漫画ネタバレ

真夜中の主婦【1話】ネタバレ!キャバ嬢の涼香

【真夜中の主婦】ある夜、千穂が受けてしまったのは「今すぐ来て」と住所だけ告げて切られてしまった1本の不審な電話だった・・・

どうしても稼がなくちゃいけなくて、今日も夜中に家事代行の仕事をする

千穂と栗子。今日はキャバ嬢の涼香の家で仕事です・・・

【真夜中の主婦】1巻のネタバレを紹介します!

真夜中の主婦【1巻】ネタバレ!

家事代行「午前0時の主婦」深夜限定

千穂の元に、一本の電話が入りました。

「はい!深夜の家事代行”午前0時の主婦”社です。ご依頼何でも承ります」

夜のファミレスで千穂が元気よく電話に出ました。

「はい?今から”人妻2名”・・・?若くて居乳?裸エプロンで3P・・・?

うちデリヘルじゃありません!」

そう言って千穂は電話を切りました。そんな変な電話を切ってすぐに

次の電話が入りました。次の電話も変態からの電話でした・・・

「死ね!」

そう言って千穂は電話を切り、スマホを置きました。

「千穂 依頼どお?」

友達の栗子が声を掛けてきました。風俗勘違いとか悲惨・・・と答えると、

またかぁ~と栗子はため息をつきました。

「甘かったかなぁ。家事代行会社なんて・・・素人でも夜中なら

競争が少ないからいけると思ったんだけど・・・。」

そう落ち込んでいられない千穂たちは、重い腰を上げて立ち上がりました。

「とにかく仕事!今夜は川井涼香さん家」

「えーっまたあのキャバ嬢?!」

そう言う栗子に千穂は

「お客さん選んじゃいられないわ!稼がないとウチ大変なんだもん!」

そう言ってチャリにまたがりました。

千穂たち二人が深夜専門の家事代行会社を始めて3カ月・・・

まともな依頼はほとんどなく、すでに廃業寸前の状態に追い込まれていました。

ーーーー午前2時

「遅っそ!!待ちくたびれちゃって眠くなっちゃったじゃない!!」

そう言ってくる涼香に千穂たちは、

「はぁ・・・でもご依頼は2時からと・・・」

と2時ぴったりについたのに文句を言われそう言いました。

「ババアのくせに口答えすんじゃねぇよ!ボケ!」

そう言われ、部屋の中に入ると2週間前に片づけたばかりなのに

どうしたらこんなに汚せるのか分からないくらい、ごみが散乱していました。

「3時間でやってよ!掃除・洗濯・アイロン。あと一週間分の夜食も!」

そう言って涼香はソファーにふんぞり返りました。

これは3時間で終わりそうにないと思いながら、千穂たちは

手分けして取り掛かることにしました。

千穂たちが奮闘している時、涼香は客からの電話の対応をしていました。

しらじらしく男に媚びを売る様子に、栗子は言いました。

「あたしも若いころ水商売の一つくらいやっとくんだった。ああ損した・・・」

そんな栗子に千穂は、自分は美人じゃないしスタイルも悪いから無理だなと言いました。

すると栗子が、涼香のお腹の方を指さして言いました。

「何言ってんの?あの女の腹見てよ。

千穂が目を向けると、ヒラヒラした服で隠してはいますが、

ずいぶん涼香のお腹は出ていました。二人がそう言いながら笑っていると

その様子に気付いた涼香が、キレて千穂の頭から酒を掛けながら

「仕事しろ!このアホどもが!」

と言ってきました。

ーーー仕事も終わり、明け方

「ただいいま・・うう・・まだビール臭い・・・」

そう言いながら自宅に帰ってくると、いい匂いがしました。

「お帰り千穂。朝ごはんで来てるよ」

「ママおかえりなさーい」

旦那と息子のセカイが仕事から帰ってきた千穂を出迎えてくれました。

 

真夜中の主婦【1巻】感想

夜中の家事代行かぁ~ハードなことが多そうですし、

相手はろくでもない人が依頼してきそうな時間帯ですね。

でも夜中に家事代行を求めている人はいそうなので、

需要がありそうですね~

まとめ

千穂はどうしても稼がないといけない理由がありそうです。

子供もいて、旦那もいて・・・

夜中に働く理由は何なのでしょうか?気になるところです・・

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ