漫画ネタバレ

おじさまと猫 短編①②(2巻)ネタバレ!兄弟と日記

本編に通じる心温まる短編集です。これを見てまた本編を見るのは見方が変わりますよ☆

【おじさまと猫】短編①②(2巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【おじさまと猫】短編①②(2巻)のネタバレ

《兄弟》

森山良春は幼いころ3歳下の弟にピアノを聞かせていました。

当時「神童」呼ばれるほどの腕前だった森山は

弟に初めてピアノを弾かせることにしましたが、最初から

すごい腕前の弟を前にして、齢7にして挫折を知りました・・・

それから両親の態度も変わり、弟ばかりを褒めるようになりました。

そんな中、森山はピアノが大嫌いになって

ピアノの音が聞こえるだけで虫唾が走るようになりました。

・・・が、キターの弾ける男性が欲しいと先輩に言われ

誘われた音楽教室で森山は働くことになりました。

ーーー働いている中、森山は大嫌いなピアノの音なのに

ある教室から聞こえてくるピアノの音色につられて

その教室を覗くと神田がピアノを弾いていました。

【あなたは何者なんですか?】

自然に涙を流し、森山の世界が変わった瞬間でした・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《私も猫が好き》

最近の神田(男性)の日記にはふくまるのことばかりでした。

『猫はなんて可愛い生き物なんだ。こうしてふくまるに接していると、

君のことを何度も思い出します。

私も猫に夢中になりました。ふくまるの小さな動作ひとつひとつに

毎日癒されています。ほとんど進まなかったノートが

ふくまるの事を書きつづるだけであっという間に埋まります。

どれも君に伝えたくて書きました。

気が向いたときにでも読んでくれたら嬉しいです。

愛しい妻へ・・・

神田はその日記ノートを奥さんの仏壇の前に置きました。

猫を飼うまで神田は猫という生き物に一切興味を持っていませんでした。

でも、亡き奥さんは猫が大好きでした。

そんな奥さんに

「猫を飼おうか。毎日が嬉しくなるよ」

と言うと、子供たちが巣立ったら猫を飼いたいと言っていたことを覚えてくれていたんだと

奥さんはとても嬉しがりました。

「どんな猫にするかもう決めた?」

奥さんがそう聞くと

「それはまだだけど、次の仕事から帰ってきたら一緒に見に行こう。

約束だ

と神田は奥さんに言いました。

「どんな猫に会えるのか待ちきれないわ。

毎日が嬉しい事ばかりになるわね」と言っていた奥さんの

あの時の顔が思い浮かび、神田は辛くなりました・・・

するとその時・・・

にゃん

そう言って神田の膝に乗って来たふくまるに

この子は悲しんでいると必ず側にきてくれるんだな・・・と思いました。

そしてふくまるを抱きしめながら

「本当だね。毎日が嬉しい事ばかりだ」

と言いました。

【おじさまと猫】短編①②(2巻)の感想

同僚の森山は実はピアノを昔からしていたんですね~

でも、神童と呼ばれていた自分以上に弟の方が本物の神童だったので

7歳にして人生の挫折を味わったようです。

でも、神田のピアノを聞いて心が洗われたようですね~

そんなに素敵なピアノの音色聞いてみたいです!

そして、奥さんは神田が仕事(海外?)に出かけている間に

亡くなってしまったようです・・・あれだけ猫を飼いたがっていた

奥さんの希望を叶えてあげれなくて神田は無念だったでしょうね・・・

まとめ

【おじさまと猫】2巻に掲載されている短編①②のネタバレ感想を紹介しました!

森山が神田を凄く慕うのがさらに分かりましたし、

神田がどのような思いで、ふくまるを飼ったのか分かった気がします。

次回の短編集は・・・出会いと過去です。

 

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【おじさまと猫】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ