漫画ネタバレ

イケメン後輩にオタクがバレそうです【2話】ネタバレ!リア充な彼や友達にバレたくない!

【イケメン後輩にオタクがバレそうです】オタクOL・小鳥遊ゆきは過去にオタクが原因でフラれたことから好きになるのは二次元だけ!と決めていた。しかし、イケメン後輩から告白されて付き合うようになり・・・?!

初デートに行った先は神絵師が書いた押しカップリングがデートで行った先と

一致し、興奮で写真を撮りまくるゆき。でもこのままじゃいけないと思ったゆきは

鷹野の趣味を聞くとゲームと答えるので、

鷹野の家で2人でゲームをすることになり・・・?

【イケメン後輩にオタクがバレそうです】2巻のネタバレを紹介します!

イケメン後輩にオタクがバレそうです【2巻】ネタバレ!

携帯の恋愛ゲームをしていると、推しメンがこないだの鷹野と同じようなことを

言うので、ゆきは興奮しました。

ーーー「ゆきさんって味噌汁作るのうまいよね。

俺朝ごはん食べない派だったけど、ゆきさんの味噌汁だったら毎日飲めるかも」

それを聞いたゆきは「毎日俺の味噌汁を作ってくれ」的なこと?!

=『結婚してくれ』ってことなんじゃないの?!とドキドキ思いながら

「1人暮らし長いしこれくらい当たり前だよ~。」

冷静を装いながらそう言いました。

「そういえば次いつ会う?」

ゆきがそう聞くと

「ん~しばらく忙しいから再来週かな・・・」

と言われて驚愕しました。

「そんな・・・毎週土日のどっちかはいつも鷹野くんのために空けてるのに・・・」

と心の中で思ったまま言ってしまいました。

そう言うゆきに鷹野は

「それに約束とかしてお互いを縛り合わない方が、

この先も長く付き合って行けると思うよ

と言いました。それを聞いたゆきは

長く付き合う事を考えてくれている→付き合った先には結婚→結婚してくれ

脳内でそう変換し

「そういうことか!!喜んで!!」

と返事しました。元気よく返事するゆきに

「えっ何どういうこと?」

分かってくれたなら良かったけど・・・と思いましたが

ゆきが何を考えているのか読めませんでした。

「あ そうだ。こないだ一緒にゲームやったやつあるじゃん?

新作出たから一緒にやらない?」

鷹野はゆきをそう誘いましたが、

「うーん・・・それよりお出かけしたいな!」

ゆきがそう言うので

「・・・そうだね。天気もいいし出掛けようか」

と外へ行くことにしました・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜家に帰って、携帯ゲームもクリアしちゃったしヒマだなぁと

思いながら、ゆきは鷹野のことを思っていました。

そんな時・・・

ゆきのスマホが鳴ったので、鷹野かも?!と思って

ゆいはガバッと起き上がり、スマホの画面を見ました。

しかし・・・メッセージの相手はオタク仲間からで

『お疲れ~!次のイベント決まった?

今度合同誌出すから○○×△△の原稿描いてみない?』

という、同人誌のお誘いでした。

ゆきはそういえば最近二次元の押しの事忘れていたなと思いました。

いつもSNSに絵をあげてたのにそれもしてない・・・

「全然そっちに興味湧かなくなっちゃったんだよねー・・・」

ゆきは鷹野と付き合ってから、二次元愛は少しずつ薄れてきていました。

【それより鷹野くん・・・全然返信がないんだけど・・・】

仕事が終わらないって言ってたし休日出勤してるとか?

それともゲームに熱中しすぎて倒れた?!

どちらにせよ心配で、ゆきは鷹野にメッセージを送りまくりますが

既読はつくのに返事が返ってきません。

そんな鷹野にしびれを切らせて、ゆきは電話をしました。

ーーー「鷹野くん生きてたー!!なんで既読スルーするの?!」

心配そうなゆきの声にヤバイなと思った鷹野は

「・・・ごめん 今まで地元の友達と飲んでたんだ」

と言いました。それを聞いたゆきは

「・・・何それ。地元の友達に会う時間はあって、私に連絡する時間はないの?

と、そんな事を言ってしまいました。鷹野はそんな風に言ってくるゆきに

少しムッとして

「それ何・・・?俺は友達に会う時間すらないの?」

と言い返しました。

「そ そういうことを言ってるわけじゃないけど・・・」

ゆきがただ鷹野の身体を心配してただけなのに!と思っていると、

「そんなに言うなら来る?今度の飲み会」

そう言われて、鷹野の友達の飲み会にゆきも参加することになったのです・・・

ーーーー飲み会当日

「お~~~鷹野!こっちこっち!」

参加したその場は、鷹野のキラキラした友達ばかりで(全員パリピ)

ゆきは浮きまくってしまいました。

「鷹野が彼女連れてくるなんて珍しいじゃん!」

「紹介しろよ!」

ゆきはそう言われて、挨拶をしました。

「コイツいつもゲームばっかりでつまんなくないっすかー?」

そう言われたゆきは

「いや そんなことないですよ!楽しいです!」

と答えました。そんな中、友達の女子たちも

ゆきと鷹野の周りに集まり始めました。

「へ~鷹野の彼女さんなんだぁ・・・」

「趣味変わった?ずいぶん地味系の人なんだね!」

鷹野がトイレに立つと、女子たちはこう言ってきました。

「そういえば鷹野って・・・昔からゲーム好きでオタクっぽいとこあったよね。

でも顔が良いから友達に写真とか見せると評判いいんだよねー」

「わかる~!付き合うってなったらちょっとだるそうだけど」

そして、ゆきにこう聞いてきました。

「ゆきさんは鷹野のオタクっぽいところとか大丈夫なんですか?」

私は全然とゆきが答えると

「そうなんですねー!似た者同士ってやつ?ゆきさんももしやオタク?

「なんだっけ・・・ナントカ女子ってやつ」

「腐女子でしょ!」

女友達二人はそう言って笑いながら更にこう言います。

「あ そーだ。腐女子ね」

「ってゆーか完全にイメージだけじゃん!」

笑われるのに耐えれなくなったゆきは

「や やだなー!私はオタクじゃないよ!

オタクって毎週たくさんのアニメ見たり、趣味に全財産を

つぎ込んだりするような人たちでしょ?

私も趣味はあるけど、生活とのバランス考えながら楽しんでるし、

ちょっと違うかなーっていうか・・・」

と、嘘を言ってしまいました。

「そうですよね~!オタクってそれだけなイメージだし。」

「友達も彼氏もいなさそうだよねー」

その時・・・!

ガラッ!

「俺もオタクだけど」

話を聞いていた鷹野がそう言ってトイレから帰ってきたのです・・・・!

 

イケメン後輩にオタクがバレそうです【2巻】感想

ゆきは鷹野のことが好きすぎて、趣味をそっちのけにするぐらいに

なっちゃってるみたいですね~

一方鷹野はイケてるグループに誘われたり忙しいよう・・・

そこで、鷹野は顔はイケてるけゲームオタクだと女子たちは言い始めます。

そんな鷹野の彼女のゆきも一緒でオタクなんじゃないかと言われて、

自分はオタクじゃない!と嘘をついてしまった時に

鷹野がトイレから帰って来てしまいました・・・・

この流れ全部聞かれてるでしょうね…ヤバイ・・・鷹野を否定したことに

なりますからね~・・・ゆきと鷹野の恋は終わってしまうのか?!

どうなっていくんでしょうか?

まとめ

「俺もオタクだけど」って自ら言ってきた鷹野。

話を聞かれてたヤバイ!と思ったゆきですが、時すでに遅しです・・・!

次回どんな話の展開になるのか気になります!!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ