漫画ネタバレ

義姉さん、俺を愛人にして【6話】ネタバレ!あなたの視線が怖い・・・

【義姉さん、俺を愛人にして】結婚して4年、詩織は夫・修二のDVに耐えて生きていた。義弟の蓮には夫からのDVを受けていることがバレていて・・・・?「私の前からいなくなって!」その一言は三人の危うい関係の崩壊の始まりだった・・・

修二もあんな状態なので仕事を始めようと思うと詩織が言うと、

義母が猛反対してきました。蓮は仕事をしようとする詩織に賛成だと言い、

「離婚して自立するには必要」と言いました。寂しがって泣く義母に

詩織は「離婚はしません」と言いますが・・・・?

 

【義姉さん、俺を愛人にして】6巻のネタバレを紹介します!

義姉さん、俺を愛人にして【6巻】ネタバレ!

「言いたくないけど、兄さんが木下と結婚したのは・・・・」

「やめて!!」

詩織はそれ以上言われたら今まであった罪悪感が

無くなってしまうと必死でこう言いました。

「修ちゃんはまだ生きてるんだよ?こんな事許されない」

そう言い放ち、詩織は蓮の車から降りていきました。

決して自分に触れようとしない蓮の指先や

視線から彼の気持ちに詩織は気付いていたのです・・・

そして自分も修二との生活の中で、蓮に縋るような思いを感じていたのを

修二は見抜いていたのも感じていました。

自分が気付かないふりをしていたために、

もし修二が本当に浮気していたとしても責めれないと思ったのです。

ーーーーその夜、詩織は夢に修二が出てきて飛び起きました。

【怖い・・修ちゃんが目覚めるのが。自分の気持ちが・・・・】

数日後ーーーー

修二の病室へ義母と一緒に詩織はいました。

「詩織さん 就職決まったんですって?」

決まって来週からと言う詩織に義母は

「せめてうちの病院で働いたら?時間の融通きくし」

と言いました。そんな義母に詩織は

「医療費出していただいてるのに、これ以上は甘えられませんから」

と言いました。すると義母は詩織の腕を掴みながら

「詩織さん。まさか館野家と縁を切るつもりじゃないわよね?」

と聞いてきました。そんな事を言う義母に詩織は

「お義母さん?!なに言ってるんですか?」

と言いました。すると義母は掴んだ腕を離して

「そうよね。ごめんなさい。あなた言ってたものね 修二と別れないって」

と言いました。

「平日の昼間は来れないのでお義母さんよろしくお願いします。

私は休みの日と仕事終わりの夜にできる限りきますので」

そう詩織は義母にお願いしました。

仕事をするのは金銭的な理由だけではなく、

夜の仕事をしている蓮を鉢合わせになる可能性が減るからもありました。

【彼の視線が怖い・・・】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いらっしゃいま・・・」

「こんばんは 蓮くん」

蓮の経営するバーに彩が訪れてきました。

「大貫!!」

ーーー仕事中の詩織のスマホに彩から電話が入りました。

電話に出ると、彩に「いまどこ?」と聞かれるので、

詩織は会社で残業中でもう終わると伝えました。すると

「じゃあ今から会えない?私旅行行ってきたんでお土産渡したくて。

ついでにご飯でも一緒に食べようよ。」

彩がそう誘ってきたので、いいけどと詩織が答えると

「ほんと?良かった。じゃあ蓮くんのお店にいるから来てね」

そう言って彩は電話を切りました。

詩織は蓮くんのお店でなんて嘘でしょ?!と行くのを躊躇しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらくして・・・詩織が蓮の店に現れました。

「突然ごめんねーお土産渡したくて。蓮くんのお店にも来てみたかったし」

そう彩に言われて詩織は

「ううん 大丈夫」

そう言って席に着きました。

「義姉さんなに飲む?」

そう言う蓮に彩は

「なんか”義姉さん”なんて変な感じ。同級生でいるんだから、

今日くらい昔の呼び方でいいんじゃない?」

と言いました。そんな事を言われて、少し前に蓮に言われた言葉を思い出しました。

「でもっずっと義姉さんだったから・・・昔みたいに呼ばれても」

義姉さんの方が呼び慣れてるんだよと蓮が言うと、そうなの!と詩織が言いました。

「仕事どう?」

彩がそう聞いてきたので、詩織は

「うん 覚えなきゃいけない事たくさんあって毎日必死」

と答えました。

「大変ね。看護しながら休みはちゃんとあるの?」

そう聞かれて、詩織は土日と答えました。

「まぁ大変だけど、働いてる方が気分転換になっていいかもね。

私も旅行で色々気分転換できたし」

そう言う彩に詩織は、

「彩もなにかあったの?」

と聞きましたが、生きてれば色々あるわよと言ってはぐらかされてしまいました。

「大丈夫。きっと色んな事よくなってくわよ。

神様はちゃんと見てくれてるんだから」

そう励まされて、詩織はうん。。。と浮かない顔で返事しました・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後

「あれ?奥様 今日会社じゃ」

詩織は病院に修二の様子を見にやってきました。

「今日は臨時にお休みなの。会社の空調のメンテナンスで」

そう聞いた看護師が詩織にこう言いました。

「そうですか。あっ!ご主人にお見舞いの方来られてますよ。

若い女性の方です。先生にお世話になったとかおっしゃってました。」

詩織はそう言われて、誰だろう?と思いました。

修二の患者さんかな?とも思いましたが、転院のこと公にしていないし、

彩たちも来るなら自分がいるときに来るだろうしと考えていると・・・

浮気相手から送られてきたであろう、あのメッセージを思い出しました・・・!

【まさか あの写真の女性?】

そう思いながら、詩織が病室へ入ると女の人の声が聞こえました。

「修二さん。あなたが言ってた通り、あの2人できてるわ。

あなたが眠ってるのを良い事に。最低ね。

かわいそうな修二さん。

だから言ったでしょ?あなたを本当に愛してるのは私だけって。

早く目を覚まして」

詩織がそっとカーテン越しに女の顔を見ると、

そこには親友の彩の姿がありました・・・・!!

 

義姉さん、俺を愛人にして【6巻】感想

修二の浮気相手、彩なんかーーーーい!!

身近で裏切者が出るパターンはよくありますが、

もういい加減にせい!って感じですね~

親友の旦那って分かっていて、なんで手を出すんでしょうかね?

彩は壮絶なDVを詩織が受けていたのを知ってるんでしょうか?

そんな男でも愛せるのか・・・・私には分からん!

そして、彩がなんで蓮のバーに現れて

詩織を呼び出したかと言うと、蓮と詩織の様子を見て

まだ元気だった時に修二が言ってた事が本当なのかを知りたかったのと、

詩織に鉢合わせにならないよう時間と日にちを知りたかったから

詩織に聞き出すためだったのでしょう。コワイ女ですね~

まとめ

修二の浮気相手が親友の彩ということが分かった詩織。

果たしてこの後、どんな展開になるのか楽しみです!!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ