漫画ネタバレ

その美人(オトコ)ふしだらにつき【2巻】ネタバレ!男性恐怖症を克服したい

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】美人系俺様モデル×ボーイッシュ勝気女子の期間限定のラブレッスン!恋がしたいのに男嫌いの凪。でも、超絶美形の男性モデル阿蘭と出会って・・・?!

「運命の女だ」ステージ上から女だと思ってたモデルの阿蘭が

男の姿で突然凪にそう触れてきた!?パニックになりながら、

凪は阿蘭の思惑を聞くことに・・・・

【その美人(オトコ)ふしだらにつき】2巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

その美人(オトコ)ふしだらにつき【2巻】ネタバレ!

凪は今のところ、唯一阿蘭が触れても大丈夫な男性で

この機会を逃したらもう誰かを好きになって恋愛は出来ないんじゃないかと

思ってと自分が男性恐怖症の事を阿蘭に告白しました。

そんな話を黙って切っていた阿蘭が、

「つまりこういうことか。

いつかきたる本当の恋のために俺と睦みあって男慣れしておきたいと・・・

でもいいのか?あんた可愛いし、

触ったら俺やりたくなっちゃうと思うけど?

と言って来たので、愛もないのに一線を越えることは出来ないから

それは無しでお願いしたいと凪は言いました。

「じゃあ もしそっちがその気になったら?」

そう聞かれた凪は、驚きながら

「ならないって。そんな簡単には・・・多分・・・」

と答えました。阿蘭はフッと笑いながら

「我慢比べってわけね。面白い!のった!」

とすんなりOKをくれました。

ーーー数日後

自宅の部屋で下着まで脱がせようとしてくる阿蘭に凪は

「まだ・・・ちょっとそこまでは・・・」

と断りました。ここもダメなの?と言いながら

「言っとくけど自信あるぜ?あんたをその気にさせるの」

と阿蘭は耳の近くで囁いてきました。

絶対なれてるこいつ!そう思った凪はあることに気付きました。

「ちょっと待った!

阿蘭にはいないの?その・・・特別な人・・・・

こんなことして本当に大丈夫なわけ・・・・?」

そんな風に聞かれた阿蘭は笑いながら

「そんな事考えてたのか。やっぱ新鮮だなあんた。

心配するな。特定の相手は造る気がないんだ。

と答えました。聞けば3Pもしていたとか・・・

「マンネリ気味だったし、期間限定の恋人・・・・

いい機会与えてくれて感謝してるぜ☆」

不純すぎると思った凪は、前言撤回し 契約破棄すると言い出しました。

「顔洗って出直してこい!このふしだら男!」

凪はそう言うと、阿蘭を家から追い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、凪の家に心当たりのない大荷物が届きました。

すると阿蘭が現れ、

「よお凪!実は昨日ルームメイトともめてな。

悪いがしばらくあんたの家に住まわせてくれ

そう言ってきたのです!なんとこの大荷物は阿蘭の荷物で、

何も言わず凪の家に一緒に住もうとしてきたのでした。

「何か問題あるか?どうせ1ヵ月は恋人なんだ。

目的も達成できるし、生活費は浮くし・・・一石二鳥じゃないか。

簡単にあきらめると思うなよ。絶対にアンタを口説き落としてやるから。

そんな風に言われた凪はこう言い返しました。

「阿蘭にとってはさ・・・きっとこれは軽いお遊びみたいなものなんだろうけど、

私にとっては大事な事なんだよね。

ときどき思うんだ。もっと違う対応していれば

大学時代の男女の友情が今も続いていたんじゃないかって。

せめて人並みに恋愛できるようになりたいって思ってる・・・

もう誰も傷つけたくないし・・・」

キャップを深くかぶって顔を隠しながらそう話す凪に、

阿蘭はそのキャップを奪いこう言いました。

俺はあんたの 平凡じゃないところが気に入ったんだけど?

これだけは言っておく。

あんたは俺が選んだ女だ。契約だろうが何だろうが

全力でやらせてもらうからな」

ーーーそうこうしていると、大荷物が届いた凪の家に大家さんがやってきました。

実は凪の住んでいるマンションは男女で一緒に住んでは行けない物件で、

凪は慌てて阿蘭を家に隠しました。

すると・・・阿蘭はすぐに奥の部屋で女物の服に着替え化粧をすると

凪の友達ですと自己紹介をしました。

「もし・・・大家さんさえよければここに暫くお世話になりたいのですが・・・」

綺麗な顔の阿蘭にそんなことを言われたら誰も断れません。

機嫌よく大家さんはOKをくれました。

ーーー大家さんも去り、部屋に2人きりになった

女装姿の阿蘭は凪にこう言いました。

「ねぇ、思ったんだけどこの格好だったら凪もあんまり対抗ないんじゃない?

どう?このままシちゃおっか。

今日はそっちから脱がしてよ。自分でリードするほうが安心するでしょ?」

そう言われた凪は一枚ずつ阿蘭の服を脱がしていきますが、

なんだかいけない事をしている気分になってきてドキドキしました。

「いーね・・・なかなか刺激的じゃん。

あんたは人並みになりたいって言うけどさ、それってそんなにいいことか?

人並外れるってサイコーにクールじゃない?

阿蘭はそう言うと、凪にキスをしました。

「ほら その気になって来た」

ニヤッと笑ってそう言われた凪は反論できず、

悔しいけど、確かにクールかもと思いました。

その美人(オトコ)ふしだらにつき【2巻】感想

男性に触れられるレッスンスタートから、エッチな事しようとしている

凪はすごいなと思いました。やっぱ男前(笑)

手から繋ぐとかそんなんじゃないとこがオトナの恋愛って感じだし、

阿蘭のセクシーさが尋常じゃない!鼻血ものですね♡

キスでも拒否反応出なかったし、女のような男の阿蘭だからいいのかな?

それとも美形だからOKとか?(笑)

まとめ

ステップワンのキスを成功させた凪。

1ヵ月限定の恋人・・・この先どうなって行くのか次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ