漫画ネタバレ

鬼獄の夜【12話】ネタバレ!新たな鬼?!

【鬼獄の夜】その閉ざされた村には、人を喰い、女を死ぬまで犯す鬼がいた・・・楽しかったはずの幼馴染たちの小旅行は呪われた廃村に迷い込んだことによって地獄絵図と化す。

エリカに貰った鍵で行く先は罠か、それとも・・・・?!

そこに現れたのは狐の面を被る女たち。

その女たちは柴家に命令され、ここにいると話すが・・・・?

【鬼獄の夜】12話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

鬼獄の夜【12話】ネタバレ!

「それは私の男よ」

美空のそんな話を女は笑いました。

「ほほほほ。貴女そんな理由で出してもらえるとでも?

殿方は処分するだけのモノ・・・必死なものではありませんわ。

大体パートナーを易々差し出すなんて・・・」

女がそう言うと、

「勘違いしないで。彼は私の男だけど私は彼の女じゃないわ。

そいつは私の言うことをなんでも聞く・・・それだけよ。

そんなんでも目の前で死んだら夢見が悪いし、

私の男が不能だと思われるのも癪に触れるわ。」

と美空は話しました。

その話を聞いた他の女たちは興奮気味に

「じゃあ早くやって下さらない?

私、もう火照りが収まりませんの。」

と言うと、壱と呼ばれる女にこの部屋から出れないんだし

いいじゃないと言いました。

「仕方ありませんね・・・今一度鍵を確認なさい」

そう言いました。

OKが出たとなればこっちのものだと美空は思いました。

ーーーそして、灰原にまたがると美空は愛撫をし始めました。

その姿を見ていた女たちは

「もう・・・我慢できませんわ。

ねぇ もうよろしいでしょう?早くそれを・・・」

と言って来たので、「かかった!」と思った美空は女の手を掴みました。

「盛り過ぎて隙だらけよ」

美空はそう言うと、女の首を締めあげました。

「今すぐ彼の拘束を解いて。

さもないとこのまま絞め殺す。」

何を馬鹿なことをと女たちが慌てるので

「馬鹿な事?こっちはすでに大事な人を2人も失ってんのよ。

殺される前に殺して何が悪いの」

と言いました。すると、壱が冷静にこう言いました。

「分かりました・・私たちの命は柴様のもの・・・

お許しなく死ぬことがあってはいけませんわ」

そう言って灰原の拘束を解こうとした次の瞬間・・・

ズンッ!

大きな振動と音が地下室に響き渡りました。

「どうして!?なんで・・・

外からは・・・鍵がかかってるはずじゃ・・・

どうして主様がここに!?

鬼からなるべく離れないといけないと思った美空は施錠されてる

灰原をごめんと思いながら蹴飛ばし、部屋の隅に隠れました。

すると・・・部屋の扉が開き鬼が入ってきたのですが

自分達を襲った鬼と全く違う姿の鬼が現れたのです!

動かなければ大丈夫・・・・狐の面の女たちは身を潜めますが

その鬼は視力があるのか、1人の女の顔を握りつぶして殺しました。

「死にたくない!死にたくない!」

女たちは逃げまどいますが、次々に殺されて行きました。

すると、隠れたはずだと思っていた美空たちの元へ鬼がやってきました。

壱の女は、いつもの主様と違うこの鬼に

鬼が増えるなんてことなんてあるのか?と思いました。

そして、廃墟質の扉が壊れてる事に気付きました。

「まさか昨日の遺体・・・薬が適合してましたの・・・・?!」

再現を試みていた、柴家に伝わる秘薬・・・

今まで試したものたちは腹の中で孵化した蟲に食い殺されていました。

「・・・もしかして、間違っていたのは薬ではなくて・・・

対象の人間?

もしそうなら柴様は偉大だ!そう思った壱は笑いながら

「柴様にご報告しなければ!」

1人秘密の抜け道で逃げていきました。

もう1人隠れていた女がその後に続こうとしましたが、

その抜け道の扉はキッチリ閉まっており、二度と開くことはありませんでした。

ーーーその頃、美空たちを襲おうとしていた鬼は

御園たちの目の前で声を出しながら苦しんでいました。

「あああああああ!!」

鬼が暴れたお陰で手錠が外れた灰原が美空と

「貴女も早く!!」

そう言って1人残された女を連れ出しました。

「ちょ・・・そんなヤツほっときなさいよ!」

美空がそう言うと、

「俺達には出口が分かりません。

それに見殺すわけにもいかないでしょう」

と灰原は言いました。

ーーーなんとか逃げ切った3人が外に出ると夜が明けていました。

・・・塚や塚や 鬼踊る 夜が明くまでのこと・・・

夜が明けたから・・・・鬼は苦しみだしたんですね」

灰原がそう言うと、

「まぁ その歌を御存知ですの?

お優しいだけじゃなく、博識でもいらっしゃるのね。

ますます好きになりましたわ。灰原様♡

助けられた女は灰原を気に入ったようでした。

 

鬼獄の夜【12話】感想

何!?新たな鬼が出てきたんだけど!!

やめてよ!増やさなくていいし!!

1匹だけでも大変なのに2匹とか無理無理無理!!(汗)

どうする?目が見えてる鬼だよヤバイよ。

これ逃げれないよね絶対・・・・

今まで目が見えてなかったから行けたものの、この新しい鬼は完璧っぽいからヤバイ。

そしてこの機に及んで灰原の優しさ炸裂で

女はキュンとしてしまったようですね~。

まぁ内部事情を知った女が味方になれば心強いかも!

まとめ

やっと夜が明けて静けさを取り戻しました。夜までの間に牡丹たちを探さないと!

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ