漫画ネタバレ

高嶺の上司に恋してます!【4話】ネタバレ!お守りの飴

【高嶺の上司に恋してます!】「責任取りますから!」堅物でとっつきにくいと社内で有名な三希子は、自分とは真逆の性格で、周囲から信頼もある上司・蘭太郎に密かに思いを寄せていましたが・・・?

身体の関係なんてなく、逆に吐き戻してしまって栃木に迷惑をかけてしまったと知った

三希子は自分の勘違いで変な事を言ってしまったと思い、

申し訳なさと恥ずかしさとで顔が真っ赤になりました。

月曜日にはその事を紛らわそうと、仕事に力を入れすぎて休憩を取るのを

忘れてしまうほどで・・・・?

【高嶺の上司に恋してます!】4話のネタバレを紹介します!

高嶺の上司に恋してます!【4話】ネタバレ!

三希子は買い物リストに再度目を通し、買い忘れないよねと確認しました。

すると・・・

なんと夕立に見舞われ、傘を持っていない三希子は焦りました。

とりあえず駅まで戻ろうと走り、屋根のあるところで

仕方ないけどこの雨だから止むまで待とうと思い、

濡れたところを拭こうと鞄からハンカチを取り出したとき

栃木からいつももらう”お守り用の飴”が落ちてしまいました。

地面に落ちる前にキャッチできて、よかった~と思いながら

三希子はその飴を眺めながら初めて栃木から飴を貰った日のことを思い出しました。

ーーーそれは三希子が新人の時、残業をしていると

「残業?何か手伝えることある?

新人にこの量は押し付けすぎだよなー。よっぽど清浜さんに期待してるんだな。

これ苦手じゃなかったら食べる?」

そう言って、この”べっこう飴”を渡してくれました。

当時まだ別の班だったのに手伝ってくれた栃木にお礼を言うと、

「いいって。俺も新人の時先輩に助けてもらったからさ」

と言ってくれました。その日から、三希子は栃木の事を自然と

目で追うようになっていました。---

栃木班に配属されてから本当にできる人だと改めて感じました。

そして大変な時でも一切顔に出さず

分け隔てなくいつも優しい笑顔で周りに気を配ったりしてくれるところや、

意外な好みとかも色んなところを知るたび

どんどん好きになって行きました。

それなのに、迷惑かけでばかりで情けない・・・

そう三希子が思っていると

「清浜!」

三希子の名前を呼ぶ聞きなれた声が聞こえました。

「よかった。間に合った」

「と 栃木さん。なんで・・・」

三希子がそう言うと

「窓から見えたから・・・」

と栃木が答えるので、そんなわざわざと三希子は言いました。

「くしゅん!」

三希子がくしゃみをすると

「清浜 これ・・・」

と言って、着ていた上着を栃木が肩からかけてくれました。

三希子がそんな事をされて赤面していると、

「ご・・・ごめん。おじさんくさいけど風邪引いたら・・・」

そう言いながらハンカチまで差し出してくれました。

「とりあえず拭きな。荷物持つよ」

三希子はお礼を言いながら、ハンカチで顔を拭いました。

【優しいにおい・・・】

横目で栃木を見ながら三希子は心の中で「好きです」とつぶやきました・・・

「寒いだろうし、そろそろ戻ろうか」

という栃木に、このチャンスを逃してはダメだと思った三希子は

「あ あと、5分だけ・・・お時間いただいてもいいですか・・・?」

と聞きました。そう言われた栃木は

「仕方ないな・・・今日頑張ってたから5分だけだぞ」

と言いました・・・

高嶺の上司に恋してます!【4話】感想

なになに?!めっちゃいい話~!

新人の時に栃木が残業手伝ってくれて、それから疲れた時に

飴をくれるようになったんだ~キュンキュン♡

そして、雨に打たれた三希子を窓から見てたって言っていましたが・・・

確実に雨が降ってきたけど、三希子大丈夫かなと心配して

窓の外を見ていたに違いありません!(萌)

「あと5分だけ時間下さい」

と言った三希子はもしかしたら告白しちゃうんでしょうか・・・?!

まとめ

こんなチャンスを逃してはダメと思った三希子。

なんだかこの与えられた5分で気持ちを伝えたような気がします。

これからこの2人はどうなっていくのか、

関係進展期待します!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ