漫画ネタバレ

みえ婚【12話】ネタバレ!週刊誌にバレちゃった

【みえ婚】百瀬もず(29)独身満喫中のはずが、仲良し同期・零子と九十九の突然の婚約発表で事態は急変する・・・・!!

順調に交際を続けているもずと二葉ですが、何度デートを重ねても

キス以上進みません。「私に魅力がないのかも・・」もずはそう思い始めていました。

【みえ婚】12巻のネタバレを紹介します!

みえ婚【12巻】ネタバレ!

いつものカフェでもずは恋愛相談していました。

「ええ!まだやってないんですか?

結構長いんですよね?」

そう聞かれたもずは

「まぁそのー色々と事情があって・・・」

と言いました。すると定員はあの美人の新人店員を指さしてこう言いました。

「自分から行くべきですって!

新人も元彼とより戻したいって愚痴ってる割には全然行動起こさなくて」

そう言われた新人定員も

「わっ!や やめてくださいよ」

と言って恥ずかしがりました。

「欲しいなら自分から仕掛けるべきですよ。グイグイ行かないと!」

もずはそんな風に言われたので、自分と同じ境遇の新人店員に

「じゃあお互いグイグイ頑張りましょう」

と言って店を出ました。

ーーーーその頃

「千賀さーん!ごめん・・・ちょっといいかな?」

課長に呼ばれた零子は、応接室に向かいました。

「失礼します」

零子が部屋に入るとなぜかそこには五十田がいたのです。

「ごめんね忙しい所。ちょっと・・・ちょっとね

確認したいことがあって・・・・

これ・・・千賀さんだよね?

課長がそう言って差し出した週刊誌には、

なんと!目が隠されただけの零子の写真が掲載されていたのです!

ーーーデスクに戻ると零子は荷物をまとめ始めました。

「あれ?え??どうした?早退?」

急な零子の行動に九十九は驚きました。

「ううん 自宅謹慎」

まさかの答えに九十九は「は?」と言います。

「三日月詩音とやってる事がバレたの。向こうの事務所がご立腹。

詳しくは明日発売の週刊誌でも見て。

それをもずに謝っといて。新ブランドの発表潰れるかもしれないから・・・」

そう言って淡々と話す零子の後を九十九は追いかけながらこう聞きました。

「おいおい なぁ・・・大丈夫か?」

「・・・別に元々仕返しのつもりだったし。

お地蔵さんの願いが叶っただけだから。」

零子は冗談だと言うと、会社を出ていきました。

ーーーその頃、仕事終わりのもずに二葉からこんなメッセージが届きました。

『お疲れ~返事遅れてごめん。

風邪ひいて休んで寝込んでたよ。

昨日うつしちゃってたらゴメン!』

それを見たもずは、チャンス到来!と思いました。

【これなら堂々と家に行ける!看病して親密度アップ!!

神様!風邪看病イベントありがとうっ!!】

もずは神様に感謝しながら、二葉のマンションへ向かいました。

ーーーピンポーン!

「わー百瀬ちゃん わざわざありがとう。

でも俺、朝飲んだ薬が結構効いたみたいで・・・」

玄関で出迎えた二葉が元気そうなのを見て、もずはがっかりしました。

そして手に持った材料を見せて

「その、お粥作ろうと思ったんですけど・・・

またの機会ってことで・・・・」

ともずが言うと

「おおー嬉しい!食べたいなお粥」

と二葉が言ってくれたので、もずの表情はパアっと明るくなりました。

そして、もずがお粥を作って出すと二葉はそれを間食しました。

「あ・・・あーんってして貰えばよかった。

ガツガツ食っちゃった」

二葉がそう言って残念そうにするので、もずも確かに!と思い悔しがりました。

「ふいー汗かいた。

百瀬ちゃんも一緒にお風呂入る?

なんて 風邪染っちゃうね。ははは」

そんな風に言ってくる二葉の服を掴んで

「は・・・入ります」

ともずは返事しました。

ーーそうは行ったけど、彼氏とお風呂入るの初めてなもずは

結構恥ずかしいなと思いながら脱衣所で服を脱ぎ始めました。

「はい リラックスリラックス」

二葉がそう言いながら後ろから抱き着いてきました。

「百瀬ちゃん性欲ないと思ってた」

そう言われたもずは

「それはこっちの台詞ですよ。二葉さんしたくないのかと・・・・」

と答えました。そんなもずに二葉はこう言いました。

「紳士ですからちゃんと待つよ」

ーーー2人は一緒に湯舟につかりながらキスをしました。

「お風呂狭すぎ?」

二葉がそう聞いてくるので

「狭いほうがいい」

ともずは言いました。

良い雰囲気になってきたその時・・・

プルルルル!

二葉の家の固定電話が鳴りました。

「あれ?電話なってます・・・?」

タイミング悪いなぁ・・・と言いながら、二葉は風呂を出て電話に出ました。

「はい二葉です」

そのまま黙って受話器を持っている二葉にもずは

どうかしたのか?と聞きました。

「・・・元奥さん。話があるって下に来てる。

また今度にしてもらうよ」

そう言ってくる二葉にもずはこう言いました。

「あ で でも大事なようなのかも。

わざわざ来るってことは。

私は大丈夫ですからお話してください。別室で待ってますから」

ーーー彼女はこの時ようやく気付くことになる。

恋をして世界がカラフルになった訳ではない。

自分が魔法にかかっていただけだと・・・ーーー

マンションの玄関から見えた元奥さんとは・・・

あのカフェの新人美人店員だったのです・・・!

みえ婚【巻】感想

うわーーーやっぱり週刊誌に取られていたか・・・!

五十田にもバレたし、会社も休まないといけないし

企画がおじゃんになりそうだし・・・トリプルパンチですね(汗)

これから零子どう生活していくんでしょう?大丈夫かな・・・・

そしてそして!やっと体の関係が持てると思ったら、

元奥さんがマンション訪ねてきちゃいました!!

予想してた通り、元奥さんあの新人美人店員でしたね~

めっちゃ気まずい・・・これからこっちの恋愛の方もどうなっちゃうんでしょう?

まとめ

お地蔵さんへ願ったことによって違う世界に来てしまったもずと零子。

このまま零子と九十九が婚約する世界だったなら・・・

そう思ってしまいます。ここから波乱の展開が待ち受けてそう!

次回の新しい話が出るのが待ち遠しいです!!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ