漫画ネタバレ

おじさまと猫 55,56話(5巻)ネタバレ!あなたに恩返しがしたくて

54話では、有力な情報を元にその辺りを捜索し始めた神田の声に力尽きそうになっていたふくまるが気付き、精一杯「こっちにいるよ」と声を出したことで気付かれようやく2人は再会を果たすことが出来たのです!

【おじさまと猫】55,56話(5巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【おじさまと猫】55,56話(5巻)のネタバレ

《55話》

ーーー夢じゃにゃいよね?パパさんが側にいるにゃーーー

ふくまるは神田に連れられて家に帰れると思いきや、

先に病院に連れて来られたので嫌がりました。

ふくまるの姿を見た先生は

「ひとまず安心していいでしょう。大きな傷もないし、ワクチンも打ってますし

体もしっかりしている。強い子だね ふくまるくん」

と言いました。そう言われたほっとした神田は

「よかったねふくまる。もう安心していいんだよ。おうちに帰ろうね」

と言ってふくまる念願の家に連れて帰りました。

ーーー久しぶりの家に入ったふくまるは、懐かしいその景色を感じながら

この何日間孤独に過ごしたことを思い出して泣いてしまいました。

そんなふくまるを抱きしめた神田は

「大丈夫だよ ここにいるよ。お腹空いたよね。ご飯にしようね」

と優しく抱きしめました。

それからふくまるはお腹いっぱいご飯を食べさせてもらい、

神田の布団で一緒に眠りました。

ーーーふくまるもう寒くないにゃ。怖くにゃいにゃ。

みんな みんな パパさんが暖めてくれたにゃーーー

ようやくふくまるは家に帰ったことを実感したのです。

このまま一緒に居られると思ったふくまるに神田はこう言いました。

「ふくまるごめんね。お留守番できるかい?」

感動の再会の後すぐにいなくなっちゃうの?!ふくまるは一瞬そう思いましたが、

今度こそ自分は絶対大丈夫だからと行ってらっしゃいをしました。

《56話》

「ふくちゃん見つかったのか!?」

神田は捜索をしてくれていた小林たちに電話で報告をしました。

「みんなのお陰だよ。1人じゃ見つけられなかった。

ありがとう。本当にお世話になった」

困ったらいつでもまた呼べよと言う小林に、神田はこう言いました。

「それと今日の森山先生のライブなんだが・・・」

そんな神田に小林は森山に聞いてるから今日はゆっくり休めと言ってきました。

ライブは日比野と佐藤と行ってくるよと言う小林に神田は

「私も行くよ」

と言いました。

はああああ?!何言ってんだ!ふくちゃんが可哀想だろ!?」

驚く小林に神田が

「私もそう思う。でも、森山先生やみんなが手伝ってくれたから

ふくまるは見つかったんだよ。私一人の力じゃないんだ。

助けてもらってばかりなのに、その上彼の言葉に甘えたくない。

必ず行くよ

と言ってくるので、

「じょうがねぇ~なぁ。お前頑固だから止めても来るしな。」

小林はそう言うと、先に行って待ってるから早く来いよ!と言ってくれました。

ーーー神田は急いでタクシーに乗り、ライブ会場へ急ぎました。

そしてタクシーを降りると開演時間が迫っていたので

会場へ向かって神田は走りました。

ーーー森山先生と初めて会った瞬間、彼は神田冬樹を知らないんだと気付いた。

だたの同僚として空いてくれることに私は救われた。

私は私でいいんだ・・・そう思えた。

周りの同僚たちも森山先生と何も変わらない優しさで

私に接してくれていたことに気付いた。

気にしていたのは私の方だった・・・

私がライブに行かなくても何も変わらないだろう。

でも生きたいんだ。

だって私は森山先生の・・・ファンだからーーー

ライブ会場に着いた神田がそのドアを開けると・・・

そこにはステージに1人で立っている森山と、会場の異様な空気が流れていました。

【え?どうして森山先生は1人なんだ・・・?

ソロなのか?でも楽器は準備されてるし・・・】

「神田 来たのか!」

神田を見つけた小林が声を掛けてきました。

「小林 何が起きてるんだ」

すると日比野がこう答えました。

「時々あるんですよ・・・ライブ当日にメンバーが来ない事。

気に入らないとか理由は色々あるんでしょうけど、

嫌なら脱退すればいいんです。

簡単に言ってしまえはこれは いじめです

周りの観客たちも「これ中止かな?」「帰る?」とざわつき始めたその時・・・!

「おい誰かステージに上がったぞ!」

「メンバー?」

ステージに上がったのは、なんと神田と日比野でした。

「いいですね ヤル気ですか?参加しますよ」

そう言って来た日比野に神田は怒った顔で

「もちろんだ 弾く」

と言ってキーボードの前に立ちました・・・・

 

【おじさまと猫】55,56話(5巻)の感想

ふくまるが帰ってきたので、今度は森山に恩返しをしないといけないと

思った神田が向かったライブ会場は異様な雰囲気でした・・・

酷い・・・本当にこれはいじめです。

森山の何がいけないんですか?こんなに素直でいい人いませんよ!

きっと薄汚れた心の人が森山に嫉妬したんでしょうね(怒)

そんな姿を見ていてもたってもいられなくなった神田。

それと同じ気持ちの日比野がステージに!これはすごいことになってきました!!

まとめ

【おじさまと猫】5巻に掲載されている55,56話のネタバレ感想を紹介しました!

プロ2人を従えたライブはどんな感じになるのか?練習もしなくてぶっつけ本番?!

いやぁ、天才2人ならやってのけるでしょうね~♪

次回の話の続きが気になります!

 

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【おじさまと猫】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ