漫画ネタバレ

こんな結婚、おことわり!【3巻】ネタバレ!私、働きたいです

【こんな結婚、おことわり!】29歳の誕生日に結婚詐欺に遭った小松万莉。途方に暮れてやけ酒していると上品なオジサマに声を掛けられて・・・?

この生活から脱出しようと何度もチャレンジしますが、そのたびに美人秘書の小野寺に止められてしまいます。このままじゃいけない・・・そう思っていた矢先、いつも会社に戻って帰ってこない慧が今日から一緒に寝ると言うのです・・・!?

【こんな結婚、おことわり!】3巻のネタバレを紹介します!

こんな結婚、おことわり!【3巻】ネタバレ!

朝、慧は息苦しさで目が覚めました。

すると慧の首に凄い力で万莉が縋りついて寝ていました。

確かこっちには入ってくるなって言ってなかったか?

と思いながら、慧が万莉の手をほどくと

また腕にしがみついてきて

「・・・おいていかないで」

と涙を流して万莉は寝言を言いました。

万莉が腕にしばみついて胸を押し付けてくるので、

慧は必死で身体を離しました。

「勘弁してくれ・・・・」

慧がため息をついていると、万莉が慧のあごにカウンターをくらわし目を覚ましました。

ーーー朝からやってしまったと万莉が思っていると、

慧の朝食が飲み物だけなのに気付きます。

いつもこうだと言う慧に、万莉はありもので朝食をパパっと作りました。

「簡単なやつですけど、よかったらどうぞ・・・」

そう言って慧の目の前に朝食を並べました。

朝はしっかり食べないといけませんよ!と万莉が言っている間に慧は

朝食をもくもく食べ続け、

「・・・うまい」

と感動していました。そう言われた万莉は驚きました。

「久しぶりに朝からこんなに食べたな。美味しかったありがとう」

お礼まで言ってくる慧に、万莉は拍子抜けしてしまいました。

そして、食器も片付けようとする慧に自分が片付けますよと言うと

「してもらったなら返す。当然のことだ」

そう言って洗い物をし始めました。

万莉はそういうところはちゃんとしてるんだなと感心しつつ、

ご飯作って誰かにお礼言われたのは久しぶりかもと嬉しくなりました。

しかし、すぐに我に返って慧は倒すべき敵なんだから、

惑わされてはダメだ!と思い返しました。

仕事にもう行くと言う慧に、万莉はひとつお願いをしてみたのです。

それは・・・・外で働くことでした!!

万莉がこの結婚に納得していないのに、養われてるなんて気持ち悪いし、

このまま何もできないままでいるのは嫌なんです!と熱く訴えると、

慧は快諾してくれました。ただし慧の目の届くところで働くのが

条件と言う事なので、とりあえず妻ということは伏せて

慧の会社で働くことになったのです。

慧が秘書の小野寺に何で万莉が会社で働くことになったのか聞かれたので、

「・・・朝からホントうるさかった」

と言うと、小野寺は笑いながら

「誰かに振り回される慧様を初めて見ました」

と言いました。そう言われた慧は、ただ楽して暮らすことだってできるのに

変わった女だと万莉のことをそう思いました。

ーーー慧の会社はエリート企業とは聞いていましたが、

なかなかの激務で初日から万莉は目が回ってしまいました。

「小松さん よかったらお昼一緒にどうですか?」

同僚の人たちに誘われて、一緒にお昼を食べ女子トークに花が咲きました。

「で?小松さんは彼氏いるの?」

そう聞かれた万莉は

「彼氏・・・は・・いないかな」

と答えましたが、心の中で夫はいるけど行っていいものかと思いました。

「そういえば事務の林さん!結婚詐欺に遭ったらしいよ!

根こそぎもってかれちゃったんだって~。

まぁひっかかる方もどうかと思うけど、よっぽど焦ってたんじゃない?」

タイムリーな話に、万莉は他人事とは思えませんでした。

そして、自分は焦っていたんだろうか?と疑問に思いました。

万莉はずっと側に居てくれるという人が、

そういう確かな約束が欲しかっただけなのです。

誰にも必要とされていないという思いも、1人取り残されるという思いも

もうしたくはありませんでした・・・

ーーー家に帰ってからも、そのことばかり考えてぼーっとしてしまってました。

慧に呼ばれても聞こえず、何度目かでやっと気づきました。

「酒を貰ったんだが、俺は飲まないからお前にやる」

そう言われた万莉は、酒が苦手だと言う慧に

お酒で潰してから離婚に承諾させればいいんじゃない?と

これは大チャンスだ!と思い、慧に一緒に飲まないかと誘いました。

断ってくる慧に万莉が

「もし付き合ってくれたら明日からも朝ごはん作りますよ?」

と言うと、慧が簡単に乗ってきました。

ーーー数時間後

完全にお酒で酔ってしまった万莉の横で、慧は平然としていました。

「あの・・・お酒弱いんじゃ・・・」

と言う万莉に慧は

「別に弱いとは言ってない。味が好きになれないから苦手なんだ」

と答えました。

「君は好きなくせに弱いんだな。俺を出し抜こうとしたみたいだが残念だったな」

そう言って慧に笑われた万莉は全部バレてる・・・と悔しがりました。

「・・・ほんと馬鹿な奴って思ってますよね?

結婚詐欺の次は形だけの夫婦ごっこに付き合わされて・・・・

慧さんには未来を見てるって言ってもらったけど、

それだって現実kら逃げたいだけの強がりに過ぎないのに・・・

こんなんだから皆どっかにいっちゃうのかな・・・・」

万莉が悲しそうな顔でそう言うと

「・・・よくわからないな。詐欺の件は相手が100%悪いだろ?

なんで気味が悪いみたいになるんだ?それに強がりでもいいだろ。

そんな時でも強くあろうとする奴を、俺は馬鹿だとは思わない

そう言ってくれる慧の言葉に、不本意にも万莉は励まされてしまいました。

ーーしかしその気持ちを打ち壊すかのように

「まぁでも、その歳でそんなに騙されやすいのはどうかと思うけど」

と慧が言うので、誰のせいで!!と万莉が言って椅子から立ち上がると

バランスを崩して慧の方へ倒れてしまい・・・

キスをしてしまったのです・・・・!!

やってしまったーーー!そう思い、万莉はすぐ状態を起こしました。

「ごっごめんなさい!!」

冷たい反応が待ってると思い、万莉が必死に謝り倒すと

慧から何も反応が返ってこないので、万莉は慧の顔を覗き込みました。

すると・・・

顔を真っ赤に染めて口を抑えている慧がそこにはいました。

そしてよろよろとリビングを出て行ったのです?!

 

こんな結婚、おことわり!【3巻】感想

朝食作ったらそんな反応されたら素直に嬉しいですよね♡

ていうか、後片付けもするなんて育ちが良いなって感じます。

そして、このまま養われるのは嫌だと万莉は頼み込んで働くこととなりました。

そこでも結婚詐欺に遭った人の噂を聞いて、

他人事ではないなと落ち込む万莉・・・もしかして同じ彼氏だったりして?!

なわけないか・・・(笑)

倒れ込んでしまった時にキスしてしまった万里と慧ですが・・・

慧の可愛い反応を見て、私は女性経験がないんじゃないかと推測しましたが・・・

真相やいかに?!

まとめ

キスしたら真っ赤な顔でリビングから出ていく慧を見て、

万莉は驚きました。可愛いですよね~♡ここからお互い意識し始めるのでは

ないでしょうか?これからの展開に期待します!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ