漫画ネタバレ

くびすじに甘噛み【3話】ネタバレ!結局「うなじ」?

【くびすじに甘噛み】建築デザイナーとして働く那須野みずほのサポート役としてNYから浅間将輝が入社して来た。以前、婚約破棄によって深いトラウマを抱え、1人で生きて行く覚悟を決めたみずほにとって、浅間のサポートは煩わしく・・・?

サポートも完璧にしてくれて仕事の関係最高だとみずほは浅間に対して思っていますが、

恋愛対象で見るかと言われると、やっぱり昔の事があって考えてしまい・・・?

【くびすじに甘噛み】3話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

くびすじに甘噛み【3話】ネタバレ!

「この人に合うドレスを」

浅間が店員にそう言うと、みずほは店員に奥へ連れていかれました。

そしてドレスを着て出てきたみずほを見て

「先方はアパレル関係ですよ。

着てるものは見られてます。

それに向こうの感覚で「パーティー」といったらこのくらいが普通です。

この綺麗なうなじも見えたほうがいいですし」

と浅間は言うと、支払いを事前に終わらせており

これは今回の仕事が決まった自分からのお祝いなんでとみずほに言いました。

そしてヒカルさんだけみずほのことを呼び捨てなのか?と浅間が聞いてきたので、

同期だからだよとみずほは答えました。

「じゃあ僕も名前で呼んでいいですか?みずほさん

名前で呼ばれたみずほは一瞬ドキッとしましたが、

自分は今まで通りに呼ぶからねと浅間に言いました。

そして、浅間といるときは肩の力が抜けるし

編に女扱いもされないから、これがNYスタイルなのかな?と思いました。

ーーーパーティー会場に着くと、すごいお屋敷での開催に圧倒されました。

中もリノベされていて、2人は参考までに色んなところを

目をキラキラさせて見てしまいました。

主催者でクライアントのビアンカが、みずほのドレスを見るなり

褒めてくれました。

そのパーティーは煌びやかで、みんな着飾っていて

外国人もモデルも多いなとみずほが思っていると、

飲みものを取りに行った浅間が、知り合いなのか

髪の毛をアップにしてうなじが見えている女性に声を掛けられている

のを目撃しました。

その瞬間、みずほの心はズキっと痛みました。

【なにこれ・・・嫉妬?そっか私 浅間くんのこと好きなんだ】

自分の気持ちにようやく気付いたみずほでしたが、

そんな感情いらないと浅間を突っぱねたのは自分なので今更遅いと思いました。

みずほをビアンカが参加者に紹介していると、

着ているドレスは新作の物で高い事をその中の1人が教えてくれました。

そんな値段するなんて!とビックリしていると、

浅間がやってきました。すると、その中の1人が

「あらー?あなた見たことあるわ。

思い出した!アメリカのTV番組で見たんだわ!

インテリアのコンペティション番組よ!」

と言って来たのです!話によれば、優勝はしなかったものの2位

を受賞したと聞き、その話を知らなかったみずほは

そんなに凄い人だったの!?と驚きました。

ーーー2人きりになり、みずほはそのことを浅間に問い詰めました。

すると、浅間はこう話し始めました。

「TVに出たのは本当です。

若いアジア人の僕があっちで仕事取るにはてっとり早くて・・・

それきっかけれNYの建築事務所から声を掛けられたし・・

ちょっと有名になったおかげでセレブとも仕事して・・・

だから・・・お金に関しては気にしないでください。

みずほさんがメイクしたの見てたら、

僕がドレス姿のあなたも見てみたくなったんです。」

浅間はそう言うと、みずほを抱きしめて

「綺麗ですよ・・・みずほさんの「うなじ」

と言いました。それを聞いたみずほは

自分じゃなくて「うなじ」が好きなんだと思い、

「やめて!」

と言って浅間を突き飛ばし、その場を走り去りました。

みずほは婚約していた時と同じ気持ちがフラッシュバックし、

好きだと思えば思うほど触れられるのが怖くなってしまったのです。

「ばかみたい・・・・」

1人で中庭に面したベンチに腰かけていると、

「あー帰りてー」

独り言を言いながら男性が外に出てきました。

ベンチにみずほが座っているのに気づくと、

「なぁ 人多くて疲れねぇ?」

と聞いてきました。いきなりなんだとみずほは思いながら「そうですね」

と答えました。

「俺今日はがっつりらラーメン食いに行くつもりだったのに!

なのに急に連れてこっれてさー」

男性が食べに行きたかったというラーメン屋の名前を聞いて、

自分がインテリアデザインした店だとみずほは言いました。

そして名刺をみずほが渡すと、

「仕事依頼したらうまいラーメン屋情報もくれる?」

と男性が言ってきたので、人懐っこい人だなぁと思ったみずほは

笑顔で「いいですよ」と答えました。

「けど、ラーメン食うのにその髪型は邪魔じゃねぇ?

もうちょいこう・・・結べるくらい・・・」

男性がそう言ってみずほの髪を触れてきた瞬間!

その手をガシッと浅間が止めました。

「触らないでもらえますか」

なんだかすごく怒ってる浅間にみずほは動揺しました。

「おー怖えー怖えー。番犬がいたのか。

男性はそう言うと、名刺を渡して退散していき、

そこには”代表取締役社長 朝日翼”と書いてありました。

ーーーその帰り道、

電車に乗りながらみずほは浅間にこう聞きました。

「あのさ・・・あの男の人と話してた時だけど・・・

なんであんなに怒ったの?あの人がうなじに触ろうとしたから・・・?

それともーーー・・・」

ガタンっ!

大きな音がしたかと思うと、人身事故の影響で乗っていた電車が止まってしまいました。

仕方ないのでタクシーに乗ろうと次の駅で降りると、

同じことを皆考えてるので、タクシー乗り場にはすでに長蛇の列が出来ていました。

困っていると大雨が突然降ってきたので、

止みそうにないと判断した2人はこの辺で泊まることにしました。

ホテルに着くと、今はダブルベッドの部屋しか空いてない

言われみずほが迷っていると

「僕はいいですけど・・・」

と浅間は言ってきましたが、どうすればいいのか決めかねていると・・・・?!

 

くびすじに甘噛み【3話】感想

浅間ってTVに出るぐらいすごい人だったんですね!!

NYで評価されてるとかヤバイ!!

そら仕事出来ますよね~!あちらには武者修行しに行ってたようだから、

なんでも頼りになっちゃうわけです。

そして!浅間のライバルな男性・社長の朝日が登場してきました。

こちらもイケメンだわ~。そして話が上手い!

浅間は事あるたびに「うなじが好き」とか言うから、

みずほはトラウマもあって素直に好きへの答えを出せずにいますよね~。

余計な一言言わなくていいから「ただ君が好き」と言ってくれぃ!!

まとめ

電車も止まって大雨に降られた2人は近くのホテルに泊まることに!

でも、ダブルベッドの部屋しか空いてなくて・・・?!次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ