漫画ネタバレ

かろりのつやごと【7巻】ネタバレ!ミスコン本番でのアクシデント

【かろりのつやごと】男の人と付き合うってことは、あんなことやこんなことをするって事?!付き合ったことがないから妄想するのだけど、その妄想すら正しいのかわからなくなって・・・

かろりの屋敷でミスコンの撮影をお願いした成美は、かろりと仲良くなっていました。

柊のバイト先の定食屋で一緒に食事をした後、

成美はミスコンで優勝したら柊に告白すると宣言してきたのです・・・!

【かろりのつやごと】7巻のネタバレを紹介します!

かろりのつやごと【7巻】ネタバレ!

「柊に告白する」

そう成美から聞いたかろりは、成美のそう言った時の顔が

とても魅力的に映りました。

ひるがえって自分ときたら、連絡先を聞いただけで舞い上がって

何が起こる訳でも、起こすわけでもないくせに

成美の恋が成就するのをこんな大きな体で怖いと思いながら

1人でいる自分に絶望しました・・・

ーーその頃、柊たちは学園祭の準備に追われていました。

周りの友達皆は成美が柊のこと好きなのを気付いているのに、

本人は鈍すぎて気付かないことに恋愛偏差値10くらいしかないんじゃないのと

聞こえない声でコソコソ話をしていました。

とーまと柊が成美にバッタリ会ったので、明日いよいよですなと言いました。

成美はペンを拾う仕草を見せて、美しい所作をかろりに色々教えてもらったと言いました。

実はかろりは秘書検定を持っており、

あとは母親に仕込んでもらったと言っていたそうなのです。

それと、かろりは自分の体型はこんなだから

せめて所作くらいはきちんとしないとと思って、

座り方やお茶を飲むときなど色んな所を気を付けていて、

自分みたいなものでも一割増ぐらいになりません?と成美に聞いてきたそうです。

成美はその姿を見て、一割増どころか見惚れてしまっていました。

「とにかくあの人奥が深いわ。明日は本番前にヘアメイクに来てって

お願いしてるんだ♡」

そう言って成美は本番当日をワクワクしながら迎えました。

ーーーかろりが学園祭に足を運ぶと、キラキラした若い子たちで溢れかえっていました。

そして、自分なんか場違いだなと思い、

成美がミスになり、うまくいった2人を笑って祝う自信がないと思い

その場を引き返してしまいました・・・

もうそろそろミスコンの時間になり、柊が席に着くと

成美からかろりがそこに居ないか?とラインが入りました。

『こっちにはおらんみたいやで』

と返信すると

『本番まで2時間以上あるのにもうスタンバイさせられて動けないの。

退屈―メイク崩れそう・・・コーヒー飲みたい』

と返信が来たので、差し入れを控え室に持っていくことにしました。

控え室入ると、成美がこっちこっち!と手招きしました。

普段の雰囲気と違った成美に

「おー!どなた様ですか?そんなん着るんやー」

と柊がツッコみました。

その様子を見て、他の候補者たちが

「彼氏かな?」

「激励にきた?へ~甘い♡いいな」

と噂し始めました。

「これコーヒー。砂糖いらんよな ほい」

柊が成美にコーヒーを渡そうとした瞬間・・・!

スタッフにわざと例の1位の女の子が当たり、

そのスタッフが柊にぶつかってしまい、

持っていたコーヒーが成美の衣装にかかってしまいました・・・!!

「え?あたし?え?ぶつかった?」

1位の女の子はすっとぼけたようにそう言いました。

慌てた柊は

「俺のせいや~落ちひんや~ん・・・どないしよう」

と落ち込みました。

「大丈夫だよ青井くん。わざとじゃないじゃん気にしないで」

成美は柊にそう言うと、1位のあの女睨みました。

ーーその頃、かろりは自宅のベッドで寝転んでいました。

成美のメイクちゃんとできたかな?

ちゃんと教えたし大丈夫だよねと思いながら気になっていました。

見たいけど、2人がくっつくところを見るのは辛い・・・

自分を頼ってくれる人の幸せをこんなに苦しく思ってしまう自分は

この太っているからだ以上に、だめな心根だとかろりは思いました。

行かないなら連絡しなければと思い、

成美は本番前で忙しくしてるようだから、青井に連絡しようと

電話をかけると・・・

「も もしもし かろりさん?た た 大変なんです~!」

柊が泣きながら、経緯を説明し衣装が汚れたままだと

成美が棄権になってしまうと言いました。

それを聞いたかろりは、自分のクローゼットを開け

色んなものを調達して急いで学園祭に向かいました。

かろりが来てくれるとは思っていない柊と成美はその間、

衣装をどうしようかと悩んでいました。

その時・・・!!

バン!

「あ あのっミス東風大の控え室はここでございましょうか?!」

息を切らしてかろりが控え室に飛び込んできました。

「申し訳ございません。殿方は少しの間、ご退場願えませんでしょうか!!」

そう言ってかろりは柊とスタッフを控え室から追い出しました。

そして、持ってきた服を取り出し

成美に着せますがどれもブカブカです。

「じっとなさってくださいよ」

かろりはそう言うと、躊躇うことなく服を裁断しました。

そして針でチクチク縫い始めたのです・・・

ーーーその頃柊は観覧席に戻り、頭を抱えていました。

かろりはどうするつもりなんだろうか・・・と思っていると、

ミスコンが始まってしまいました。

そしてついに成美の番が・・・

「続いてはエントリーナンバー5 成美可奈さん」

現れた成美は、とても可愛い衣装を身にまとっていました。

司会者に本番前の衣装トラブルの件を聞かれた成美は

「お友達が助けてくれました。この服・・・可愛いでしょ?

30分で出来上がったんですよ」

とコメントしました。それを聞いた柊は、かろりは

どんな魔法を使ったんだと思いました。

ーーー学園祭も無事に終え、成美の結果は審査員特別賞でした。

あのタレント未満の元1位の子はなんの賞にも入らず、

成美の汚れた衣装を一緒に拭いてくれた、優しい1人の子が優勝しました。

「いやぁ よかった・・・とにかく無事に成美が戦えて・・・

かろりさんにマジ感謝や~~」

柊はほっとして脱力してしまいました。

ーー柊たちが打ち上げをしている頃、

かろりはお風呂に使っていました。

成美を思わず助けてしまった自分は正しかったかと

両親に心の中で問いかけました。

でも、もしかしたら2人は今頃・・・そう思うと涙が溢れてきました。

しかし、成美はこの鈍い失礼な男を落とすには

審査員特別賞じゃパワーが足りないと思い、

今回の告白は延期することにしたようでした。

 

かろりのつやごと【7巻】感想

なんと!性格の悪い女が居たもんですね!

でも、1位も取れずざまーみろって感じでしたけど(笑)

性格の悪さが顔に滲み出てたのでしょう。

そして、かろりは今回も大活躍で自分の服を切り裂いて

ものの見事に30分で衣装を作り変えてしまいました。

お見事ですね!!でも、成美を助けたことによって

成美と柊が上手く行ったんじゃないかと思うと切なくなるかろり・・・

しかし、成美は告白を延期しました。

セーーフ!!(笑)まだチャンスがあるので、かろりに自信を持って

頑張ってもらいたいものです!

まとめ

成美の告白の延期をまだ知らないかろり。

それを聞かされた時、どう思って行動するのでしょうか?

次回の話が見ものです!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ