漫画ネタバレ

初恋実行~強奪ウェディング~【8巻】ネタバレ!本当に好きなのは・・・

【初恋実行~強奪ウェディング~】年上のイケメンとお付き合いしている佳乃。昔よく遊んだ幼馴染の悠人が弟になるのを喜んでいたが・・・?

「結婚と恋愛は別だ」と言う拓也にキレた悠人は、「俺は絶対そんな事しない」と言い放ちました。そして佳乃は悠人への誤解も解け、自分が好きなのは悠人なんだと気づいて、すぐに行動に移したのですが・・・?

【初恋実行~強奪ウェディング~】8巻のネタバレを紹介します!

初恋実行~強奪ウェディング~【8巻】ネタバレ!

「・・・実は・・私・・・好きな人ができてしまいました。

私と 婚約解消してください。本当にごめんなさい」

拓也の事より自分の気持ちを優先させ、佳乃は酷い事を言ってるのは分かっていて

自分は最低だなと思いながらもそう告げました。

「誰?相手」

そう聞かれた佳乃は

「悠人です。私の好きな人は弟の悠人です」

と正直に答えました。本気なの?と聞かれた佳乃は

「・・・どうにもできない事は分かってます。・・・でも

自分の気持ちに気付いてしまった以上、拓也さんと一緒には・・・」

と言いました。すると拓也はとんでもない事を言ってきたのです・・・!

いいよ 俺は。佳乃が他の男を想ってても。

今の世の中いろんな形の恋愛があるじゃないか。

俺はそんな些細なことで結婚を諦めるような男じゃないよ。

一時の気の迷い暗い俺は許せる。」

些細な事と言われて、佳乃は驚きます。

気の迷いじゃないと佳乃が言うと・・・

「じゃあ 佳乃のご両親には何て言うの?

『弟を好きになったから婚約を破棄した』なんて言ったら、

ご両親どう思うかな?お父さんには一度ご挨拶してるけど、

今度改めて恵さんにもお会いできないかな?」

そう言う拓也の話には正論も混じっていて、佳乃は

自分の事しか考えていなかった・・・と思いました。

「今日 佳乃に誘ってもらって用意したものがあるんだ。」

そう言って、拓也は結婚式場のパンフレットを渡してきました。

「そろそろ話を進めようと思ってね」

そんな風に話を進められて戸惑う佳乃は

「だけど私が好きなのは・・・」

と反論したその時・・・!

「佳乃 結婚は当人たちだけの問題じゃないよ。

双方の親族も関わってくる。みんな祝福してくれただろ?

俺は、佳乃と自分の両親を悲しませるような真似はしたくない。

結婚したら佳乃の事を絶対幸せにするよ。

だからもう一度よく考えて欲しい」

そう言われた佳乃は、「はい・・・」としか答えられませんでした・・・

ーーー家に帰ると、恵が出迎えてくれました。

「恵さんはどうしてお父さんと結婚したの?と反対されなかった?

恵さんのお父さんとかお母さんに。だって・・・結婚したら

私とも家族になっちゃうんだよ?苦労するんじゃないか心配されなかったの?

こんな・・・いい年の娘なんていない方が・・・」

佳乃は何言ってるんだろうと思いながらも、聞かずにはいられませんでした。」

すると・・・

「佳乃ちゃん!・・・私が好きなのは確かに明彦さんよ?だけど、

佳乃ちゃんと悠人がいなかったら、私たちは夫婦じゃなかったかもしれない。

私が結婚したのは、佳乃ちゃんも恋人の明彦さんも佳乃ちゃんの本当のお母さんも

みーんな含めて、家族として愛したかったからよ。

その全部が今の明彦さんを作ったんだもの。愛さずにはいられないじゃない。

・・・確かに心配もされたけど、それが私の幸せだと思ったから。

押し通しちゃったわ。・・・何があったか分からないけど、いない方がいいなんて

悲しい事言わないで。私は佳乃ちゃんの幸せを誰よりも願ってるわ。

ーーーー自分の部屋に戻り、佳乃は自分の幸せについて考えました。

確かに拓也が言うように、このまま話を進めたほうが誰も困らないし、

祝福だってしてもらえるから、これって幸せな事なんじゃないかと・・・

そう考えていると、悠人が部屋をノックしてきました。

「佳乃 話があるんだけど」

ちょっと待って!と佳乃が結婚式場のパンフレットを鞄に隠しながらそう言うと

「いいそのまま聞いて。昨日は悪かった。一方的に押し倒したりして・・・

佳乃が好きな奴は俺じゃないって最初から分かってたのに。

俺 諦めるよ佳乃の事。

俺が諦めなきゃ。いつか振り向いてくれるんじゃないかって思ってたけど、

昨日の佳乃見て、俺の独りよがりな感情に突き合わせてただけだって気付いた。

佳乃は俺が傷つかないように立ち振る舞ってくれてただけなんだよな?

今までゴメン。」

と、急にそんな話を言われたので佳乃は焦り、ドアを開けました。

「違う・・・どうじゃないの・・・」

ピアスをしていない佳乃を見て

「もう一度ピアスを付けてる姿見たかったけど。似合ってたから」

そう言う悠人に、佳乃は言葉が出ません。

なぜなら頭ではこれが正解だって分かっているからです。

すると・・・

「佳乃 幸せになって。・・・姉さん」

最後のキスをして悠人は自分の部屋に戻って行ってしまいました・・・

佳乃は泣きそうになりましたが、今ここで泣いたら

悠人の事も裏切ってしまうとそう思い耐えたのでした・・・

ーーーー翌日

出張から帰ってきた拓也から「今夜俺の家で会えないか?」とメッセージが届きました。

「わかりました。先に家で待ってます。」と、淡々と返信を返すと、

その横で同僚に言われて週明けの会議資料を忘れていて出来てない事に気付いたのです!

どうしよう?!同僚に泣きつくと、忘れてた佳乃が悪いんでしょ?!

と言われてしまいました・・・・

ーーーーーその夜、仕事が終わった拓也が会社から出てくると

そのこは悠人が待ち構えていました。

「悠人くん?どうしたの?こんなところで」

そう言われた悠人は「佳乃は?」と聞きました。

「あぁ 佳乃なら俺の家に居ると思うけど」

悠人はそれを聞いて

「ならいい あんたに話があって来たんだ」

と言いました。

ーーーーその頃、残業して同僚にも手伝ってもらい

やっと会議資料が作り終わった佳乃は、

拓也に遅れるというメッセージを送ってない事に気付きました。

ポケットからスマホを取り出そうとすると、

悠人からもらったピアスが落ちました。

壊れてないか必死で拾い上げて確認して、大丈夫そうだったので佳乃はほっとしました。

そして・・・このピアスももうつけることないのかな?

そう思うと、自然と目から涙が溢れ出てきました・・・・

「・・・おかしいな。昨日は我慢できたのに」

でも、涙は止められませんでした。

そして、こんなの全然幸せじゃないと思ったのです。

家族を裏切っても責められても、もう悠人が自分を好きじゃなくても

そこに自分の幸せはないから拓也とは結婚できないと佳乃は思いました。

ーーー悠人と拓也はまだ会社の前にいました。

「話があるんならもちろん聞くよ。でもさすがに寒いしカフェでも・・・」

そう言う拓也に悠人は

「すぐ済むからここでいい。あんたが気にしてんのは会社の前だからだろ?

いますぐ大声で聞かれちゃマズイ事話せるけど、どうする?」

と言いました。そう脅された拓也は「聞くよ」と言いました。

すると・・・

「こなだの女と別れて欲しい」

と悠人がそんな事を言ってきたので、まさかの言葉に拓也は驚きました。

 

初恋実行~強奪ウェディング~【8巻】感想

焦った拓也は結婚をすぐにでも進めようとしてきましたね・・・

そして、なぜか悠人が身を引く決意をしてしまいます・・・!

待って!違うの!佳乃の幸せは、悠人と一緒になる事なんだよ(涙)

すれ違いまくりのお互いの気持ちと、

「世間体」が2人の関係を遠ざけます・・・

このまま行くと、拓也とくっついちゃう!それだけは避けたい!

早く佳乃が自分の気持ちを悠人にぶつけてくれるのを期待します!

まとめ

「あの女と別れてくれ」そうお願いしにきた悠人。

いやいやいや・・・別れさせても、きっと次の女すぐに作りまっせ!この男!

とツッコんでやりたい・・・次回どんな展開が待ち受けているのでしょうか?

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ