漫画ネタバレ

その美人(オトコ)ふしだらにつき【8巻】ネタバレ!男女逆転デート

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】美人系俺様モデル×ボーイッシュ勝気女子の期間限定のラブレッスン!恋がしたいのに男嫌いの凪。でも、超絶美形の男性モデル阿蘭と出会って・・・?!

高校の陸上部の後輩・しょーまがカメラマンになったと聞いた凪は

しょーまにお願いして撮影してもらい、自分の悪いところを指摘してもらうことにした。

そんな中、しょーまは凪に告白をしてきて・・・・?!

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】8巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

その美人(オトコ)ふしだらにつき【8巻】ネタバレ!

しょーまに告白された凪は、少し考えてこう答えました。

「ごめん・・・その・・・付き合ってる人がいるってわけじゃないんだけど・・・」

すると、しょーまが「片思いの人がいるんですか?」と聞いてきたので、

「・・・うん そんな感じかな」

と阿蘭と付き合ってるってハッキリ言えたらどんなにいいだろうと

思いながら凪はそう言いました。

その答えを聞いたしょーまは

「そうか・・・残念。

でも、付き合ってるわけじゃないなら、追いかけたって罰は当たりませんよね?

先輩好きです。俺簡単には諦めませんから

と言って、その場を去って行きました。

・・・・しかし、そんな2人の姿を偶然通りかかった阿蘭が

目撃してしまったのです・・・・

ーーーその帰り道、凪はしょーまのことを考えていました。

昔は仲が良かったけど、そういう風に思われていたなんて思っても見なかったからです。

【でもあんな真っすぐに好きって言われると・・・シンプルに嬉しいもんだな】

ーーー翌日

浮ついてる場合じゃないし、今は私にも諦められないことがあるんだと凪は

思いながら、その足は八重洲のスタジオへ向かっていました。

一体何をしにきたの?と八重洲に言われた凪は

チラっと見るだけでもいいんで、この写真見て欲しいと言って

しょーまに撮ってもらった写真を八重洲に見せました。

すると八重洲はその写真を手に取りながら、

「このカメラマンなかなかやるわね。

表情をうまく引き出してる。これならカタログのマネキン役ぐらいなら

やらせられるかもしれないわ。

でも私が撮りたいのは「人間」なの。

人としての魅力は表層ではなく内面からみなぎるもの。

モデルはまず自分自身を理解し、魅せ方を知らなければならない。

根性は認めるけど、やっぱり今のあなたじゃこの厳しい世界で

勝ち残るのは無理よ」

と言いました。そんな風に言われた凪はこう返しました。

「業界の厳しさとか・・・勝ち残るとか・・・

私には正直分かりません。でも、阿蘭への気持ちは・・・

阿蘭のために何かしたいって気持ちは・・・・誰にも負けません!

凪は「また来ます」そう言ってスタジオを後にしました。

ーーー家に帰った凪は、写真を見返しながら

自分の事を分析していました。それに比べて「阿蘭ちゃん」は

自分の見せ方が分かってるな~と凪が阿蘭ではなく阿蘭ちゃんの事を

考えていると、

「お茶だ」

そう言って阿蘭がお茶を凪の前にドンっと置きました。

そしてこう言いました。

「凪。 俺に何か言っておくべきことがあるんじゃないのか?」

そう言われた凪はもしかして黙って八重洲のところに行ったことか?

と思い、この件に関しては阿蘭の力を借りずに

自分1人でなんとかすると決めた凪はこう言いました。

「いいから 阿蘭は口出さないで!これは私の問題なの」

すると阿蘭は「そうか・・・」

と悲しそうな顔をしながら、フラッとしました。

どうしたの?と凪はいつもの調子じゃない阿蘭を心配して声を掛けると、

なんだか急にめまいがしただけだと阿蘭は答えました。

炎天下での撮影が続いていると聞いていた凪は、阿蘭にこんな提案をしました。

「金曜「女子会」しない?阿蘭ちゃんと私で!

きっと癒されるよ~」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜

阿蘭に凪は「男女逆転デート」を提案し、自分は男装をして

阿蘭には女装してくるように指示をしてホテル集合しました。

2人が歩いていると、さっきから周りの注目を浴びているような気がしました。

久しぶりに見る「阿蘭ちゃん」は可愛くて、

推しとこんな風にデートできるなんてある意味最高だと凪は思いました。

ここはいっちょノリノリで楽しんじゃいますか!そう思った凪は

「阿蘭」

阿蘭の名前を呼ぶと、阿蘭の手の甲にキスをし

「今度は私にエスコートさせて」

と言いました。

ーーーその後、レストランに移動すると特等席だと案内されました。

そろそろかな・・・そう思っていると、窓際のその席からなんと打ち上げ花火が見え、

阿蘭は驚いていました。好きな人にサプライズするって楽しいな~と

驚いている阿蘭の顔を見ながら満足そうにしていると、

ココ計画したのか?と阿蘭が聞いてきたので、昔にここのフロアでバイト

したことがあったから知ってたんだよと凪は答え

「でも、教えたのは阿蘭にだけだよ」

と言うと、阿蘭が突然キスをしてきました。

「今日の凪 めちゃくちゃそそる・・・」

そう言われた凪は「そっちもね」と心の中でツッコミました。

そんな中・・・

「あれ?凪先輩」

なんとブライダルの仕事で来ていたしょーまに鉢合わせしてしまったのです!

友達と食事ですか?そう聞かれた凪はよりによってこんなとこで会う?と思いながら、

編に意識するのもなんだしごく自然に阿蘭にしょーまを紹介しました。

「へぇ・・・高校の・・・ねぇ・・・。

よろしく 「うちの凪」が世話になったわね」

と阿蘭は言いました。

「それにしても なんですかその格好」

そう言われた凪が、今日はそういう趣旨でと答えにくそうに説明しようとすると、

「君にはちょっと難しかったかな。こういう洗練されてたユーモアは」

と阿蘭が口を出してきました。

すると、しょーまが高校時代の文化祭にウェイターで男装してた時も

女子にモテまくっていたから懐かしいなと思っただけですとしょーまが答えると、

凪もそれに乗っかって思い出話をするので

阿蘭は段々イラついてきました。

「お前はよくも・・・俺の知らない凪を色々と・・・」

そう言って阿蘭がしょーまの胸倉をつかんだので、

凪はそれを止めました。しょーまはなんで怒られてるのか分からず

邪魔してすみませんでしたとその場を去って行きました。

しょーまが去って行った後、

「阿蘭・・・一体どういうつもり・・・」

凪がそう聞くと、阿蘭はお酒を一気飲みしました。

ーーーその後阿蘭は何杯もお酒を飲み進め、一歩も動けなくなって

仕方なくそのホテルの部屋を取って止まることにしました。

千鳥足の阿蘭に肩を貸しながら、凪が阿蘭を部屋まで運ぶと

「畜生・・・なんなんだよあいつは・・・くっそムカつく・・・」

阿蘭はボソッとそう言って、凪をベッドに押し倒しました。

そして強引にキスをすると、

「反省してるよ。きっと俺がモタモタしてたからあんなガキにつけ込まれたんだ。

もう待てない 今日こそ俺のものにしてやる

そう言ってきたのです・・・・!

 

その美人(オトコ)ふしだらにつき【8巻】感想

あちゃーーー阿蘭に凪としょーまが一緒に居るところ見られてたんですね!

まぁこれで嫉妬心が煽られて結果的にいい方へ進むんじゃないんですかね~♡

それから偶然見かけるとか多めだな~と思っちゃいましたが(苦笑)・・・

女装の阿蘭を完全に凪の友達だとしょーまは思ってたので、

阿蘭に胸倉掴まれて驚いたでしょうね(笑)可哀想なしょーま・・・

でもしょーまの登場で阿蘭がスイッチ入った感じなので結果オーライです!

でもまだ「好き」とか凪に阿蘭って言ってないんだよね~

それだけが気になるところ!

まとめ

凪をベッドに押し倒して自分のモノにしようとする阿蘭。

そんな阿蘭を見て凪はどう思う?次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ