漫画ネタバレ

鬼獄の夜【8話】ネタバレ!何か隠してる

【鬼獄の夜】その閉ざされた村には、人を喰い、女を死ぬまで犯す鬼がいた・・・楽しかったはずの幼馴染たちの小旅行は呪われた廃村に迷い込んだことによって地獄絵図と化す。

晴馬たちを助けに来た円花たち。

洞窟で雨宿りをしていると、崩れ落ちたのです!反対側の出口に向かうと

そこは崖・・・その眼下を見下ろすとそこに”贄取塚”が広がっていて?!

【鬼獄の夜】8話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国

鬼獄の夜【8話】ネタバレ!

銃を持っているのは何故なのか?と美空は仕切りに

柴につっかかりました。

聞けば柴はこの辺の名士で、10年前に先代の父親を亡くして

若くして神職を継いだそうです。

それから地元でも信頼の厚いと灰原は言いますが、

美空にはとてもそのような人物には見えませんでした。

【灰原を見た途端変わった態度・・・

この男からは違和感しか感じない。絶対何か隠してる・・・】

そうしているうちに小屋に到着しました。

「ああ そうだ灰原さん。次の奉納祭について

相談があるんだけどいいかな?」

そう言って灰原は連れ出され、美空と黄瀬は2人きりになりました。

美空はじっとしてられないと言い、晴馬を探しに行くことにしました。

「黄瀬くんは先に下山して通報を・・・」

次の瞬間!

黄瀬が美空の首に噛みついてきました!

いつもの黄瀬じゃない!そう思った美空は抵抗しますが

すごい力で逃げられません。

「ずっと好きでした。やらせてください」

血の流れる首筋を黄瀬が舐めてきました。

「何言ってんの!ふざけないで!!」

ーーーその頃、柴はインドアな灰原がどうしてここにきちゃったかな~と

呟いていました。すると、

「インドアは否定しませんが、興味があったんですよ。

異様に少ないんです。贄取塚の文献。

廃村になったのは戦前、100年も経ってないのに

元住民やその子孫の行方はほぼ不明。

確認できるものは写真が数点と言い伝え程度の曖昧な資料だけ。

こんなに少ないと何か意図でもあるような気がして

・・・柴さん さっき遭遇したのは顔無し鬼です。

灰原がそう言うと、「僕はそんなの見たことないよ」と柴はしらを切りました。

「曖昧だと思ってた伝承はすべて本当なんじゃないかと今は思うんです。

柴さん、他に何か知ってる事はありませんか?」

そう聞かれた柴は

「じゃあ灰原さん・・・贄獄神社の柴家は

鬼の子孫だという伝承も本当だと思う?

と逆に聞いてきたのです・・・・

ーーーーその頃、美空は黄瀬に襲われて身動きが取れませんでした。

「なんでこんなこと・・・お願いやめて!!」

黄瀬の目と肌は人間のものではないものに変化し始めていて、

美空は怖くなりました。

【このままじゃ ダメだ!!】

「こんなの 黄瀬くんじゃない!!

黄瀬くんは こんなことする人じゃないでしょ」

美空が必死にそう言うと、一瞬商機を取り戻した黄瀬は

「あ・・・う お 俺・・・」

と言って震え始めました。

すると、黄瀬の目からミミズのような虫がボトッと落ちました。

「美空さ・・・逃げ・・・て・・・」

「黄瀬くん!?どうしたの・・・何があったの?!」

美空が心配して近づこうとしてくるので、

黄瀬はこれではいけないと思い、小屋を突き破って飛び出しました。

すごい音がしたので、灰原が慌ててやってくると

美空の服は破かれて凄い姿になっていたので驚きました。

「美空さんどうしたんですか!?」

灰原がそう聞くと、

「今すぐ黄瀬くんを追いかけないと!!

突然正気を失って・・・苦しみ出したと思ったら

眼から虫が出て、外に1人で飛び出しちゃって・・・

あれが黄瀬くんの目から出てきたの!」

美空が必死にそう言いながら虫の方を指しますが、

さっきまでいたはずの虫が消えていました。

その後、柴はその部屋に入ってくると

「僕が見てくるよ。灰原さんたちはここにいて。

二次遭難にでもなったら迷惑だよ」

そう言って美空をギロっと睨みました。

自分達で追うと美空は言いますが、灰原は柴の言う通りにしようと言いました。

ーーーその後、2人きりになった時

「美空さん やっぱり柴さんは何か隠してるかもしれません」

と灰原は言い、柴が鬼の子孫を信じるか?と聞いてきたことを話しました。

「伝承が本当なのではと思った今では・・・

鬼が繁殖目的で人間の女性を犯していて、

柴家が鬼の子孫という説もあり得るのではと思っています。

贄取塚には・・・いや、柴家には外には明かせないなにかが・・・

その話を聞いた美空は

なんで早くそれを言わないの!?

鬼が人間と子孫を残せるなら・・・

鬼は元人間なんじゃないの?!さっきの黄瀬くんには

鬼と同じ鱗の肌が浮き出てた

と言って、やっぱり柴より先に黄瀬を見つけないとと立ち上がりましたが、

先ほどまで元気だった灰原が急にその場に倒れ込んでしまったのです・・・!

ーーーその頃、柴は倒れていた黄瀬を見つけました。

黄瀬が目を覚ますと

「あ 目覚めた?ほんと誤算だったよ。まさか灰原の連れだったとはね。

適合すれば・・・なんて思ったけど

やぱりアンタもダメだったねぇ。」

と言われたのですが、何を言ってるのか意識朦朧として分かりません。

「だってホラ アンタ死んじゃうから」

振り返ると、背中からミミズのような虫がうじゃうじゃ湧いて

内臓を突き破っていました。

驚いて叫ぶ黄瀬の息の根を止めると、柴は

「あの2人も もう帰せないねぇ」

と小屋に向かいました・・・

 

鬼獄の夜【8話】感想

あの薬は柴が開発した「鬼化する薬」だったのでしょうか?

適合とかなんとかいうので、そう言うことだと思います。

ということは、灰原と美空が話しているように

鬼を増やそうとしているってことで子孫繁栄のために

人間を襲って食べてるってこと?!増えなくていいし!何それ!!

私の予想、昔から災難のために贄を出しなさい。そうすれば救われるとか

なんとか言って裏で鬼を途絶えさせないように人の心を操作してたのは

柴家の人間たちだったのでは?と思いました。(あくまで予想です)

まとめ

黄瀬は鬼化に適合せず死んでしまった・・・・?!

このままでは美空も灰原も危ない!どうする?!

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ