漫画ネタバレ

その美人(オトコ)ふしだらにつき【6巻】ネタバレ!一生このままでも

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】美人系俺様モデル×ボーイッシュ勝気女子の期間限定のラブレッスン!恋がしたいのに男嫌いの凪。でも、超絶美形の男性モデル阿蘭と出会って・・・?!

「契約なしで付き合ってって言ったら?」凪が勇気を出して

そんな質問を阿蘭にしてみた。そう聞かれた阿蘭の反応は・・・・?!

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】6巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

その美人(オトコ)ふしだらにつき【6巻】ネタバレ!

契約抜きで付き合ってって言ったら?と質問した凪に、

阿蘭はそれは撮影に協力しないって意味か?と聞いてきました。

そんな阿蘭に凪は、そうじゃなくて自分は進歩遅いから

たった1ヵ月じゃ男性慣れするのは難しいかなと言って、

本当に思っているのは「付き合いたい」ということなのに

パッと飛び出した言葉をそのまま引っ込めれなくなって

そんな意味の分からないことを言い始めました。

【本当は・・・この関係が終わってほしくないだけだ・・・・

阿蘭と離れたくないだけだ・・・】

凪が阿蘭の答えをドキドキしながら待っていると、

「嬉しい。」

と言って阿蘭は凪に抱き着いてきました。

「できればずっと終わってほしくないと思ってた。

凪と一緒にいるのすげー楽しいから。

・・・ぶっちゃけ一生このままでもいいぐらいなんだけどな

阿蘭は真剣な顔をしてそう言うと、一瞬で普段の顔に戻り

「なーんてな。重すぎるか!

もちろん契約延長は大歓迎だけどさ」

と言い、凪は「一生」と言われて良い感じかと思っていたのに

「あれ?」と拍子抜けしてしまいました。

そして、阿蘭は真っ裸で突っ立っている凪にツッコむと、

急に恥ずかしくなった凪はタオルで裸を隠しながら

阿蘭を風呂場から追い出しました。

【もう・・・一瞬本気で言ったかと思ったじゃん・・・】

凪の胸はまだドキドキが止まりません。

でも、これでしばらく一緒に居られるんだと思ったら嬉しくなり

阿蘭が本気じゃないなら本気でもってもらえるように

自分が頑張ればいいんだと思いました。

ーーー翌日

阿蘭のために夕飯を作ろうとした凪ですが、

料理が苦手な凪は食材を焦がしてしまいました。

帰って来た阿蘭が焦げ臭さに気付き、キッチンにやってきました。

「もしかして俺に何か作ろうとしてくれてた?

やべー・・・めちゃくちゃ嬉しいんだけど。

阿蘭は照れた顔をすると、一緒に料理するかと言って

作り方を凪に手取り足取り教えてくれました。

2人で作った料理は美味しくて、美人でカッコよくて

その上料理も出来る凪は本当に高スペック男子だなろと思いました。

すると、突然阿蘭がこう言いました。

「凪 今日はありがとな。

凪がいなかったらまだ味気ないもんですますとこだった。

おかげで楽しい夕食になったわ。

また2人で一緒に飯作ろうぜ」

そうお礼を言われた凪は、今回は手伝ってもらってしまったけど

いつか阿蘭に相応しい自分になるためにこれからも頑張ろうと思いました。

ーーーついに世界の八重洲に凪を合わせる日がやってきました。

「しっかりやらなきゃね!阿蘭の夢に一歩近づくチャンスだもん!」

凪がそう意気込んでいると、今日はあくまでもテスト撮影だから

大丈夫だよと言ってくれました。

スタジオへ入ると、そこにスタイリッシュな女性がカメラを持って立っていました。

凪を見るなり女性は凪に近づいてきて

「あなたがナギね」

と言って強い瞳で見つめてきました。

「撮るわ。服とメイクをお願い」

八重洲にそう言われたスタッフは凪をメイクし服を着せました。

そして撮影が始まると、スタジオ内はすごい緊張感に包まれ

まるでレンズを通して全部見透かされてるみたいで凪はドキドキしました。

一通り撮影し終えると、カメラから顔を離した八重洲はため息をつきながら

全然だめね・・・

ナギ あなた阿蘭と出会ってどれぐらいになるのかしら?」

と凪に質問してきました。

数週間ぐらいですと凪が答えると、

「私は5年前からずっと彼を見てきた。

圧倒的な存在感・・・性別を超越した美しさ・・・

あの子こそ私の作品に不可欠な存在だわ。

相手役には彼を引き立てさせ、かつ見劣りしない子が必要なの。

残念だけどそれはあなたじゃない

と八重洲は言いました。

どうしてだと凪が聞くと、八重洲はこないだのパーティーでマスコミに取られた

写真を見せながら

「この写真あなたよね?

仕事ほしさにあなたの方から近づいたのかしら?

ウブそうに見えて案外したたかなのな。

はっきり言わせて。あなたは阿蘭の相手に相応しくないわ。

お疲れ様 帰っていいわよ

と冷たく言い捨てました。

ーーーその後凪がスタジオから帰ろうとすると、

「待てよ凪!どこ行くんだ!」

と言って阿蘭が引き止めました。

「どこって・・・帰れって言われたから帰るよ!」

そんな風に言う凪に阿蘭は八重洲が要らない事を言ったなと思い、

俺からちゃんと話つけるからと言ってきました。

凪は阿蘭にこう聞きました。

「なんで?なんでそんなに私にこだわるの?

もっとちゃんと考えた方がいいよ。

私より阿蘭に相応しい人がいるよ 絶対!!

凪はそう言うと、スタジオから走り去って行きました。

慣れないヒールで途中階段で躓き、

自分は阿蘭に相応しくないと分かっていたけど、他人にそう言われ

現実を突きつけられると辛いと涙が込み上げてきました。

そんな凪に

「大丈夫ですか?」

そう言って手を指し伸ばしてくれる男性が現れて・・・・?!

 

その美人(オトコ)ふしだらにつき【6巻】感想

「一生このままでいい」と言って来た時ドキッとしましたが、

阿蘭も阿蘭ではぐらかしたのか知らないけど、

契約延長ってことねみたいな軽くその後返してきたので

ちょっと!そこは本当に付き合う?とか言うでしょ!とツッコみたくなりました。

そして。。。。世界の八重洲めちゃ怖い女性だったな・・・

まぁ世界相手にしてるぐらいだから生半可な気持ちでやってないよね。

(凪モデル素人だしさ)でも、このまま凪は黙ってないと思うんだよね~

這いあがってほしいわ!!

まとめ

凪に手を差し伸べてきた男性。なんだか凪と知り合いのよう?

誰?元カレ・・・?まさかね~(汗)次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ