漫画ネタバレ

おじさまと猫 短編③④(2巻)ネタバレ!大切な物と辛い過去

本編に通じる心温まる短編集です。これを見てまた本編を見るのは見方が変わりますよ☆

【おじさまと猫】短編③④(2巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【おじさまと猫】短編③④(2巻)のネタバレ

《大切な物》

ふくまるを初めて腕に抱いたとき、神田はそのフワフワもちもちさに感動しました。

「気持ちいいですよね」

店員の佐藤がそう声を掛けると

「はい。動物に触れたくなる人の気持ちが分かりました。

落ち着くのですね。ぉ恥ずかしながら、私はこの歳になるまで

動物に触れたことがなかったのです。

そんな私が一時の衝動でこの子を飼っていいのかと悩みます」

と神田が言うので

「猫ちゃんは抱きやすいですか?」

と佐藤は聞きました。そう聞かれた神田が「とても抱きやすいです」と答えると

佐藤はこう言いました。

猫ちゃんは抱かれたくない時暴れるんですよ。

そうなったら慣れた人でも抱いていることなんてできないんです。

そんな猫ちゃんがずっと抱かれてる。

お客様の腕が落ち着くんですね。

こんなこと軽はずみに言ってはいけないんですけど、

大切にしてあげてくださいね

そう言われた神田は「わかりました」と優しく微笑みました。

ーーそれからというもの、ふくまるとの生活は驚きの連続でした。

最初に来た時はあんなに怯えていたのに、嬉しそうに家中を走り回ります。

【ふくまるはうちに来て幸せかい?私はね、とっても幸せだよ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《少年時代》

幼いころ、道端に居た猫を神田が触ろうとすると

「汚い!病気になったらどうするの?大切な体なのよ?」

と極度の動物嫌いの母親に止められました。

「悪い子になっちゃうよ。あんな子と遊んだら悪い子になっちゃうの。

あなたは特別なのよ。友達は選ばないといけないの」

小学校でも浮いてる存在だった神田は、当時から才覚を表し

ピアノのコンクールを総なめにしていました。

そんな神田を同級生たちは口々に噂し、近寄ろうともしませんでした。

1人での学校の帰り道、道端にまた猫がいました。

周りに誰もいないことを確認した神田は

「おいで」

と言って猫に手を差し伸べました。すると、猫は逃げて行ってしまいました。

その後ろ姿を見て、神田は大泣きしました。

【お母さん、僕はね選ばれる側でもあるんだよ】

ーーーその日以降、神田は動物に触れようとは思いませんでした。

親友の小林の飼っている犬も触れたことのない神田は、

なのにあの日、ふくまるを見た時今すぐ抱きしめたいと思ったのです・・・!

それは、なんだかふくまるが自分に似ているように見えたからでした。

その後・・・

「小林。茶子ちゃん触ってもいいか?

神田がそう言うと、小林は嬉しそうな顔をして

「おう!いいぜ」

と言って神田の前に茶子を連れてきました。

「可愛い。可愛いね」

神田はそう言って茶子を抱きしめました。

 

【おじさまと猫】短編③④(2巻)の感想

ふくまると神田が出会ったのは偶然でもなく運命だったんでしょうね♡

お互い抱きしめても抱き着かれてもしっくり最初からきていたようです。

そして、神田の暗い過去・・・

小さい時からピアノをしていて厳しい母親の躾けに

神田は寂しい少年時代を過ごしたようです。

触れたくてもこんな自分が触れてもいいものなのか・・・

そう思っていた神田は確かにふくまるに似てますね!

まとめ

【おじさまと猫】2巻に掲載されている短編③④のネタバレ感想を紹介しました!

神田は辛い少年時代を過ごした分、今は周りに恵まれて

穏やかな生活を送っているんだな~と思いました。

次回は本編ネタバレになります!

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【おじさまと猫】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ