漫画ネタバレ

みえ婚【5話】ネタバレ!あなたはイケメン俳優かもしれないけど・・・

【みえ婚】百瀬もず(29)独身満喫中のはずが、仲良し同期・零子と九十九の突然の婚約発表で事態は急変する・・・・!!

もずが結婚願望ない理由、二葉の結婚についての話・・・それぞれの心のつっかえを

話せれたもずと二葉は打ち解けれたような感じです。

もずの母親ももずの花嫁姿を見て大満足で帰って行きました・・・

【みえ婚】5巻のネタバレを紹介します!

みえ婚【5巻】ネタバレ!

一目見て「彼」は「私」に似ていると思った

同族嫌悪ってやつだろうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

零子は小さい時から、可愛いやら美人やら言われて育っていました。

「ただいま」

零子が実家に帰ってくると、母親が

「おかえりー・・・あら?零子ちゃん 顔色悪い。

ねぇ大丈夫?風邪じゃない?零子ちゃん」

と心配して出迎えました。そんな母親を無視して

零子は2階の自室へ荷物を置き、シャワーを浴びました。

【何かおかしい】

また九十九のことが頭に浮かびフラッシュバックしました。

その時零子は

『だって・・・九十九君と零子は付き合ってるんじゃ・・・』

と言ったもずの顔が思い浮かびました。

「もず・・・何か知ってる?」

シャワーから上がると、スマホに会社から着信が入っていました。

ーーーー急いで会社に向かうと

「ごめんねー千賀さん。帰ったばっかりだったのに・・・

他に誰も繋がらなくて」

と同僚に言われました。そんな風に言われた零子は

「いえ大丈夫ですよ。サンプルお届けするだけですよね?」

と言いました。そのサンプルはどこに届けるのかというと

三日月詩音のマネージャまで届けないといけない物でした。

「その俳優苦手って言ってたっけ?」

そう言われた零子は大丈夫ですよと言いました。

「本来は担当の百瀬さんに連絡すべきなんだろうけど、

半休取って帰っちゃったから。ごめんねーじゃあ お願いします」

零子はサンプルを持って会社を後にしました。

ーーーースタジオに着き、受付をしてから零子は三日月詩音の撮影現場に入りました。

真剣に撮影をこなしている詩音を見て

【あ~私の事好きになってくれないかな。ねーよ 住む世界が違うっつーの】

零子は自分で勝手に妄想して勝手に頭の中でツッコんでいました。

ーーー控え室に通された零子は、撮影が終わるのを待っていました。

時計を見ると、すでにいい時間になっていました。

控え室に置いてある雑誌に目が行った零子は、そこに

あの《願掛け地蔵》が載っているのに気づきました。

熱心に零子が雑誌を読んでいると・・・

「なー受付の子 また代わってない?」

「どうせまた三日月詩音が手ェー出したんだろ」

「おいおい シーッ!」

そんな話が耳に入ってきました。

スタッフに陰口叩かれるって、詩音はどんな奴なの?と零子は思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「すみません 急に無理言ってしまって」

詩音のマネージャーが撮影が終わり、控え室に戻ってきました。

「いえ とんでもありません。以上でよろしいでしょうか?」

すると・・・マネージャーのスマホが鳴りました。

私はこれでと言って零子が帰ろうとすると、ちょっと待ってくださいと言われました。

そのまま、その電話に出たマネージャーは控え室を出ていきました。

ーーーそして、その控え室には零子と詩音が2人っきりになってしまいました。

黙っていた詩音がこんな事を聞いてきました。

「・・・・可愛い子は?一回・・おたくの会社に打ち合わせで行ったとき

お茶出してくれた子。」

そう聞かれた零子は

「あー・・・あーは それは恐らく八島ですね」

と答えました。すると詩音は

「あっそう!それ 八島さん!俺その子に『来て欲しい』って頼んだんだけど、

なんでおばさん?

と言い放ちました。そう言われた、零子はハイハイと思いながらこう答えました。

「あー・・・申し訳ございません。八島は経理部でして・・・

本来こういった仕事は・・・」

そう言われた詩音はぼそっとこう言いました。

「んだよ じゃー最初から無理って言えよ」

じゃあ電話は?としつこく聞いてくる詩音に、もう遅い時間なのでというと

あんたは来てんじゃん!と言われました。

「そうですね・・・私は実家が近いもので・・・

あの八島でしたらまた後日撮影の時に・・・・」

そう言うと、詩音はびっくりしたようにこう聞きました。

「実家!?え?あんた実家住まいなの?30過ぎで?」

そう言われて、零子は28ですと言い返します。

「ウケるwwマジでいるんだ?その年齢で実家住みってww

あれだ!子供部屋オジサンならぬ こどおば!!

零子を馬鹿にして詩音は笑ってきます。

「いやーごめーん やっぱおばさんは無理だわー。

中途半端に綺麗でもないわー!ごめんちょ お断りします!

零子が何を言ってるんだコイツと思いながら

「はい?」

と聞き返すと・・・

「あれ?だって週刊誌の記事知ってるんでしょ?

俺とワンチャン期待して来たくせに

と詩音が言ってきました。そんな時、やっとマネージャーが帰ってきました。

「すみません~大変お待たせいたしました。えーっと・・・それでは、

次回はスチール撮影が・・・」

そんなマネージャーに零子がこう声を掛けます。

「・・・あの五十田さん。よろしければこの後お食事でもいかがですか?

ご迷惑じゃなければなんですが・・・・」

零子の突然の誘いにマネージャーは驚きます。

「えええ?!そんな迷惑だなんて。ぜひ行きましょう!

丁度飯行こうと思ってたんですよ」

「そうですか・・・良かった。お酒飲めるお店がいいですね」

詩音は自分の誘いに乗らずに、まさかマネージャーを誘う零子に

驚いた顔で見つめていました・・・・

みえ婚【5巻】感想

詩音はモテモテな俳優なので、それをいいことに天狗になっているようです。

だからその辺にいる女子を片っ端から食べ焦ってるようですが、

それに気づいた零子はこんな男の言いなりになるなんてまっぴらごめんだ

という感じで、マネージャーを誘いました。

まさか自分がフラれるなんて思ってない詩音は唖然としてますね(笑)

いい気味です~全員が君を好きだなんて思うなよ!

まぁ、でも零子も昔からモテていたから詩音の気持ちが分かるようですね~

まとめ

詩音のマネージャーを誘った零子。

夜も遅い時間にこれから食事なんて・・・何かあってもおかしくないですよね~

次回の話を読むのが楽しみです♪

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ