漫画ネタバレ

ママに王子は要りますか?【ネタバレ3話】肝が据わる

「ママに王子は要りますか?」家事も育児も一切しない夫と別れ、えみほはシングルマザーに。なにかと支えてくれる鍼灸師の佐原に恋心を抱くも、1人きりでの育児と仕事に憔悴の日々を過ごすが・・・?

ある日息子の渉が高熱が出て引きつけを起こしパニックになったえみほ。

頼ったのはたまたまさっき電話をかけてきたチャラ男・リョウで・・・・?!

「ママに王子は要りますか?」3話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

ママに王子は要りますか?【3話】ネタバレ!

まさか自分が自ら進んで「すぐヤれるシングルマザー」に成り下がるなんて、

助けてもらったからってチョロすぎないか?

そう思いながらも結構ガッツリ抱き合ったえみほとリョウ・・・

でも、この関係は「今日限り」と強く心に決めていたえみほは

事を終えるとすぐに服を着て、これっきりリョウとは会うことはないだろうと

見送りました。

そして恋人にもできない男とヤッてしまったという前代未聞の冒険を

おかしたえみほは不思議と逆に肝が据わったのです。

恋はしようと思えばいつでもできますが、渉の小さい時は今しか見れない!

なのでその成長を一瞬でも見逃したくないと思いました。

ーーー翌年、正月

えみほは頼るまいと思っていた実家に渉を連れて帰省しました。

両親は孫が可愛くて色々よくしてくれ、実家は楽で天国でした。

あっという間に渉も1歳を迎え、歩き始めました。

実家に帰ると母親が「渉の為にも早く再婚しなさい」

と口酸っぱく行ってくるので、えみほは耳にタコでした。

渉の幸せを考えてないわけではありませんが、

父親がいないと不幸になると言われてるみたいでモヤモヤしてしまいます。

確かに強くて頼れる人がそばに居たらどんなにいいだろうと思いますが、

その人が「父親」に向いてるかどうかは別の話なんだと思いました。

年明け保育園に向かうと、その道中で見かける男性たちを

「渉の父親候補」として値踏みしてる自分がいました。

いかん!と思いつつ、えみほがストレスでその帰り道に渉を連れてドカ買いを

してしまい、大きな荷物を両手一杯に抱えて歩いていると

目の前からタイプの男性が歩いてきました。

見るだけならタダだしいいよね!と思ってチラ見していると、

なんと!その男性は私服姿の佐原だったのです!

よりによってダサイ&スッピンの姿で会うなんて・・・・!

えみほがドギマギしていると、

佐原はこちらに気付き、声を掛けてくれました。

そして渉にも笑顔で挨拶をしてくれ更に重い荷物を家まで運んでくれることになったのです!

佐原と渉と3人で歩いてるなんて奇跡!会話をしつつ、ドキドキしながら歩きを

進めました。

自宅につき、佐原が「あまり無理をしないようにしてくださいね」と

優しい言葉を掛けてくれ去って行こうとするので、

なんだか切なくなったえみほは駆け寄り、

前に貰った名刺の夜間出張診療はまだ有効でしょうか?と聞きました。

すると「はい もちろん」と言ってくれたので、

また近々予約しますのでとえみほは真っ赤な顔でそう言いました。

ーーー家に帰ってもドキドキは止まず、

アラフォーの女が女子中学生みたいで恥ずかしい・・・・!そう思いました。

でも、恋ってすごいパワーをくれるし生きる活力が湧いてくるもの

だから、ささやかな片想いくらいは許されるよね?

えみほはそう思いながらその日は眠りにつきました。

ーーー数日後、今日は大手出版社での初仕事です。

苦労して投資田企画の第一弾で、イケイケの女性幹部へのインタビューから始まりました。

インタビュー中は専属カメラマンの青池という男性がつくということで、

軽く挨拶をしました。

ーーー40分後、えみほがシングルマザーであることを

女性幹部に話すと、シングルになった理由を聞かれ「離婚」だと話すと、

一気に態度が変わり、

「ただでさえ片親で寂しい思いさせたうえに、

まだ1歳の子を他人に預けてキャリアアップですって!?

それってエゴじゃないの!?

と言われ、どうして初対面の人にそんなこと言われなきゃいけないの?

そう思ったえみほはこう反論しました。

「仕事内容を批判されるのは構いませんが、

私の人生までとやかく言われたくありません!

それに・・・今の発言世間で頑張ってる片親家庭みんなに対して失礼ですよ!」

2人の間で火花が散り、その場に一緒に同席している青池はあわあわしています。

「これ以上話のかみ合わない人間とは仕事できないわ!失礼!」

そう言って女性幹部が部屋から出て行き、

せっかく苦労して通した企画第1回目が頓挫してしまいました・・・

ーーーその後、青池にせっかく撮ってもらったのに

この企画ダメになりそうですとえみほが謝ると、

あの女性幹部はクセが強くて社内でも有名でハズレでしたねと明るく

笑ってくれました。次はないかと思いますが、また何かありましたら

よろしくお願いしますと言ってえみほが悔やさを胸にその場を立ち去ろうと

すると、後ろから青池が追いかけてきました。

青池は悔し涙を流しているえみほに、別の部署の女性幹部にアポを

撮ったので午後1で45分だけなんですけどどうですか?

と言ってくれました。どうしてそこまで・・・?そう思いましたが、

その優しさに救われ、えみほは笑顔になることができました。

ーーー午後からのインタビューは青池のお陰で無事に成功でき、掲載することができました。

翌週、メイの紹介で外国人の人に日本語を教えるボランティアに

参加することになりました。初めは緊張しましたが、自己紹介や職業を聞いてたら

話が盛り上がってきました。

みんな日本語上手で、日本に来て思った事や悩みの質問を受けましたが、

日本人として謝る事が多すぎて、シングルマザー以外にも

偏見や差別を受けてる弱者がこんなにいることを知りました。

自分ができることで何か世の中を少しでも変えていければいいのですが、

現実は仕事と子育てで手一杯で、ほんとに自分はちっぽけな存在だなと

無力さを感じました。

ーーー翌日

今日は佐原の出張マッサージを受ける日!

えみほは佐原が来る前に家の掃除をしっかりし、夜食を作り、

渉にご飯を食べさせて、念入りに自分はお風呂に入り、

早くから渉を寝かしつける様に頑張りました。

しかし今日に限って渉は中々寝てくれず、やっとの眠ったのは21時56分でした。

あと少しで佐原が来ると思うと、ウトウトしてしまい

そのまま疲れて眠ってしまったえみほがハッと起きたのは22時35分!

約束の22時を30分以上もオーバーしていました。

LINEを開くと、ドアの前で待ってますという内容のメッセージが

大分前に届いてました。「やってしまった!」急いでえみほが

ドアを開けると、真冬の寒い中佐原が外で待っていてくれたのです・・・!

ママに王子は要りますか?【3話】感想

シングルマザーには厳しい目が向けられることも多いけど、

周りに助けてくれる人も少しながらもいてよかったなと思います。

でも、仕事をバリバリやる上では差別的な考えがある人がいるっていうのは

辛いですよね・・・だって、独身女性で仕事が出来ても恨まれるのに

シングルマザーでともなるとその倍以上ですよね・・・

外人さんに対してもそうですし、もっと生きやすい世の中になればいいなと思います。

まとめ

寒空の中、外で待っていてくれた佐原。

その優しさと待たせてしまった申し訳なさで涙するえみほですが・・・?

次回の話の続きが気になります!

ママに王子は要りますか
ママに王子は要りますか?【無料】最新刊まで全巻イッキに読む!『ママに王子は要りますか?』無料で最新話まで読む方法!頑張れ!ママさん!!大育児に協力しない夫…夢見た幸せな日々はもろくも崩れシングルマザーとなってしまった。気合いをいれても理不尽な偏見や次々おこるトラブルに体と心は限界寸前...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ