漫画ネタバレ

わたしのカッコウたち【ネタバレ5話】教育方針の食い違い

『わたしのカッコウたち』それぞれに事情を抱えて、親と暮らせなくなった子供たち。ただ日々を生きることが困難と発見の連続となる場所で、子供と職員たちが向き合う。

家から一歩外に出て職場に行けば、私は自分の子の母親ではなく

”他人の母親”・・・毎日毎日毎日そう切り替えなきゃやっていけない・・・

『わたしのカッコウたち』5話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

わたしのカッコウたち【5話】ネタバレ!

泣きわめく我が子を置いて、今日も亜希は仕事に出かけます。

後ろ髪を引かれる想いですが、なんとか「仕事」と割り切って

養護施設へ向かいました。

それでも子供たちを目の前にすると、スイッチはすぐに切り替わり

まずは目の前の子供のことを考える「仕事人間」な亜希が顔を出します。

今日出勤すると、子供たちや他の先生たちが慌てているので聞けば

男性職員の橋村がなんと虐待してると言うのです!

急いで向かうと、そこにはあみちゃんが橋村に押さえつけられていました。

その現場を見た亜希は橋村の首根っこを引っ張ると、

外に放り投げました。

泣き続けるあみちゃんを慰めながら髪の毛を綺麗に整えてあげるねと

亜希は言い、髪をといてあげました。

そして亜美は「そう言えば娘の華の髪いじってないなぁ・・・」

ぼんやり思ってのでした。

ーーー職員室に向かい、座っている橋村に亜希は

どういう意図であんなことをしたんだ?と問い詰めました。

すると橋村はあみちゃんには精神的にも知能的にも問題があると言い、

感情の効用を抑えきれず、煽情的な格好をして見せるなどの

不適切な行動があったので教育の一環でああしたと説明しました。

それを聞いた亜希は、それは橋村の感じ方なだけであって

どちらが非理性的だ!と怒りました。

すると、橋村は逆上して「問題がある子供には大人の躾が必要でしょう!」

と机を叩きました。

「子供のくせに色気づいて大人の男をからかってるんですよ!

この学院の品性が疑われますよ!」

橋村がそう言うと、それを聞いていた院長が

「それが彼女の親愛の表現です。私達が理解しないでどうするの?」

と言いました。そして亜希は橋村にこう言いました。

「橋村くんさぁ父親になれとまでは言わないけど、

保育担当の自覚を持ちなさい。」

当然意見の食い違いや教育方針においての衝突はこの仕事では不可避です。

なぜならどこまでも人間相手の商売だから・・・

ーーーそんなこんなしていると、海の担任から亜希に電話がかかってきました。

また登校していないらしく、亜希はつけていたエプロンを外しながら

先生の時間が取れる時に伺いますと担任に言いました。

すると、その姿を近くで見ていた児童が

「おかぽん先生エプロンとっちゃうの?

エプロンとったおかぼん先生はだって・・・ほかのおうちのひとだもん・・・

と言うので、亜希はまだいるから安心してと言ってしまいました。

すると、海が学校にまた行ってないことを側で聞いていた橋村が、

「規定を少し締めるべきです!

私は間違っていますか?育てにくいからって他人に預ければお終いかよ!

子供をなんだと思って・・・」

と怒鳴りました。亜希はそんなことを口走る橋村にキレて、

胸倉を掴みました。

頭に血が上った亜希に院長が「子供の前ですよ」と言ってくれたので、

亜希はすぐに冷静になり、海を探しに外へ向かいました。

ーーーその後、帰って来た亜希は喫煙所で煙草を吸っていました。

そこに橋村がいたので、

「グジグジしてる暇はないんですよ。ハッシー先生。

反省は?

と煙草の煙を吐きながらそう言いました。

すると、

反省する理由がありません。僕は僕の持論を言ったまでです。

こんな状況じゃ不満も出るってもんですよ。

そうでしょう?あんな子供が服をたくしあげて胸や下着を見せてきたんですから。

いかがわしい!濫りがましい!汚らわしい!」

と橋村は爪を噛みながらそう答えました。

そんな橋村に亜希はこう言いました。

「君はさぁ、子供らの視点が抜けてないかい?

いかがわしい?ありゃ あみちゃんがやっと手に入れた自己表現じゃないの?

あそこまでやったら下手すりゃトラウマ。分かるよね?

まず君が考えないと脳直でやってけるほど子育てって単純じゃない。」

亜希がため息をつきながら煙草の火を消すと、

「岡本先生!教育ってなんですかね。

子育てってなんですかね?報われなさすぎませんか・・・?」

と橋村が涙を流しながら悔しそうに言うので、

亜希は今更か?とツッコみました。

そして自分にだって分からないし、みんな分からないなりに考えてやってんだよ!

とクワッとした顔でそう言いました。

 

わたしのカッコウたち【5話】感想

同じ教員の後輩を育てるのも大変ですよね。

教育方針がそれぞれ違うのも捉え方が違うのもしょうがないですし、

どれが正解っていうのはないけど、その子供1人1人に向き合って

最善をどれだけ考えれてるかによるなと思いました。

その子にとって一番ベストなことはなんだろう?

子供と一緒になって寄り添って考える・・・大変だけど、

親ってそうやって子供と一緒に成長していくもんだと思いました。

まとめ

次回の話は休みの日。仕事を忘れて家族サービスしようと思ったのに、

職場から連絡が入ってしまい・・・・?次回の話の続きが気になります!

わたしのカッコウたち
わたしのカッコウたち【全巻無料】で読む方法は?結末まで一気に読みたい『わたしのカッコウたち』無料で読む方法!児童養護施設に身を寄せる子どもたちと職員とのヒューマンストーリー...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ