漫画ネタバレ

おじさまと猫 11から15話(1巻)ネタバレ!初めてのお留守番

6~10話では、初めてのお風呂に脅えるふくまる。「猫は嫌だった思い出は一生忘れない」と本に書かれていておじさんは落ち込みます。男性が寝付いた寝室にふくまるが忍び込んできて・・・?

【おじさまと猫】11~15話(1巻)ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!やっぱり漫画は絵付の方が面白いですよね~。

絵付でお得に漫画を読みたい方は、こちらもチェックしてください☆

【おじさまと猫】11~15話(1巻)のネタバレ

《11話》

「ふくまる。ご飯入れておいたから後でゆっくり食べるんだよ?

危ないから高いところに登ったらダメだよ」

男性の声と顔が心配そうで、ふくまるは置いて行かれると分かりました。

「留守番よろしくな。行ってきます」

ーーー大丈夫にゃ!ふくまる待つことに関しては

右に出る者はいにゃいにゃ!ーーー

男性が家を出てから

3秒後・・・5秒後・・・10秒後・・・

ーーー寂しいにゃああ!!!!ーーー

ふくまるは男性が家から出て間もないのに寂しすぎて

寝きながら家の階段を駆け上がりました。

部屋の窓から男性を見て、大きな声で鳴いた次の瞬間・・・

男性がふくまるに気付いて振り向いて笑顔で手を振ってきました。

それを見たふくまるは声が届いたんだと嬉しくなりました。

《12話》

「おはようございます」

「あ!神田先生おはようございます」

同僚たちは男性の顔を見て全員驚きました。

「神田先生 顔色悪くないですか?!どうしたんですか?

具合が悪いなら休んだ方が・・・」

フラついて足元がおぼつかない男性に同僚の女性がそう言いました。

「大丈夫です。でも、少し気になる事がありまして」

そう・・・男性はふくまるのことが心配しすぎて

仕事どころではなくなってしまっていたのです。

昔奥さんにも「心配性すぎるけど、そういうところが好きよ」と言われたことがありました。

ーーー仕事も終わり、体力には自信はあまりありませんが

今日は走って帰ることにしました。

いつもと同じ帰路が眩しいぐらいに輝いて見えました。

【ふくまる 早く君に会いたいよ】

息を切らしながら家についた男性が玄関をあけると、

ふくまるが玄関マットの上で待っていました。

その姿を見た男性は愛おしすぎて思わず抱きしめました。

「ふくまる待っていてくれたのか!」

男性は久しぶりに我が家に帰って来た気がしながら

ふくまるを優しくギュッと抱きしめました。

《13話》

男性が出て行ってから随分時間がたった頃、

ふくまるは何もする気が起きませんでした。

ご飯を食べながらふくまるは自分は駄目な子だから、

もう男性が帰ってこないんじゃないかって悪い方に考えてしまいます。

でも、そんなはずはない!と自分を奮い立たせ

男性を信じて待つことにしました。

ーーーパパさんだってきっと今頃絶対ほんの少しくらい

ふくまるを想ってくれているにゃーーー

日も暮れ・・・外に足音が聞こえたふくまるは

急いで玄関に向かいました。

「ふくまる」

玄関を開けた男性の姿を見たふくまるは大喜びしました。

ーーーおかえりなさい パパさんーーー

《14話》

昔からの親友の小林は犬派で、いつも男性に自分の買っている愛犬の写メを

毎回自慢して見せつけていました。

でも、その小林の自慢したい気持ちは今なら男性も分かります。

可愛く取れたふくまるの写真を誰かに見て欲しくて、

男性は親友の小林に写メと猫を飼ったと報告も添えて送りました。

すると・・・

『なんだこのブサ猫は。犬を飼え』

と返信が速攻帰ってきたので男性はイラっとしました。

【あいつに送った私がバカだった。なーにが親友だ】

「ふくまるの可愛さが分らないなんて、あいつはセンスが悪いよなぁ」

男性はふくまるを撫でながらそう言いました。

”うちの子が一番可愛い”

その言葉に誰かの同意が欲しい訳じゃなく、

飼い主はそう言いたくて言いたくて仕方がないだけなんだと

ふくまるに出会ったことで分かりました。

《15話》

「この部屋は入っちゃダメだよ」

そう言われたふくまるはその部屋の前で男性を待ちました。

しかしすぐに寂しくなったふくまるは、

その部屋のドアを爪で引っ掻きながら泣き続けました。

すると、

「ごめんね。一緒に居たかったんだね」

そう言って男性が部屋から出てきました。

「ふくまるを見ていると子供たちの事を思い出すよ。

部屋に入れると騒ぐから外に出すのだけど、

扉の向こうで悲しがって泣くんだ。

だからまた入れてしまうのだけど、また2人して騒ぐんだよ。

それでももっと入れてあげればよかったな。

どんな物より大切な時間だったのにね・・・」

男性がふくまるを抱きかかえて部屋に入ると、

そこにはグランドピアノが置かれていました。

初めて見る大きくて黒くてギラギラしているソレを見て

ふくまるは興味を示しました。

男性の腕からピアノに飛び移ると、音がしたので

ふくまるはビックリして部屋の外に逃げました。

「どうしたんだい?もしかして怖いのかい?」

男性はそう言うとピアノの椅子に座りました。

「大丈夫だよ。これはピアノと言ってね、ただの楽器だ。

でも子供の頃私はこれが怖くて仕方がなかった。

そして今も

そう言いながら男性はピアノを弾き始めました。

男性の様子が変だなと感じたふくまるは、鍵盤の上に仰向けになって

ピアノを弾くのを阻止しました。

「ふ・・・ふくまる?何をしているんだい?」

男性はその姿を見て吹き出しました。

「困った子だね」

ふくまるは黒いのに勝てて優越感に浸りました。

 

【おじさまと猫】11~15話(1巻)の感想

男性が仕事も手に憑かないほどふくまるを溺愛していて萌えました♡

いつも走らない帰り道を一生懸命帰っていく姿も素敵です。

そしてふくまるもお留守番して数秒で寂しくなっちゃうのが可愛すぎる・・・♡

本当に相思相愛の関係でいいですね~

男性はイケメンなおじさまなので職場の女性の同僚にもモテてるみたい。

こんなに心が素敵でイケメンならそらモテますよね~

まとめ

【おじさまと猫】1巻に掲載されている11~15話のネタバレ感想を紹介しました!

男性は音楽の先生なのかな?中々家にグランドピアノってないですよね~

ピアノを弾くときに悲しい顔を少しするので過去に何かあったんでしょうか?

次回の話の続きが気になります!

 

絵付で無料で読む方法はコチラからどうぞ☆

>> 【おじさまと猫】結末まで全巻無料で一気に読む方法!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ