漫画ネタバレ

みえ婚【7話】ネタバレ!いつまでもお預けしてるとよくない

【みえ婚】百瀬もず(29)独身満喫中のはずが、仲良し同期・零子と九十九の突然の婚約発表で事態は急変する・・・・!!

また願掛け地蔵に会った零子は、「詩音が自分に惚れますように」と願います。

こんなことで世界が変わるなんて思ってない零子は笑いますが、

一方詩音には変化が現れていて・・・・?!

【みえ婚】7巻のネタバレを紹介します!

みえ婚【7巻】ネタバレ!

もずはアクセサリーショップの前で悩んでいました。

一緒にいたはっちゃんに買うの?と聞かれ、

「定番商品だし、また今度考える」

と言って、もずはアクセサリーショップを後にしました。

ーーーあの日以来、二葉から連絡はありません。

もずは偽婚約者だし、仕事がなければ何もなくて当然だけどと思います。

つまり、今までの冗談のプロポーズも本当に冗談だったわけだと考えていると

「そんなに気になるなら自分から電話すりゃいいじゃん」

と、はっちゃんに言われてしまいます。

「なんのことだか」

と誤魔化すもずにはっちゃんは

「分かってるでしょ?そもそも二葉さんも結婚に消極的なら、

『同士』って喜ぶべきポイントじゃないの?なんで落ち込むの?」

と聞いてきます。そう聞かれたもずは

「だから・・落ち込んでなんか・・・」

と言いますが、はっちゃんはこう続けます。

「当ててあげよう。もず あんたは無意識のうちに二葉さんをキープしてたんだよ!

そのキープだと思ってた相手が、愛想尽かして余所に行きそうだからあんたは焦ってる。」

もずは必死に自分はキープなんかしてない!と言いますが、はっちゃんはこう言いました。

「いーやしてるね。向こうの好意に気付いていたのに、

気付かないフリしてお預け状態にしてたでしょ?

そーゆーのキープって言わずに何て言うんだろうね。」

もずが二葉の事なんか何も気になってないと言おうとしたその時・・・

二葉から着信が入りました。

「はいっもしもし 百瀬です!!」

目をキラキラしながら、もずはその電話を取りました。

休日にごめんね?と言ってくる二葉に、もずはどうかされましたか?と聞きました。

すると二葉はこう言いました。

「急で申し訳ないんだけどさ・・・あー・・・

千賀さんの連絡先って分かるかな?

そう言われたもずは、先ほどのテンションが下がってしまいました。

「れ 零子・・・ですか?」

ダメそう?と聞かれたもずは、零子に聞いてみますと動揺しながらも言いました。

「あーあと・・・もう一個確認しときたくて・・・

偽婚約って・・・まだ継続中だよね?

そう聞かれたもずの心はざわつきました。

「えっ?!あー・・そうですね・・・二葉さんがよろしければ

言い訳が見つかるまで・・・」

二葉は了解と言って電話を切りました。

「ほらねっ!あんたがお預けしてるから。零子の方にいっちゃった!」

はっちゃんが笑って指さしてくるので、もずはうるさい!!と言いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日

「おはよう」

「ああ おはよう」

もずと零子はエレベーターで一緒になりました。

一瞬無言のち、もずがこう切り出しました。

「き 昨日ごめんね。急に電話しちゃって・・・」

そんな事を言うもずに零子は全然大丈夫と言いました。

その後また少し沈黙が流れ・・・・

「その・・・二葉さん・・・なんだって?」

ともずが聞くので、

「・・・知りたいの?」

と零子が聞き返しました。

「いや あー・・・別にっ!何かなーっと思って」

その時零子のスマホに着信が入りました。

零子はスマホの画面をもずに見られないように、そっと手を添えて

にこっと笑いました。

エレベータが開いて、零子はその電話に出て去っていきました。

もずはそんな零子を見て、仮に二葉さんが零子とこっそり付き合い始めたとしても

偽婚約者なんだから自分に何か言う権利なんてないと思いました。

ーーーーー「言ってくれてもいいのに」

耳元でそう囁かれて、もずは驚きました。

その声の主は二葉でした。慌てふためくもずに二葉は

「あはは ほんっと百瀬ちゃんって可愛いね」

と言いました。

「ええ?あれ?今日打ち合わせありましたっけ?」

そう不思議がるもずの手を取り、膝をついた二葉が

「俺と結婚してくれませんか?」

と言ってきました。まさかの言葉に返事に戸惑っているもずに

「なーんて・・・ずっと待ってると思ってた?」

と言った二葉の前に、下着姿の零子が現れました。

「聞いてよ千賀さーん。百瀬ちゃん2回もホテル行ったのに

なんにもさせてくれないんだよ?酷くない?」

そんな事を言う二葉に零子はこう言います。

「ひどーい。よしよし。でも大丈夫。私はH大好きだから・・いっぱいしようね」

ーーーーそう、ここまではもずの妄想の世界ーーーー

エレベーターに這いつくばっているもずを同僚が見つけて、

「わっだ 大丈夫?百瀬さん!!」

と心配して声を掛けられたのでした・・・・

 

みえ婚【7巻】感想

妄想しちゃうくらい二葉が好きなんでしょうね~

だって、久々に電話が合ったとき目がランランとしてましたもん♡

でも、二葉が零子の電話番号を聞いてきた事によって

もしかして零子の事が好きになってきたんでは。。。

と、もずは焦り始めます。そら、いいようにキープされたら

相手もしんどいですし心変わりもしちゃうかもしれませんしね。

早くこの気持ちを二葉に伝えて欲しい物です。

まとめ

白昼夢を見てしまったもずは、このままじゃいけない!と

思ったと思うので行動に移しそうですね~

まぁ二葉はもずのこと好きだろうし、大丈夫だと思いますが・・・

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ