漫画ネタバレ

イケメン後輩にオタクがバレそうです【3話】ネタバレ!オタクだっていいじゃない!

【イケメン後輩にオタクがバレそうです】オタクOL・小鳥遊ゆきは過去にオタクが原因でフラれたことから好きになるのは二次元だけ!と決めていた。しかし、イケメン後輩から告白されて付き合うようになり・・・?!

仕事や予定で会えない鷹野に不満が積もったゆきは

鷹野に誘われて地元の友達(パリピ)との飲み会に参加することに・・・

そこれオタクなんじゃないかといじられて・・・?!

【イケメン後輩にオタクがバレそうです】3巻のネタバレを紹介します!

イケメン後輩にオタクがバレそうです【3巻】ネタバレ!

「あーもーーーーーーーーーーーー鷹野君に嫌われちゃった・・・

もう会えないのかな~!!」

ゆきは大声を出しながら大泣きしていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飲み会のあの夜

鷹野は「俺はオタクだけど」と言って、飲み会をそのまま

飛び出してしまいました。その後をゆきは追いながら、

「鷹野くん!さっきはごめん・・・!」

と謝りました。すると鷹野はこう言いました。

「ゆきさんはさ、俺の事オタクだってバカにしてたの?

俺はゲームオタクだから一緒にゲームしてるときが楽しかったけど、

ゆきさんは違ったんだね。」

ゆきは違うと思いましたが、自分もオタクだと笑われフラれた過去を思い出しました。

【鷹野くんはオタクをオープンにできる人だから、そんな事言えるんだ】

心の中でそう思い、ゆきが黙っていると・・・

「ごめん。また連絡するから・・・今日はもう帰ろう」

と言われてしまいました。

ーーーーーそう言われたのが1カ月前・・・

いまだに鷹野からは連絡はありません。

【やっぱり私に恋愛なんて向いてなかったんだ】

ゆきは悲しみながら、気を紛らわすために久しぶりに漫画を開きました。

二次元はいつでも優しいし裏切らない!もう自分は二次元に生きるしかないんだ・・・

数日後ーーー

「大丈夫?顔色悪いけど」

オタク仲間と久しぶりに集合してお茶をしているとそう言われてしまいました。

「いやー神絵師の本を夜通し読んで・・・」

ゆきがそう言うと、

「なんだー。ゆきの漫画も久々に読みたいなー。

初めてかいたやつ今でも覚えてるよ。」

と言われました。ゆきは覚えてないのでどんなんだっけ?と聞くと、

「中学の時告白してフラれたことあったじゃん?

あんたそれネタにしてすっごい面白い漫画描いてたよ

と言われました。それを聞いたゆきは、その時のことを思い出しました。

「そっか・・・」

そう言ったゆきは突然立ち上がり、

「せっかくリアルで恋できたんだから、漫画に生かせばいいじゃん!」

ーーー早速家に帰ったゆきは久しぶりに漫画を描こうと机に向かいました。

「うわっインク瓶固まって開かない!」

そして、鷹野との楽しかった思い出を思い出しながらペンを走らせました。

【ダメだ さっきから鷹野君とのよかった思い出ばかり蘇ってくる・・・】

ゆきの目からは、自然と涙があふれ出し

自分はやっぱりまだ鷹野の事が好きなんだと思い、辛くなりました。

ーーーーその頃

【このゲーム1人でやってもつまんないな・・・】

鷹野は家にこもって1人ゲームをやっていましたが、

コンセントから抜いて消してしまいました。

そして、部屋に飾ってあるゆきとの写真を見て

【この間は言い過ぎたかな・・・】

と思いました。普段なら適当にかわせるのに、ゆきに言われたのが

鷹野はよっぽど嫌だったようでした。

連絡しても返事がこないゆきに

そもそも嫌われたのか・・・まさか家で倒れてるとか?!と

鷹野は鷹野で不安になっていました。

ーーーピンポーン

「げ」

ゆきがドアを開けると、そこには走ってきたのか

息を切らしている鷹野が立っていました。

「ゆきさん・・・無事だったか・・・」

「な な 何で鷹野君が?!ダメだよ帰って!!」

ゆきは動揺して部屋のドアを閉めましたが、

そのドアを鷹野は閉めさせないように、外から引っ張りました。

「その顔ろくにご飯食べてないだろ!開けなさい!」

ガチャ

ゆきの必死の抵抗も虚しく、ドアをこじ開けられてしまいました。

そして・・・鷹野はゆきを抱きしめると

「・・・本当に心配したんだからな・・・」

と言いました。鷹野が部屋に上がろうとすると、

そこにはゆきが書いた漫画の原稿が所狭しと散らばっていました。

鷹野がそれを拾い上げ見ているので、

「待って見ないで!これはその・・・・」

ゆきはもう終わりだ・・・と泣いていると

「なにこれ・・・すごくうまい!ゆきさんてこんな特技あったんだね」

と褒めてくれました。ゆきはその一言が嬉しくて、

更に涙が溢れてきました。大泣きしているゆきを見て、

自分が何悪い事したんじゃないかと鷹野が焦っていると、

「嬉しくて・・・オタクってバレたら嫌われるとずっと思ってたから。

ごめんね・・・好きな物を素直に言える鷹野君が羨ましかったの・・・」

そうゆきが言いました。すると鷹野はこう話し始めました。

「俺だって・・・この間は意地悪言ってゴメン。

ゆきさんが俺の趣味に無理に合わせてくれたのかなって疑っちゃったんだ。

俺って実はもっとハードなオタクだからさ」

それを聞いたゆきは

「あはは 何それ本当?」

と聞きました。本当だよと鷹野は答えました。

「・・・そっか それじゃあこれからも末長くよろしくね♡」

後日ーーー

鷹野のおすすめ漫画を読みすぎて、ゆきは寝不足になるのでした。

ーーー完

 

イケメン後輩にオタクがバレそうです【3巻】感想

ゆきはもう鷹野に気われれてフラれたもんだと思い、

鷹野との思い出を思い出しながら、もう一度漫画を描くことにしました。

いかし、楽しい思い出ばかりでゆきは泣いてしまいました。

辛いですね・・・すれ違ってるだけなのに(泣)

鷹野も好きなゲームが楽しくなくて、ゆきのことが心配でたまらず

急にゆきの家に現れました。

ゆきは漫画だらけの部屋がバレる!と焦りましたが、

それが逆によかったですね~!オタク同士の恋!

これからも仲良くしてほしいです♡

まとめ

やっぱり趣味が合う人がいいですよね♡

オタクだっていいじゃない!2人がそれで幸せなら♪

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ