漫画ネタバレ

男のヒトが怖いのですが【3話】ネタバレ!平気な距離感を教えてください

【男のヒトが怖いのですが】学生時代の「あること」がきっかけで男性に触れれなくなった水瀬千歌。普通の生活がしたい!そう願うのですが・・・

倉庫で二人っきりの名瀬と千歌。

この場を早く脱出したくて、千歌は謝って話を切り上げようとして

その場を去ろうとしますが・・・・?

【男のヒトが怖いのですが】3巻のネタバレを紹介します!

男のヒトが怖いのですが【3巻】ネタバレ!

「・・・水瀬さん。そこの荷物そこに置いてください。

そして、その荷物から離れてください」

急にそんな事を言われて、千歌はこの荷物は危険物!?と焦ります。

千歌が荷物を置いて離れると、名瀬がその荷物を持って

「どこ持っていけばいいんですか?」

と聞いてきました。千歌が第二資料室ですと言うと

了解ですとそのまま荷物を持って歩き始めました。

千歌はそんな名瀬が不思議でこう声をかけました。

「・・・なんで?」

すると、名瀬はこう答えます。

「水瀬さんに重いもの持たせるの、なんか危なっかしそうだし、

いつ転ぶか分かんないじゃないですか」

そんな風に言ってくる名瀬に千歌は

「そ・・そうじゃなくて、なんであんな気を悪くさせることをしたのに・・・」

と言いました。そんな事を言う千歌に名瀬はこう言いました。

「・・・なんでって。ああ、同じ職場にいる限り 絶対に関わらないわけには

いかないでしょう?だったら俺は、水瀬さんの平気な距離で関わっていきますよ。

あ でも本当に無理なら、もっと離れますから」

そんな事を言われたのは初めてで、千歌は嬉しくて泣きそうで

「ありがとう・・・」

と名瀬にお礼を言いました。男の人がいんな同じだって思い込んでるのは、

失礼だって千歌も分かっています。それでもこの怖さをどうしたらいいのか分かりません。

自分はずっとあの頃のまま・・・?

黙り込んでうつむいている千歌に名瀬が声を掛けました。

「水瀬さん?これくらいの距離でも微妙ですかね?」

そう言われて、千歌はもう一歩前に近づきました。

自分が踏み出さないときっと何も変わらないと思ったからです。

「やった!」

少しでも距離を縮めれたことに、名瀬は笑顔でそう言いました。

千歌は名瀬はいつもちょっと距離近いし、怖いと思っていました。

でもこの一歩前進できたのは名瀬のおかげだなと思いました。

そう思ったのも束の間、なんと!

急に名瀬と二人っきりの出張が決まってしまったのです・・・!

 

男のヒトが怖いのですが【3巻】感想

名瀬・・・いい人すぎ!こちらが距離を合せたらいいだけですからとか、

素敵な対応あざーっす!!(涙)そんな名瀬にちょこーっとですが

千歌も心開いてきていますね。そんな風に対応してくれる人なんて

今までいなかったでしょうしね。感動すら覚えてしまいますよね~

まとめ

そして!なんと!二人っきりの旅行が急遽決まってしまいました!!

これは、ちょっとだけ男性と話せるようになってきたとは言え、

何歩先のまだ先の話だったはずなのに・・・これはハードル高すぎですね・・・

どう千歌は出張を乗り切るのでしょうか?

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ