漫画ネタバレ

この恋はフィクションではありません!【9話】ネタバレ!あなたと一緒にいたい・・・

【この恋はフィクションではありません!】書店で働く大学生・三春美緒は、平凡な日常を過ごしていたが、ある日ひょんなことからイケメン人気作家・新野ハルカに対し、多額の借金を背負ってしまう・・・!

新野がなぜ女性が嫌いになったのか?その真相を

美緒に新野が自分の過去の話から語り始めました・・・

 

【この恋はフィクションではありません!】9巻のネタバレを紹介します!

この恋はフィクションではありません!【9巻】ネタバレ!

「三春さん・・・な なにして・・・」

目の前で髪をハサミでバッサリ切った美緒に、新野は唖然としました。

「新野さんばっかり頑張ってほしくないです。言ったじゃないですか?

私だってまだここで働きたいんです。

だから、私 長い髪なんか要りません。

こんなもののために、新野さんとの時間を失いたくないです・・・!」

こんなことをしても新野の傷が言えるわけじゃないし、

根っこからの解決にはならないことは美緒は分かっています。

それでも、短絡的だと呆れられても、みっともないと笑われても

美緒は新野と一緒に過ごしたいのです・・・・

「こんなものって 君・・・」

新野は美緒の大胆な行動に力が抜けて床に座りました。

そして・・・

「私 新野さんのことが好きです。」

そう告白しました。何も反応しない新野に美緒は

「驚かないんですね」

と言いました。すると新野は

「・・・薄々気付いていた。借金の形だってのに

君は楽しそうに働いてくれて、それだけなら単なる本好きとも捉えられた。

だが、昨夜の君の様子は縋るような必死さで・・・」

と言って、座って話そうと床から立ち上がりました。

「・・・離れていても相手の事を考えていたり、

良くも悪くも心を揺り動かされたりすることを、

”好き”・・・というんだろうな。

君も本を読むなら分かるだろ?世の小説には恋の描写がごまんとある。」

そう話す新野に美緒は

「新野さんも私のことを考えてくれてましたか・・・・?」

そう聞くと新野は

「・・・考えたよ。君の事を好ましくも思っている」

と言うので、美緒はドキっとしました。

「だがこれが恋心かと問われると、肯定できないのが正直なところだ。」

その後こう言われて、美緒は期待してしまった・・・と恥ずかしく思いました。

現実は物語のセオリー通りには行かないって知っているのに、

自分の都合のいいように解釈するなんてバカだとまで思ってしまいました。

美緒の様子を見て新野はこう言いました。

「・・・こういうことを言うと、また君を困らせてしまうな。

恋愛関係にはセックスが当然ついてくるだろう?

プラトニックな愛というものが世にはあるのだと知られてはいても、

現実、常識的に言うまでもなく、肉体の結びつきも求められる。

が、俺は”近寄れない”。だから告白されても受け入れたことはなかったし、

そもそも女性と親密になる事を避けていたから、誰かに恋心を抱いたこともなかったんだ。

・・・・・無かったんだよ

悲しそうな顔をして、そう言う新野に美緒は

何と声を掛けていいのか分かりませんでした・・・

 

この恋はフィクションではありません!【9巻】感想

そうか・・・そらこんだけイケメンだったら

何度も告白されてきけど、女性が苦手で触る事も出来なかった新野は

ずっと断り続けて女性と付き合ったこともないし、

女性経験もしたことがないんですね・・・

母親にされたことのトラウマで、恋愛もまともにすることも出来ない状態になってしまい

本当に可哀想で仕方ありません。

もしかしたら、今までも新野の事を本気で好きで

大事にしてもらえるような女性に会っていたかもしれないのに

このトラウマのせいで、そのチャンスでさえ逃していた可能性だってありますもんね。

まとめ

目の前で悲しい顔をする新野になんて声を掛けてあげたらいいのか・・・

でも触れることも出来ないし・・・このもどかしい状態を

美緒はどう解決に導いていくのでしょうか・・・?

次回の展開が見ものですね!!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ