漫画結末ネタバレ

【妊娠したら死にたくなった】最終話・結末ネタバレ感想!

【妊娠したら死にたくなった】という漫画をご存知ですか?

広告で貼ってあったのがきっかけで、気になったので読んでみました。

最愛の夫との子どもを授かった主人公のストーリーです。

心とは裏腹に精神を病んで閉鎖病棟へ入院することになってしまいます。

待望の妊娠がきっかけでした。

実体験をもとに描かれた衝撃的な作品です。

妊娠したいと思っているすべての人に読んでもらってよい内容かと思います。

特に過去に精神を病んだことのある人は、一読してみた方がよいかもしれません。

ただし、いたずらに怖がってしまう可能性もあるので、自己責で。

 【妊娠したら死にたくなった】結末のネタバレと感想を紹介します

【妊娠したら死にたくなった】あらすじ

過去に軽度のうつ病になったことがある主人公。

薬剤師でもある最愛の夫ととの間に子どもがほしいと思い始めます。

そして待望の妊娠!

しかし…

そのころから、自分のお腹に異物を感じるような違和感を覚えるのでした。

そして辛いツワリなども相まって、精神病を発症します。

【妊娠したら死にたくなった】結末のネタバレ

主人公の入院する精神病棟のリアルな描写が、怖いです。

手足を縛って、暴れるので鎮静剤で眠らせたり、強い薬で感情を奪ってしまったり。

主治医の意図するところが今の段階では分からないので、意味のある治療なのか、医療過誤なのか読み取れず、ひたすら恐怖を感じます。

【妊娠したら死にたくなった】結末の感想

自分もメンタルが弱いのに妊娠して、産まれた子どもに愛情を持てなかった部分がありました。

 

もしかしたら、自分もこうなっていたのかもしれないという気持ちになりました。

 

衝撃的と書かれていますが、わたしには紙一重のことのように感じたように思います。

 

自分も産後に、精神病になりかけたました…

ここまではいきませんでしたが、主人公の気持ちに共感できる部分がありました。

 

自分が産んだ子が可愛く思えない、このまま帝王切開で傷むお腹を押さえてタクシーで、どこかに逃げようとまで思ってしまいました。

 

産後のホルモンがさせるものだったのかもしれませんが、いったいどういう原因だったのか、自分も知りたいので読み進めたいと思いました。

 

御主人が、本当なら逃げ出したくなるところを、寄り添って支えておられるので素晴らしい方だと思います。

 

薬剤師としての知識があるので、冷静に容体を見られるのでしょうが…

 

それを差し引いてもなかなかこんな優しい旦那さんはいないんじゃないかなと思います。

一番印象に残っているシーン

足が勝手に動くというシーンは、素直に怖かったです。

自分の思い通りにならないのは気持ちだけかと思いましたが、身体にも出てしまうのは衝撃的でした。

 

お腹の中で子どもが動くと嬉しかったですが、気持ち悪い、出て行って言ってしまうところも、病の恐ろしさを感じました。

 

旦那さんの温かい接し方です。

 

正直、この方が主人公を見捨ててしまったら、さすがに辛くなって読むのを断念してしまったかもしれません。

また妊娠以前からも、慎重で病になってからも冷静さを失わない強さに感服します。

まとめ

【妊娠したら死にたくなった】結末のネタバレ感想を紹介しました!

思ったよりも、ハードでした…

あまりこういう漫画を読まないので。

精神病棟に入院してから、200回廊下を歩いたという話や、首を吊って自死をしようとするところまで追いつめられる主人公を見て、なんとかならないのだろうか。

主治医に対して、心の持ちようで治るレベルではないだろうと憤りすら覚えました。

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ