漫画ネタバレ

恋の呪いは愛で解け【30話】ネタバレ!1枚壁の向こう側で・・・

【恋の呪いは愛で解け】「感じやすいんだね。プロの人みたいで萎える」初めての男性か言われた一言で深く傷ついた香澄。同じく恋愛にトラウマを持っている黒川にその秘密を知られ・・・?!

意識しすぎて仕事にならない!そんな出張をこなした香澄。

あっという間に夜になり、仕事だけして1日が終わってしまい・・・?

【恋の呪いは愛で解け】30巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ試し読みでチェック/
【まんが王国】無料試し読み!

恋の呪いは愛で解け【30巻】ネタバレ!

黒川となんとか進展したいと、この出張に臨んだ香澄でしたが

だからって一体何をしたらいいのか分からず、

ホテルの部屋でシャワーを浴び、寝転ぼうとしていた時

黒川から電話が掛かってきました。

ドキドキしながら香澄が出ると・・・

『あ 杉咲?明日の朝だけどさ、9時から出るから準備しといてな』

そう言われたので、「なんだ業務連絡か」と香澄はテンションが下がりました。

すると、黒川は続けてこう言いました。

『あとさぁ・・・・もしかして俺なんかした?

お前今日なんか変だったから俺のせいなのかなーって・・・』

その言葉を聞いた香澄は、黒川は自分の事気にかけてくれてたんだと思うと

嬉しくなりました。

「・・・別になにも。ごめん」

香澄がそう答えると、

『嘘つけ!じゃあなんでメンテのときあんなキョドってたんだよ』

と言われ、ギクッとしました。

「だから・・・それは・・・その・・・

キスのこと思い出して恥ずかしかったの!

香澄がそう言うと、

『・・・・今壁の向こうからも声聞こえた。

もしかしてそこにベッドあんの?』

と言われたので壁薄すぎ!とホテルにツッコみました。

『あ 俺が何言ってるか当てて』

面白がっている黒川はそう言うと、電話を切りました。

何を言うつもり?子供みたいと香澄は思いながらも、

黒川の部屋の方の壁に向かって耳をつけました。

すると・・・

「今日の取引先の人、ずっと歯に青のりついてた」

と言ったのが聞こえたので、思わず香澄は吹き出しました。

そして、黒川に電話をし「思い出させないでよ!」笑いをこらえながら

答えを伝えました。

「・・・じゃあ今度は黒川が当ててみて」

香澄はそう言って電話を切ると・・・

「・・・黒川は私の事どう思ってる・・・?」

とドキドキしながら言ってみました。

そして電話が掛かってきたので、もし本当に聞こえちゃってたら

この先どうなってくのだろう?と香澄はドキドキしながら電話に出ました。

『・・・・杉咲。なんっっっも聞こえねーけど、もう喋った?』

香澄はちょっとホッとしながらも、「黒川のアホって言ったのよ」と嘘を言いました。

もう終えようとしたその時、黒川が最後にもう一回と言って来たので

呆れながら香澄が壁に耳を近づけ、電話を切ろうとすると

「こっちの部屋来ねぇ?」

電話を切る前に電話からも壁からも黒川の声がそう聞こえてきたのです・・・

―――今の私は黒川にとってただのリハビリ相手で、

でもいつかリハビリ相手ですらなくなってしまうーーー

そう思った香澄は

「そ そっち行ったら・・・またキスしてくれる・・・?

どんなキッカケでもいいから黒川に自分の事意識して欲しいと思い、

そんなことを口にしたのです。

すると、黒川の部屋からドタドタ音が聞こえたかと思うと

コンコン

こちらの部屋をノックする音が聞こえたので、

香澄が部屋を開けると黒川が入ってきてすぐにキスをしてきたのでした・・・・

 

恋の呪いは愛で解け【30巻】感想

ぁ―――――最後の終わり方好き・・・♡

ドキドキしマックスなんですけど!!最高!!

もういいじゃん!もっと先まで進もうぜ!!このまま黒川に身を委ねてください!!

かなりじれったいですが、恋愛にトラウマを持った2人が恋すると

こんな感じになっちまうのかなって思いますが・・・まぁ、特殊かな?

これからの進展に期待します!!

まとめ

抑えきれず香澄の部屋に押し入ってキスをしてきた黒川。

香澄は黒川に自分の事を意識して欲しいと思っていて・・・?

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ