漫画ネタバレ

最高の泥婚【3話】ネタバレ!破談にするつもりだったのに・・・?!

【最高の泥婚】男運のない星岡明穂は取引先の社長に気に入られてしまい、息子とお見合いしてほしいと言われてしまう。どうせ社交辞令だと思いきや、実際には本格的なお見合いで焦ってしまい・・・?!

顔合わせの気分で来ていいと言われたのに、いざお見合いの場所に行くと本格的なお見合いで・・・?!でも、樹はとても素敵な人で明穂はポッとしてしまいます。

【最高の泥婚】3話のネタバレを紹介します!

最高の泥婚【3話】ネタバレ!

樹は少女漫画顔負けの優しいイケメンで、極上の微笑みをし

とんでもない優良物件だと思われますが、

明穂は今は恋愛に興味ないし、

そもそも社交辞令だろうなと思いました。

自分の事をいいなと思ってくれ社長や佐嶋社長には

申し訳ないと思いますが、

自分にも相手にも失礼な事したくないから

このお見合いは破談にしてしまおうと思ったのです・・・

「明穂さんはどんなことが好きなんですか?

例えば趣味とか・・・」

すると、明穂はこう答えました。

「私の趣味は百合を愛でることです。」

樹が

「お花を嗜んで・・・・?」

と聞くと

「いえ、女の子同士の恋や愛を描いた百合作品を

見たり読んだりするのが大好きなんです。」

と爆弾発言をしたのです・・・!それを聞いた樹はぽかんとした顔をしました。

【万が一にも交際とか申し込まれたら困るから先手を・・・!】

明穂は百合をきっかけにするのは正直とても心外ですが、これか効いた!と思いました。

しかし・・・

「そうなんですか・・・・

明穂さんは僕の運命の人かもでしれない

と明穂が思っていたのと逆の反応を返してくる樹に明穂は目が点になります。

樹はバッと立ち上がると、

「僕・・・実は・・・ボーイズラブが大好きな

巷でいう腐男子なんです!

BLが好きだというだけで距離を置かれることが多々あって・・・

結婚願望はあるものの。将来のお嫁さんに隠しながらコソコソ見るのも嫌だし、

かといってBL断ちなんてできそうにないし・・・」

なんとカミングアウト返しをしてきたのです・・・!

その話を聞いた明穂が驚きましたが、樹の話に同感するところもありました。

自分の好きなものは認めて欲しいけれど

相手に伝えるには不安が伴う”好きな物”は同じものだと感じました。

恋愛はさておき、趣味においてこの人とは仲間だと明穂は分かりました。

「明穂さんはBL好きな男性はお嫌いですか?」

そう聞かれた明穂は

「え いや あの・・・偏見とか嫌悪感とかそういうのは特にない・・・です」

と答えました。

「良かった・・・!僕、明穂さんとならうまくやっていける気がします!」

そう興奮しながら言ってくる樹に明穂は困惑しましたが、

そんな明穂の様子は無視して樹は明穂の手をガシッと握りしめながらこう言ってきました。

「明穂さん!僕と結婚を前提にお付き合いしてください!!」

目を見て真剣に告白してくる樹に明穂は流されそうになりましたが、

その気持ちを必死に平常心に戻しました。しかし、

さらに樹はこう押してきました。

「明穂さん 今まで不安で恋愛に憶病になっていましたが、

これから変われると思うんです。

これからよろしくお願いします。」

そこまで言われてしまった明穂は

「こちらこそ・・・」となぜか返事をしてしまったのです・・・

かくして百合好きな明穂とBL好きな樹とのお付き合いがここから始まったのです。

 

最高の泥婚【3話】感想

百合好きなのを告白して気持ち悪がられて嫌われようとした明穂でしたが、

まさかの樹のBL好きの秘密告白を促すことになり

自分たちは同士だということで更に興味を持たれることになるなんて

思わなかったでしょうね(笑)

でも、趣味が合って理解力のある優しそうな樹ならいいと思いますが・・・

妙な感じから始まったお付き合いですが、

私はお似合いだと思います♡

まとめ

お見合いを壊すつもりで百合が好きなのを告白した明穂でしたが、

まさかこんなことになるなんて・・・・!(笑)

これから樹と明穂のお付き合いが始まりますが

どんなデートだったりを重ねていくのか気になりますね♪

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ