漫画ネタバレ

蛙の棲む沼【3話】ネタバレ!不細工なお金持ちの男

【蛙の棲む沼】美しいお姫様。傲慢で思い上がったお姫様。お姫様はある日、不細工な蛙に出会う。自分の欲望を満たすためにお姫様は彼の願いを聞き入れた・・・

百貨店で今日も憂さ晴らしに万引きをする優美子。

そんな優美子に「財布を落としてないか?」と声を掛けてきた

蛙に似た不細工な男にお礼に一緒に食事してほしいと言われ・・・?

【蛙の棲む沼】3話のネタバレを紹介します!

蛙の棲む沼【3話】ネタバレ!

「しょ・・・食事代はすべて私が持ちます。

あなたのお望みの物、ご満足いただける物を用意しますので

どうか・・・一度だけ私と・・・」

そんな風に言ってくる男に優美子は驚き

「どうしてそんなこと・・・・」

と聞きました。すると男はこう答えました。

「見ての通り私は不細工な男です・・・

子供の頃から女性には嫌われ、50にもなると言うのに

女性と結婚どころかご縁もありません。

あなたほど美しい方とお近づきに慣れるのは、おそらく私には一生ないことでしょう。

どうか私の一生の記念に一度だけでも・・・」

そう言ってお願いしてくる男に優美子はこう言いました。

「・・・そうね。一度だけならいいわ。

ただしあたしは安くない女よ。それなりにもてなしてくれなくちゃ。」

すると男は嬉しそうに

「はい!もちろんです!!すぐに手配します!!」

と言いました。久しぶりにいい気分になった優美子は

やっぱり私はこうし賛美されるべき女なのよと思いました。

普通だったらこんな不細工な男には鼻にもひっかけないところですが、

たまにはいいかと思いながら、男が呼んだタクシーに優美子は乗り込みました。

ーーー「そ・・・それでは今日の日を記念して。

優美子さんの美しさをたたえてカンパイ」

着いた先はマスコミにも紹介されている予約の取れないレストランで

それを一晩も借り切ってしまったこの男を、優美子は見かけによらず

かなりのお金持ちだと思いました。

「あなた・・・菅原さんはお仕事何されてるの?」

優美子がそう聞くと菅原と名乗った男はこう答えました。

「私ですか?恥ずかしながら無職でして・・・

親の遺産で食べているところです」

住まいを聞くと、高級タワーマンションに住んでいるとのことで

優美子は驚きました。

「私は趣味もなくお金の使い道がないんです。

強いて言えば美しいものを眺めているときが一番幸せで。

ですかあら最上階からの眺めが欲しくて、ついあのマンションを・・・・」

最上階と聞いて、優美子はこの男はとんでもないお金持ちなんだと知りました。

でも、いくらあってもこんな顔の男と付き合うのはぞっとします。

だけど、利用ぐらいはしてやってもいいかなと思った優美子は

自分はホステスをしていて身体の悪い両親に収入のほとんどを仕送りしている

嘘の話をしたのです。

「何も水商売だからって恥ずかしることはないです優美子さん。

貴女は美しいだけでなく生き方も立派だ。」

そう言われた優美子は

「そんなそれほどじゃ・・・でもこの仕事ももうすぐクビになるかもしれなくて・・・

今の店に入って10日なんだけど、まだ一度も指名がなくて

今月売り上げナンバーワンにならなきゃ辞めろって言われてるの。

もうすぐ30も近いし・・・今更他の仕事に移ったって

収入はたかが知れてるし・・・」

と話しました。そんな優美子の話を聞いた菅原がこう言ってきました。

「・・・さしでがましいようですが、私がお店に通ってもご迷惑ではないでしょうか?

貴女のような素晴らしい人が困っているのを

黙って見てるわけにはいきません。

私にできることと言えばお金を使うことだけ。

それで貴女を助けることが出来るなら・・・私は全力で・・・」

その言葉を聞いた優美子はラッキー♡と思いました。

【世の中にはこんなおいしい馬鹿もいるのね。

あたしってばすごい金ヅルつかんだんじゃない?!】

ーーー翌日、菅原は約束通り優美子の働くキャバクラにやってきました。

「すごいなリカちゃん。あのお客さん自分はほとんど飲めないのに

バンバン高いボトル入れてくれて」

黒服にそう言われた優美子はこう答えました。

「前の店からのなじみなの。あんまり通い詰めてくれるから申し訳なくて。

この店内緒にしてたけど見つかっちゃったのよね」

菅原は優美子に嫌われまいとすごく気を遣ってくるので

優美子はとても気分が良くなりました。

ーーそうよ お姫様には王子だけじゃない。

こういう下僕も必要なのよーーー

「ねぇ菅原さん。私ってそんなにきれい?

でもあの子には負けるんじゃない?うちのナンバーワンの子。」

そう聞かれた菅原は

「そんなとんでもない!!」

と答えました。

「でも見てよ。あの子ってば良い物身に着けてるでしょ?

服もアクセサリーも高級品で。

やっぱり安物じゃダメね。ちっとも引き立たないんだもの」

優美子がそう言うと

「大丈夫ですリカさん!私がプレゼントします!

貴女はもっともっと美しくなりますよ!!」

と菅原が言うので、身体遣って愛人持つよりずっと楽な下僕だわと優美子は思いました。

ーーーある日

「500万円・・・ですか・・・」

「そうなの・・・両親が借金の保証人になってて

今月中に払えないと実家を追い出されるっていうの。

こんなこと菅原さんに言っても・・・しょうがないんだけど・・・」

優美子がそんな嘘の話をすると、菅原が黙り込んでしまいました。

その様子を見て優美子は流石に500万は言い過ぎたかなと思いました。

「・・・菅原さんごめんなさい。深刻にさせちゃって。

でも業者の人はとりあえず利息分だけ修めれば猶予をくれるって・・・」

すると・・・

「ゆ・・・優美子さん・・・」

優美子の名前を呼ぶと菅原が優美子に抱き着いてきました。

「す・・・好きです 優美子さん!愛してるんです貴女を!!」

 

蛙の棲む沼【3話】感想

優美子・・嘘に嘘を重ねていて怖いですね。。。。

菅原は自分が不細工なので魅力はお金だけだと思い、

優美子に尽くしまくりますが、騙されていて可哀想になってきます。

本当にこの女に痛い目にあって欲しいと心から思っちゃいます!

まとめ

優美子に抱き着き告白してきた菅原。

性格最悪な優美子は抱き着かれたことで気持ち悪くて

めちゃくちゃキレそうな予感がする・・・

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ