漫画ネタバレ

鏡よ鏡・・・【1話】ネタバレ!私が誰より一番かわいい

【鏡よ鏡・・・】榊原麗華”は小さなころから、可愛い可愛いと言われて育ってきた。世の中のどんな女どんなも私に叶うはずがない!!格の違いを思い知らせてやる・・・!!

 

麗華は町一番の美少女。

いつも周りから可愛いと言われ育ってきた。

”私が一番かわいいのは当然よ”

隣に住む和美が最近学校でちやほやされてる・・・

そんなはずない!どう見ても私が一番可愛いじゃない!

 

【鏡よ鏡・・・】1巻のネタバレを紹介します!

鏡よ鏡・・・【1巻】ネタバレ!

「ママ、、パパ、麗華今日も綺麗?中学に入っても一番きれいかな?

今日は入学式です。麗華は鏡を見ながら両親に問いかけます。

「ハハハ!麗華ほど可愛い女の子はこの街にはいないよ!」

美しさは武器よ。女の幸せの最大の近道。だからいつも鏡をのぞきなさい。

美しさに磨きをかけて、たくさんの男たちの中から最高の相手に選ばれるの。

あなたもきっとママのように幸せになれるわ」

両親はそう麗華に言い聞かせて育てました。

母親を見染めた父親は街一番の会社の社長で、

そして自分は街一番の美少女だと麗華は思っています。

・・・中学の入学式に現れた麗華の可愛さに周りは注目します。

「ねえ、ねえあの子もかわいいね」

「本当だ!日本人形みたい」

え!?

麗華は自分のように可愛い子がいるはずないじゃないと

みんなが指さす方へ目を向けました。

するとそこには隣の家に住むチビの和美がいました。

和美は母親が亡くなって父子家庭の貧乏で、

いつも古臭い汚い服で男子にも女子にも相手にされなかった地味な女の子でした。

そんな和美に麗華は声をかけます。

「和美、1人で入学式来たの?」

あっ麗華ちゃん!うん。お父さん仕事だから」

麗華に声をかけられて和美は嬉しそうにします。

「あんたんちお母さんいないし、ご飯も洗濯もあんたがしなくちゃいけないんでしょ?

かわいそーーうちみたいに家政婦雇えばいいのに。いつも何食べてるの?」

と麗華が聞くと、和美は

「今日は朝はお味噌汁と卵焼き、夜は塩サバ焼くの!」

と答えます。それを馬鹿にしたように麗華は

何それ~そんなの食べたことない~。あたし毎日ステーキとか

ビーフストロガノフとか食べてるもん。だからあんたそんなに背も低くてスタイルも悪いんだ。

可哀想だから今度うちでご飯食べさせてあげるわね」

この会話をしているとき皆が麗華と和美に注目しました。

麗華は注目されて、これで自分と和美のレベルの違いがわかったわね。

和美に優しいところも見せたし、きっと中学でも一番人気になるのわ私よと、

気分がよくなりました。

そんな麗華と思惑とは裏腹に、周りの子たちの反応は麗華の性格が曲がってて嫌な子とヒソヒソ話しています。それに比べて和美はいい子で可愛いと噂になりました。

麗華にマウントを取られたなんそんなこと微塵も思っていない和美は、

いつもお姫様みたいで今まで遠くから見ていただけだった麗華が

声をかけてくれたことに感動しました。

そしてこれからお友達になれるのかなと淡い期待をするのでした。

・・・それから更に時が流れて、高校生に二人はなりました。

「いいよな~あの新入生。いつも窓辺で本読んでる子。

清楚で大人しそうで黒髪がきれいな・・・

確か、”林田和美”って子だよな。今年のミス城西はあの子に投票しようかな~」

男子が口々に和美のことを褒めるので、麗華はそれを聞いて気に食いません。

何で?!どうして和美なんかが人気出てきてるの!?

中学まで男子に人気あったのはダントツ私だったのに

高校に入って妙に和美が注目されてる!

変よ。和美なんか私とこうして見比べたって全然落ちるじゃない”

鏡の前で和美と自分を見比べて麗華はおかしいと思います。

そうて和美にむけてこう言います。

「和美ってさ、私と比べるとちょっと骨太?色も私より黒っぽいよね。

そういう麗華にトイレに居合わせた女子は、何あれ嫌な女とヒソヒソ話しています。

麗華にそんな風に言われた和美は

「もー麗華ちゃんと比べないでよ。麗華ちゃんお人形みたいに綺麗なんだから。

モデルさんか女優さんになれるよ。麗華ちゃんと一番の友達になれて

ほんと私自慢なんだ」

と言いました。そんなことを言ってくる和美に気がよくなった麗華は

私もあんたと親友になれてよかったわと心にもないことを言います。

そして麗華は和美に今晩出かけるから宿題やっといてと言いました。

麗華は和美は勉強できるし気弱ですぐ言いなりになるし便利な女と思っています。

勉強なんて女の子には必要ない、鏡の中でいつも綺麗でいることよと思います。

カラオケボックスで麗華は生徒会長の高橋先輩と一緒にいました。

「ねえ、高橋せんぱ~い。麗華のこと好き?」

「うん。好きだよ麗華ちゃん・・・」

と言いながら高橋先輩は麗華の胸を触ってきます。

「麗華きれい?学校で一番可愛い?」

と麗華が聞いたところで、最後までしたいと高橋先輩がせまってきました。

しかし、麗華はぱっと身体を起こし

ダーメ!じゃあ麗華をミス城西にしてよ!先輩生徒会長でしょ?

してくれたら最後まで死してあげる」

と高橋先輩に条件を付けてお預けにしました。

”これで大丈夫ね。高校でも一番きれいな女の子はこの私。”

そしてその年の文化祭・・・

「今年のミス城西は・・・-Aの榊原麗華さん!そしてもう一人!

同票で同じA-1の林田和美さんに決まりました!」

この結果に麗華は納得いきません。なんで和美と同列?!そんなはずない!

その夜家に帰ると、母親がなんでみすぼらしい和美に負けたのか麗華に問い詰めます。

「ま 負けてないわよママ!同じミスになっただけで・・・」

そう言い訳する和美に母親は

「いいえ。負けたも同然よ。あなたは街一の家のお嬢様よ。

恥ずかしい・・・今頃街中で噂になっているわ。

何とかあの子に勝ってみなさい。でなければもうママの子じゃありません!

麗華は何とか和美に勝たなきゃママみたいになれない・・・幸せになれないと焦ります。

”絶対ママみたいにならなきゃ・・・”

翌日

「ねえ、和美。私これに応募したんだけど、和美のも応募しといたからね」

これで和美に勝つしかないと意気込む麗華なのでした・・・

 

 

鏡よ鏡・・・【1巻】感想

いやいや!美しさだけでは魅力ないですよお母さん!

教育の仕方間違っちゃいませんか!?

お嬢様で蝶よ花よと育てられた麗華は美しさがすべてで、

美しければなんでも思い通りになると育ってしまいました。

なんだか親のせいなので、麗華も可哀想な子供です・・・

和美は素直でまっすぐで外見も綺麗!素晴らしいですね。

これが真の美しさなんですがね・・・

印象に残ったシーンは、母親がミスコンで麗華と和美が同票だったのを

怒ったシーンです。いやいや、お母様・・・麗華はあなたのためのお飾りでは

ないんですよ?綺麗以外に褒めるとこなかったんですかね?

両親のおかげでひん曲がった性格になってしまった麗華・・・

どうなっていくのでしょうか?

まとめ

鏡よ鏡・・・【1巻】のネタバレを紹介しました!

ミスマーメイドというミスコンに応募した麗華と、強制参加させられる和美。

麗華は私を見て!綺麗でしょ!って感じで自信満々だけど

和美はしおらしい清楚な感じで出てくるから審査員に目が止まりそうですね。

次回の展開はどうなっていくのか?楽しみです♪

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ