漫画ネタバレ

家政夫のナギサさん【7話】ネタバレ!頑張りすぎた後輩

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の原作マンガ【家政夫のナギサさん】
花も恥じらう20代乙女の家に男!ましてやオヤジなんてありえない!?仕事バリバリのキャリアウーマンのメイと、家政夫のナギサさんのハートフルストーリー。

病院で「箸尾」という女性を見て動揺するナギサ。

これはその女性と何かあったな?と女の勘が働いたメイは

突然ナギサの家を訪れて「弱み」を握ろうと乗り込みました・・・!

【家政夫のナギサさん】7話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

家政夫のナギサさん【7話】ネタバレ!

箸尾はナギサを慕って、いつどこにいてもナギサに質問攻めをしてくるような

女性でした。いつもメモを手帳にとっている彼女は

「いつか絶対成績抜いて見せますから!」

と前向きな笑顔を見せていました。

ーーーそんな時、母親の見舞いに行ったナギサは

「アンタ何かいいことあった?表情が最近明るい」

と変化に気付かれました。

慕ってくれる後輩が出来たと言うと、母親は喜びました。

「大事にしなさいね。あんたの会社大変って聞くから」

一方その頃、研修が終わったばかりなのに箸尾はすぐに新薬担当に抜擢されました。

いつも忙しいからとゼリー飲料でお腹を満たしている箸尾を見かねて、

ナギサは自分の手作りのお弁当を食べさせました。

「うれしい~鴫野お母さん。

問屋周りの担当の数、倍になったけど私がんばれる・・・」

そんな風に嬉しがる箸尾に

「きつかったら言ってくださいね」

とナギサは言いましたが、彼女はずっと訴えていたのに

今思えばなんと無神経な言葉をかけていたんだろうと反省してもしきれませんでした・・・

ーーーナギサが取引先の院長の講演会を聞いて帰ろうとしていた時、

母親の病院から着信が入りました。

「もしもし?鴫野さんの携帯ですか?

お母様の容態が先ほど急変してーーー

手は尽しましたが残念ながらーーー・・・

支えるつもりが支えられてばかりで

自分の事よりいつもこちらのことを心配していた母が

亡くなるその瞬間、そばに居てあげることもできませんでした・・・

ーーー母が亡くなり、

遺品整理や葬式の準備をしていると箸尾から電話がかかってきました。

心配をしてくれる箸尾にナギサは

「忙しい時期に休みを頂くことになってしまって・・・

先ほど聞いた進渉も君大変でしょう。さらに仕事を増やしてしまう事に

なりそうですが大丈夫ですか?」

と箸尾に言いました。

「あの・・・鴫野さん私・・・」

鴫野が何か言いかけた瞬間キャッチが入ったので、ナギサがまた掛け直すと言うと

「あっ 大丈夫です。何も問題ないですから!

こちらのことは心配しないでください。

皆に迷惑かけないように私が頑張らないと!」

と言って電話が切れました・・・ーーー

「責任のある人が自分を追い詰める典型です。

あの時、私気付いていればよかった。気付ける場所に確かにいたのに

そう話してくれたナギサにメイは

「それでその後どうなったんです?」

と聞きました。

「葬式も終わって会社に出てみたら、

箸尾さんが交通事故を起こしてました。

・・・幸い、標識にぶつけるぐらいでケガもなかったのですが

本人が言うには「疲れていた」んだそうです」

箸尾に後日そのことを聞くと、もうどうでもよくなってアクセルを踏んだと聞きました。

「毎日もう限界ってところまで頑張っても、

明日もそれ以上頑張らなくちゃいけなくて、いつまでそれが続くんだろうって・・・

鴫野さんは・・・いつも私に「大丈夫ですか」って聞いてくれて

私も「はい」って答えてきたけど・・・すみません もう無理です。

もう・・・笑って答えられない・・・」

その後すぐ、箸尾は会社を辞めました。

同棲していた彼氏が箸尾を病院に連れて行って

心療内科で診断書が出て鬱だと診断されました。

「その時、彼女が落としていった手帳が私の戒めです。

私は母の容態が悪化していたことも気が付かず、

慕ってくれた箸尾さんの状態にも気づかずにいた。

何が人のために生きたいだ。

何がお母さんになりたいだとこれを見る度思い出します。

家政夫に仕事を移した今度こそは・・・忘れない様にしようと・・・」

ナギサがそう言うと、メイはナギサにこう言いました。

「・・私はナギサさんに面倒見てもらって救われましたよ?」

すると、ナギサは

「ありがとうございます・・・そう言ってもらえると私も救われます」

と言ってきましたが、メイは

【嘘ばっかり。私の言葉なんて届いてないくせに】

と思いました。

「今日は申し訳ありませんでした。

病院で彼女の姿を見かけてまだ彼女が治っていなかったと知って。

自分ばかりが新天地でこんなにいい思いをしていいのかと・・・少し動揺したんです」

そんな風に言うナギサにメイは・・・

「私がナギサさんにどうこう言っても

なーんも心に響きそうになりので、最終兵器を投入します

と言うと、スマホを取りました。

「もしもし。スピーカー通話で聞こえてましたか?

はい。じゃあ今玄関のドアを開けますのでちょっとお待ちください。」

それを聞いたナギサは驚きました。

「ちょっと あのメイさん 今誰と通話して・・・?」

そう聞いてきたナギサにメイは

「お昼あれから受付の女性にお願いして、彼女に連絡とってもらってたんですよねー。

こーゆーのは早い方がいいんです。私、仕事出来るんで!

他界されたお母様は無理だけど、

彼女の方はぜひ会いたいって。」

そう言いながら玄関に向い、ドアを開けました。

「かわいい後輩の箸尾さんです!」

家政夫のナギサさん【7話】感想

頑張りすぎてダメになってしまった後輩箸尾と

メイをナギサは重ね合わせて見ていたんですね~

そりゃ目の前で同じことになってしまったら、どうしようと

ナギサは必死になりますね。

そして、ナギサの母親は亡くなってたんですね・・・悲しい。

できれば亡くなる前に孫を見せてあげたかったですね・・・

そして、メイは本当に仕事が出来る女ですね(笑)

重要人物の箸尾さんを召喚してしまいました!(笑)

これで、ナギサの心のつっかえも取れてくれたらいいですね。

まとめ

メイの計らいで家に訪ねてきた後輩・箸尾。

先ほどの話はスピーカーで聞いていたようですので、

色んな話がスムーズにいきそうですね!

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ