漫画ネタバレ

さんかく窓の外側は夜【12話】ネタバレ!呪い屋さん

「さんかく窓の外側は夜」書店員の三角は、昔から不気味なものを見てしまう体質で、除霊師の冷川にその才能を見出され、無理やりコンビを組まされてしまう。そんな中、ある殺人事件に遭遇し・・・?!

1人で初めて除霊が出来た三角。

「信じてないものはその人に作用できない」冷川のその言葉をヒントに、

目の前の”真実”に立ち向かった三角の”気”を感じ取った非浦は・・・・?!

【さんかく窓の外側は夜】12話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

さんかく窓の外側は夜【12話】ネタバレ!

やっと圏外が復活して、冷川を呼び出した三角は

1人で除霊が出来たことを冷川に話しました。

すると冷川は嬉しそうな顔で、

「・・・何を考えてやりましたか?」

と聞いてくるので、三角が言いにくそうに

「あ あんたのこと・・・考えてやったら うまくいって・・・」

と言うと、冷川は明らか嬉しそうにニマーっという表情を浮かべました。

すると、急に三角は何かを感じソワソワし始めました。

何だか説明できないその感じをどうにか冷川に伝えようとすると・・・

コン コン

喫茶店の外で非浦が立っていました。

三角が驚いていると、非浦はガラス窓に手を当てて

【お話したい。聞こえる?】

と言って心の中へ語り掛けてきました。

ーーー2人が喫茶店から出てくると、

「見つけた!」

と言って非浦が近づいてくるので、

なんで居場所が分かるんだと三角は驚きを隠せません。

すると、非浦が

「うん?大体わかる。」

と言うので、三角と非浦の間に冷川が立ち

「私もあなたに少し訊きたいことがあったので、来てくれたのはありがたい。

ですが、あらかじめ言っておきますがこれは私のなので

手を出さないでくださいね

と言いました。

すると、

「へー・・・・束縛の強い彼氏ってヤバくない?

と非浦が言うので、三角は全力で「彼氏じゃない」と否定しました。

「ミカドくん」と非浦が言い、下の名前を聞いてきたので、

なんで自分の名字をを知ってるんだ?と三角が聞くと、

「え?最初に理人(冷川)くんが呼んだんじゃん。うちの学校来た時」

と言うので、三角がその時のことを思い出していると、

冷川が三角の腕を掴み、中に入ってきました。

「何を思い出してるんです?」

そう冷川が三角に言うと、

「・・・嫉妬深いね 彼氏。」

と非浦は笑いながら、「ちょっとだけ許してよ」と三角の体を触ってきました。

「離せ」

冷川が冷たくそう言い放つと、

「やだ本当に嫉妬深い。はは」

と非浦は笑いました。すると・・・

「・・・なにこれ?縛ってんの?これって・・・・。

”彼氏じゃない”とか・・・・ちょっとどうかと思うな。

康介くん(三角)のこと最終的にはどうしたいわけ?」

と非浦が冷川に聞いてきたので、

「きみは聞かなくて結構」

と強い口調で言い、冷川は無理やり非浦の手から三角を離しました。

すると、そんな事じゃなくて話に来ただけだと非浦は、

「相談・・・てゆーか、今やってる仕事をできれば辞めたいから

同じ業界の人から話を聞けたらって思ってる

と言いました。

「仕事とは?」

冷川がそう聞くと、

「呪い屋さん」

と非浦は答えました。三角が驚いていると、

「名前の通りだよ。世の中には悪いヤツがいて

誰かかの不幸にお金が動く・・・

と言うので、自分たちが学校に行った時の呪いは?と聞くと、

あれはあいつらの素行が悪いから誰も止められないので、

あの方法をプライベートで仕掛けただけだと非浦は話しました。

「そうだ!2人さ、あのときあたしのこと知ってたでしょ?

あたしの名前。何を見た?

そう聞かれた冷川は、

「・・・バラバラにして組み上げられた3人分で作った道具」

と正直に答えました。すると、

「あれかぁ・・・」

と非浦が俯くので、三角が信じれない・・・という目で見つめていると、

「・・・そんな目で見ないでよ。あたしが直接殺したんじゃないよ。」

と言うので、そういう問題じゃない!と三角が叫ぶと、

そういう問題なんだよ。直接できたらいろいろよっぽど楽なのに、

そんなこ怖くて私にはできない。

でも、あたしにやらせたいもっと怖がりなやつがいる。

・・・そういう問題なんだよ。」

と非浦は話しました。

そんな風に話す非浦に冷川は、

「あなたの・・・作る呪いはずいぶん強いですが・・・どのように?」

と質問しました。すると、非浦はこう答えました。

「---・・・死んだ人っているじゃん?

アタシの中にもいる。

それがアタシを助けてくれるんだ。なんだっけ?前にテレビでやってた怖い映画で・・・

そう 死霊遣い(ネクロマンサー)っていうんだって。」

するとその時、

「お嬢さん そろそろ門限の時間ですよ」

と言って目つきの悪い大男現れました。

男は三角たちを睨みつけると、非浦の腕を掴みました。

「なに?!もしかしてあたし体にGPSでも埋め込まれてる?!

てゆーかあんたら男と喋ると目クジラ立ててさ、

アタシが処女じゃなくなったら力がなくなるとか思い込んでるよね?

ほんっと胸糞悪い・・・」

自分は言われてやってるだけなんでと男が言うので、

非浦は落ち着きを取り戻し、

「だよね・・・知ってる。あたしもそうだし」

と言いました。そして三角と冷川の方を向くと、

【そのうちゆっくり話出来たら嬉しい。なんか色々ごめんね】

と心の声で非浦は三角に語り掛けてきて、

「・・・じゃあ さよなら。

・・・あんまり嫌わないで。バイバイ」

そう言ってその場を去って行きました。

非浦の腕を引っ張る男の姿が遠目で見えた三角が、

「なんだよアレ・・・乱暴な!」

と今にもキレて追いかけそうな様子だったので、冷川はその腕を掴み止めました。

さんかく窓の外側は夜【12話】感想

非浦英莉可やっと登場・・・・!!

非浦ネクロマンサーなんだ・・・だから、その力を使って

バレない様に人を呪い殺したい悪い奴等に利用されてるんですね・・・

可哀想・・・そこから抜け出せれず、常に監視されてる生活を送っているので、

やっと自分と同じように力を持った人達に出会えて

助けを求めてきたんですね・・・

なんだか政治家やヤクザみたいな人たちが絡んでそうで、

非浦の件は厄介な気がするな~。自分の事を見つけ出して欲しくて

呪いで殺してるのにわざわざ「非浦英莉可」の名前を残して言っていたから、

同じ力を持った人に見つけてもらいたかったんだろうね・・・

まとめ

非浦に近づくと厄介だと思った冷川は一旦三角を制止させます。

色んな事件に絡んでいる非浦をどうするのか?

冷川は行動をこれから起こすのか!?次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ