聞いて行くと、柊哉たちの母親は

ろくでもない女性らしく生活費も柊哉が送っていて、

柊哉は小さいころに母親の恋人にチャイルドポルノに

売られそうになったと話してくれました。

「金だけは渡しておかないと麗が危ない」

柊哉は膝の上に頭をのせてで眠そうにしている麗の頭を撫でながらそう言いました・・・

 

サレ妻の復讐~魔性の刺青~【18話】感想

香蓮ってとても落ち着いていていい大人の女性ですよね~。

麗に対しても配慮してすぐ動いてくれたし、素敵だなと思いました。

そして柊哉と麗の母親はとんでもないDNQのようですね・・・

麗の名前がキラキラ過ぎてそれを物語っています・・・

しかも柊哉はチャイルドポルノに売られそうになった過去があったんですね。

本当に恐ろしい・・・早く自立して稼ぎたいと思って、

今この仕事について麗のために仕送りしてると思うと辛い過去を

背負っていたんだなと泣けてきます・・・(涙)

まとめ

柊哉の過去を知った香蓮。そんな辛い過去があったなんて・・・

香蓮の心はまた揺れ始め・・・?次回の話の続きが気になります!

サレ妻の復讐
サレ妻の復讐~魔性の刺青~【全巻無料】最新話まで一気に読む方法『サレ妻の復讐』無料で読む方法!旦那の浮気…どうせ死ぬならその前に…胸に彫った「秘密」が私を変える...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ