漫画ネタバレ

見えない私の恋は不自由。【3話】ネタバレ!救われたセリフ

【見えない私の恋は不自由。】「弱視」「視覚障害」「ロービジョン」名前は様々だけど、これが今の私・・・・。25歳から遺伝子の強度近視が原因でそうなってしまった塔子。仕事や彼氏との関係も自分なりに折り合いをつけて生活していたある日、高校時代の後輩・祐月と再会する。

病院帰りのエレベーターで偶然に祐月に会った塔子。

そんな塔子に祐月は「お茶をしないか?」と誘ってきますが、

行ったことないところに行くのは怖いなと思いながら塔子が躊躇していると

ぐいぐい手を引っ張って連れていかれて・・・?

【見えない私の恋は不自由。】3話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

見えない私の恋は不自由。【3話】ネタバレ!

「ロービジョンって言って視野が欠けてて、

トイレットペーパーの芯を覗いたみたいな状態なんだ。

ついでに視力ももう矯正が利かないから、

あのビン底眼鏡も役に立たなくて。

つまり私、「視覚障害者」なんだよね・・・

でもさ、私は大したことないって思ってるんだ。

仕事も続けられるし、趣味や日常だって今までと変わらないし。

勿論周りに助けてもらってではあるけど・・・できる限りのことはやりたいじゃん!

そんな風に話してくれた塔子に祐月は

「波川さんすげえなぁ。そういうポジティブでさ!

めっちゃすげえなって」

と心からそう思って笑いました。

そんな風に言ってくれた祐月に塔子は照れながら

「・・・そっかな。ありがと」

と言いました。

すると、祐月は自分の荷物から紙を出してきてそれを丸めました。

「えっと トイレットペーパーの芯!よし!」

できあがったそれを目に当てると

「わ 狭っ!!これは・・・知らなかった世界です!」

と言うので、その姿を見て塔子は思わず笑ってしまいました。

「仕事もまず体感がモットーなんで。

だって知らなきゃ話になんないでしょ?」

その言葉を聞いて塔子は高校時代の事を思い出していました。

ーーーあの頃、ビン底眼鏡をしていた塔子は

その姿を見た周りの人たちから笑われながら後ろ指を指されていました。

そんな塔子に声を掛けてきた祐月は、

塔子の眼鏡をかけて「何でも知らなきゃ話になんないでしょー」

と今と同じセリフを言ったのです。

それが当時の塔子の救いだったのを思い出しましたーーー

「じゃあさ鈴本君。もし興味あるなら疑似体験できるツールとかあるから

今度試してみたら?」

塔子がそう言うと、

「えっマジで?ロービジョンの?!やりたい!やります!!」

祐月は興奮気味でそう言いました。

その言葉を聞いて何だかまた救われた感じがしました。

ーーーお茶も終え、駅に向かおうとすると

「波川さん私鉄ですよね?一緒に行きましょ」

と祐月が言ってきたので

「でも、鈴本くんさっきB1って言ってたから地下鉄じゃないの?」

と塔子が聞くと

「大丈夫です私鉄でも全然いけるんで!」

と言ってくれたので塔子は助かりました。

「助かっちゃったー駅は人が多いから苦手で」

すると・・・

「あー猫!!」

祐月が猫を発見し「かわいいなぁ」と言うので、

猫がどこにいるのか分からない塔子は「どこどこ?!」と祐月に聞きました。

「どれ?!ベンチのどの辺?」

塔子はスマホを取り出すとカメラモードにしました。

「何してるんですか・・・?」

祐月が不思議そうにそう聞くと、

「こういう時は写真に撮って拡大してみるんだよ」

と塔子は言いながら、必死で「この辺かなー」と言いながらシャッターを切りました。

「この辺です。今です今!カメラ目線!」

祐月は塔子の後ろから猫の位置を教えてくれましたが、

その姿勢が後ろから身体を覆われるような感じだったので、

塔子は不覚にもドキッとしてしまいました。

祐月のおかげで猫が可愛く取れた塔子は大満足しました。

必死になって猫を追いかけていたので、辺りは暗くなってしまいました。

暗くて視界が悪いので、足元が見えずらい塔子は

「ごめん・・・少しゆっくり歩いていいかな?

実はこれくらいの薄ずらさは見えずらさ倍増なんだ・・・

それに、皆にとって薄暗いとこは私には暗いし

皆が暗いってとこは真っ暗。」

と言いました。それを聞いた祐月は

「そういうことなら ハイ」

そう言って自分の腕を塔子に差し出しました。

「どうぞつかまって下さい。

ここ石畳だし、そこそこ人通りあるし」

祐月が親切に差し出してくれたその腕を塔子は「ありがとう」と言って

掴もうとしたその瞬間!躓いてこけそうになってしまいました。

そんな塔子を祐月は支えて

「大丈夫ですか?」

と言いました・・・

 

見えない私の恋は不自由。【3話】感想

なんだか祐月はとっても明るくて前向きで誠実そうな子ですね~

いい子ってのが全面に出てる!!嫌味もなんにもないしね~

こんな子と塔子は付き合った方が気が楽かもしれません。

理解してくれる感じもあるし、2人はお似合いでは?と思いました。

優しさもなんだかスマートですしね~素敵♡

尚には悪いけど、別れて祐月と付き合うことをお勧めします!

まとめ

祐月の腕を掴もうとした瞬間躓いてしまった塔子。

その体を祐月が支えてくれて・・・・?!

次回の話の続きが気になります!

>>見えない私の恋は不自由。【全話料】で最終回結末まで読む方法

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ