漫画最新話ネタバレ

俺様ティーチャー最新【168話(最終回)】ネタバレ感想!未来への約束

俺様ティーチャーが連載されている〔花とゆめ5号2020年2月05日に発売されました!

は過去を思い出す為鷹臣に過去の事を尋ねます。 

鷹臣から話をする条件として鬼ごっこを提案され、真冬は鷹臣と勝負する事になります。 

そして鬼ごっこの最中自力で記憶を思い出し、真冬は赤面するのでした。

俺様ティーチャー[最新話]168話(最終回)のネタバレ感想を紹介します♪

>>前話164話タバレはこらちからどうぞ!

文字だけのネタバレはつまらない!俺様ティーチャー絵付きで読みたい方必見!今すぐ最新号【花とゆめ】をU-NEXTで無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【花とゆめ】最新号を無料ダウンロード!人気漫画だけを読みたい

【俺様ティーチャー】最新話の168話(最終回)ネタバレ

臣が理事長室を訪ねると、そこには藤子がいました。 

藤子はノックもせずに入室した鷹臣を自分が叫び声でもあげたらどうするのかと茶化します。 

鷹臣は嫌そうな顔をしながらなぜ藤子がここにいるのか尋ねます。 

 

子は父が来ない事、そして自ら負けた事を言えない父の代わりに自分がいる事を説明します。 

そして賭けの約束通り、入学者数を倍に増やした鷹臣の勝ちで、父の負けですと続けて言います。 

 

「緑ヶ丘学園の経営権は佐伯先生にお返し致します」 

 

う言われた鷹臣は安堵の息と共に「そうか…」と返します。 

そして鷹臣は藤子に両親が離婚するが藤子自身はどうするのか尋ねます。 

藤子は少し間をあけて、笑顔になり「兄さんに相談するわ」と返します。 

 

臣は少し間をあけてから「ブラコンめが」と悪態つきます。 

そんなやり取りをしていると登校してくる生徒の気配に藤子は気付きます。 

そして藤子は在校生代表としての準備をしだすのでした。 

 

業式が始まりました。 

クラスメイト達がひそひそと思い返すように雑談をします。 

受験勉強の時に鷹臣が帰ってきた為思っていた所より上のレベルの大学を目指す事になった事を話します。 

 

そひそと私語をしているクラスメイトに早坂は「佐伯に睨まれてんぞ」と注意します。 

クラスメイトは今度は早坂を交えてひそひそ私語をしだします。 

後方にいる真冬はその様子と鷹臣が早坂を睨んでいるのを見てハラハラするのでした。 

 

業式は無事に終わり、真冬は渋谷から卒業祝いの言葉一輪の薔薇を受け取っていました。 

真冬は泣き崩れながらも感謝を述べます。 

真冬と渋谷は真冬が泣き崩れた原因である藤子の送辞の威力の凄まじさを語り合います。 

 

こに早坂もやってきて渋谷から薔薇を受け取ります。 

話の流れで渋谷が来年度から男子寮の寮長を任された事の話になります。 

渋谷は自分は向いていないと不安げにしていると、綾部が後ろからにゅっと出てきます。 

 

して綾部は渋谷は面倒見がいいから向いていると言います。 

綾部がきたので、真冬は綾部に藤子の送辞で泣いたか確認しますが、綾部本人は否定します 

そして渋谷の後ろから今度は小毬が登場し、綾部が泣いていたと言うのでした。 

 

して小毬は照れながら渋谷の第二ボタンを欲しがり、渋谷も照れながらあげます。 

それを見ていた真冬と早坂は綾部のボタンを欲しがります 

2人の反応に驚く綾部ですが、二人はボタンを貰うと健康になれると信じきっていての行動だと知り、綾部もボタンをあげます。 

 

して綾部は藤子から真冬への伝言を頼まれており真冬に伝えます。 

藤子からの晩の食事のお誘いについての伝言でした。 

その食事会には雅と自分も参加すると言いながら由井もやってきました。 

 

井は明るく振る舞ったり泣いたりしていました。 

というのも、由井は遠くの大学へ行くのですが、真冬・早坂・綾部は同じ大学に入学が決まっていたからです。 

3人は別に示し合わせたわけではなく、むしろ綾部は不快に思っていました。 

 

ぜなら真冬の受験勉強が丸暗記だけで受かり、真面目にコツコツやってきた綾部自身は納得しにくかったからです。 

そんな話をしていると、野々口も同意しながらやってきました。 

野々口は勉強を教えていた野上が自分より良い大学へ決まった事に憤っていました。 

 

井が泣きながら「放置しないで構え、忍ちゃんが遠くへ行くと寂しいって言え、ずっと此処にいたいぞとだだこねていると、北条がやってきて由井に話しかけます。 

北条は「私から言ってあげようか、由井は東京には行きませんって」と由井に話しその場を去って行きます。 

由井は慌てて起き上がり「今のは言ってみただけだ!!一緒に行くからな!!」と言い北条と高坂の後を追っていきます。 

 

んなやり取りを見ていた真冬と早坂はお互いに顔を合わせて笑い合います 

早坂は入学したての頃を、真冬は転校したての頃に思いを馳せます。 

 

「きっと何年経っても、この三年間の事を思い出すと思う」 

と早坂は穏やかに言います。 

真冬は早坂にボタンの交換をしようと提案します。 

 

真冬は「早坂くんが来年も健康でいられますように」と言い、早坂は「黒崎は来年は風邪をひきませんように」と言います。 

 

して、真冬は笑顔で続けて早坂に言います。 

 

「来年も早坂くんとたくさん思い出が作れますように」 

 

その言葉を聞いた早坂は一瞬きょとんとしですぐに破顔し返答するのでした。 

 

「末永くよろしくな!」 

 

 

面は変わり、門の近くにいる真冬を鷹臣が呼び止めます。 

鷹臣は門を出て、校舎を見て、そして真冬に「卒業おめでとう」と笑顔で言います。 

真冬も嬉しそうに目を少し細め、鷹臣に「教師卒業おめでとう」と返します。 

 

臣は真冬に卒業したらの約束を覚えているよなと確認します。 

真冬は肯定します。 

鷹臣は真冬に手を差し出し「ついて来るか?」と言います。 

 

れは幼い頃、教師になる為に真冬に別れを言いに来た時の続きのようでした。 

あの時幼い真冬が一番欲しかったものは未来の約束でした。 

真冬は元気に「うんっ!」と返事して鷹臣の方へ進みます。 

 

年後、結婚式ということで、鷹臣、真冬、早坂は集まっていました。 

鷹臣は長年の夢だった自分の会社を立ち上げ真冬と早坂は大学卒業と共に鷹臣の誘いにのり、就職しました。 

小さな会社みたいですが、たまに雅達のお陰で大きな案件も入ってくるようで、会社としては順風満帆のようです。 

 

長達は相変わらずあの三人でつるんでいて、真冬は時間が会う時は一緒に飲みに行っているようです。 

埼玉勢の寒川はちゃっかり新人として鷹臣の会社に入ってきました。 

鷹臣は舞苑が欲しかったようで、毎年誘いはしているようですが断られているようです。 

 

婚式は茉莉花お嬢様と三ツ林の結婚式でした。 

キューピッドをした鷹臣が茉莉花お嬢様に頼んだお礼は、結婚式ではVIP扱いで招待して欲しいという願いでした。 

それを叶えられたお嬢様は笑顔で鷹臣がきてくれた事に感謝を述べます。 

 

して茉莉花お嬢様は鷹臣にお祖父さんの事を尋ねます。 

鷹臣はお祖父さんは余命三年が余命不明になるくらい幸せにしていると答えます。 

そして鷹臣は挨拶も終えたし、一番の目的果たしに行こうかといって部屋を出ようとします。 

 

莉花お嬢様は不思議に思って聞き返すと、鷹臣はよく考えてみろと言い説明しだします。 

「成金の一人娘の結婚式、新郎は次期社長濃厚、そして俺はVIP対応」 

ここまで言うと茉莉花お嬢様も気付きます。 

鷹臣は良い笑顔で「コネ作りに行って来る!!」と言います。 

 

臣は上機嫌に会場に戻ってくると、真冬と早坂と合流し、二人に笑顔で言います。 

「仕事するぞ!!!」 

2人は「ここに来てまで!!?」 

と返しますが、なんだかんだ言いながら鷹臣の後をついていくのでした。 

 

終しまい。 

 

【俺様ティーチャー】最新話の168話(最終回)感想

綺麗に最終回を迎えましたね! 

少女漫画には珍しい恋愛模様なしでの最終回でした。 

いやぁ…面白かったですね。 

 

絵にも書いてあったのですが、連載開始して12年も経っていたのですね…。 

連載開始当初から読んでいた身としては感慨深いものがあります。 

 

愛フラグ微妙にたっているようなたっていないような、でもこれからもわいわい真冬達はやっていくのでしょう 

きっと恋愛模様は読者の想像に委ねて下さったのだと思います。 

 

臣は教師を続けるのかと思っていたら、学校の経営権戻ったらあっさりと長年の夢の企業経営へ戻ったのが印象的ですね。 

 

そらく教師は経営権戻すための手段だったわけなのですが。 

経営権取り戻すだけを頭においていた初期の鷹臣からしたら、真冬達と関わって行くことで変化したのかなとも思いました。 

 

何にせよ大円団で良かったです! 

 

印象に残っているシーン迷うのですけれど、私は鷹臣よりも早坂君を選びたい…!!というわけで『真冬が「来年も早坂くんとたくさん思い出が作れますように」と言ってそれを一瞬驚くけどすぐ破顔し、早坂君も「末永くよろしくな!」と言うやりとり』のシーンが一番印象的なシーンでした。 

いや、これは反則といいますか、早坂の過去の事もある上でも考えると真冬だいぶ良い事言っているのですよね。 

でもこれは真冬の本心からの言葉だと思うので、そこらへんをあっさり言ってしまう真冬は主人公でヒロインのはずですけど、男らしいなぁと思います 

 

坂君の返しの末永く~もいいなぁと、友情…むしろもう付き合っちゃえばいいじゃないと思ってしまうのはきっと私だけではない筈…。 

でも私の一番は寒川なので…難しい所ですけれど。 

 

にせよとても良いシーンだと思ったのでここを選びました。 

 

まとめ

俺様ティーチャー【最新話】168話(最終回)のネタバレ感想を紹介しました!

本当に最終回らしい最終回でしたね。 

それぞれの未来の姿も見れて大満足な最終回だったのではないでしょうか。 

最後の最後の鷹臣の仕事しにいくぞ!!ってのが、タイトル通りの俺様で真冬と早坂を導いていく様子ティーチャーだなぁと思いました。 

俺様ティーチャーらしい最後でしたね。 

 

椿いづみ先生の作品は「親指からロマンス」と他社ですが「月刊少女野崎くん」もとても好きなので、新作も楽しみです…!

まだ次回作の話少しも出ていませんが、期待して待ってようと思います。 

 

俺様ティーチャーのネタバレあり感想をここまでお付き合い下さり有難うございました。 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ