漫画ネタバレ

初恋実行~強奪ウェディング~【6巻】ネタバレ!芸能プロダクションからスカウト?!

【初恋実行~強奪ウェディング~】年上のイケメンとお付き合いしている佳乃。昔よく遊んだ幼馴染の悠人が弟になるのを喜んでいたが・・・?

家族で温泉旅行に来た佳乃と悠人。なぜか一緒の部屋になってしまい気まずい雰囲気に。

一方電話の向こう側の拓也は浮気相手と楽しんでいて・・・・?

【初恋実行~強奪ウェディング~】6巻のネタバレを紹介します!

初恋実行~強奪ウェディング~【6巻】ネタバレ!

家族で温泉旅行に行ってから1週間が経ち、

今夜は久しぶりに拓也に会えるので佳乃はとても楽しみにしていました。

そんな時、会社の廊下を歩いていると誰かと電話している拓也と出くわしました。

挨拶くらいなら声かけてもいいよね?と思って、佳乃が声を掛けようとすると・・・

「ああ 分かった。来週末は空けておくよ」

誰かと約束している声が聞こえてきました。

佳乃は友達?珍しいなと思っていると、

隠れたつもりが横の植木を倒してしまい見つかってしまいました。

「すみません 電話中だったのに」

佳乃がそう言うと

「気にしないで。前の勤め先の後輩だから。

俺が仕事サボって私用の電話してたのは秘密ね。

聞かれたのが若月さんで助かったよ。本当あいつ・・・

先週末に飲みに行ったばかりなのに、まだ話したりなかったみたいでさぁ」

と拓也が言いました。それを聞いた佳乃は疑問に思いました。

なぜなら先週末は佳乃は家族旅行に行っていた日で、

確か電話で拓也は『一人で晩酌』と言っていたからです・・・・

でも、1週間前の事だからきっと他の日と勘違いしてるだけなんだと

佳乃は自分に言い聞かせました。

けれども怖くて聞けません・・・

「佳乃 今夜楽しみにしてるよ」

耳元で拓也がそう佳乃に囁き、その場から去っていきました。

佳乃はもしも勘違いじゃなくて嘘をつかれていたらどうしようと思いました。

ーーーーーー数日後

今日は悠人の舞台当日です。佳乃はモヤモヤしながら結局拓也に真意を聞けずに

この日を迎えてしまいました。

家族3人で悠人の舞台が始まるのを待っていると、やっと悠人達の出番が来ました。

・・・舞台上の悠人は、演技の事は全然分からないけど

素人の佳乃が観ても悠人の演技がすごいと分かるほどでした。

横に座っている両親は悠人の演技を見て号泣していました。

「恵さん 私先に悠人に会いに行ってきてもいいかな?」

早く会いたい!会って、よく頑張ったね感動したよって伝えたい!

そう思った佳乃は悠人のいる楽屋に急ぎました。

佳乃が走って楽屋に行くと、悠人を発見しました。

「悠人!」

名前を呼んで手を振ると、悠人は顔を真っ赤にしてこっちを振り向きました。

周りの部員にちゃかされながら、悠人がこちらに歩いてきました。

「ちょっと来て。」

悠人が佳乃の手を引いて、備品室に連れて行きました。

こんなところ入っていいの?佳乃がそう言うと、備品室は誰も来ないからと言いました。

「あの部員の子たちにもちゃんと挨拶したかったのに」

佳乃がそう言うと、恥ずかしそうにこう言いました。

「いいんだよ。・・・あんな笑顔の佳乃、他の奴にあんま・・・見せたくない。

で?何しに来たの?」

と悠人が聞いてきたので、佳乃はこう答えました。

「あ!そう・・・早く感想が言いたくて・・・

私今まで演劇ってあまり観たことなかったけど、悠人の演劇感動した!

あの舞台の上で一番格好良かった!お客さんの歓声もすごかったし、悠人はすごい・・・」

「ちょ・・・ストップ!・・恥ずかしい・・・」

あまりにも褒める佳乃に恥ずかしくなった悠人は一旦、佳乃のを止めました。

あんな練習したのにめっちゃ緊張して、セリフも飛んだと言う悠人に

佳乃は全然分かんなかったよと言いました。

「・・・ずっと頑張ってたもんね。お疲れ様!

この後打ち上げなんでしょ?楽しんで・・・」

すると悠人は佳乃の腕を引っ張り、抱き寄せました。

「・・・ありがとな。今日は観に来てくれて。佳乃がいたから頑張れたと思う。

ピリリリ

いい雰囲気になったところで、佳乃のスマホに恵から着信が入りました。

佳乃がもう帰るかと恵と話していると・・・

「先輩!今日の舞台サイコーでした!!先輩と演劇出来て嬉しかったですー!!」

そう言って、ヒロイン役の子が悠人に抱き着いてきたのです・・・!

その姿を見た佳乃は、こんな年上の自分なんかよりお似合いの子いるじゃん・・・

そう思ってしまいました。

【でも、なんで私こんなに動揺してしまっているんだろう?】

そう思った佳乃は、悠人に恵に呼ばれているからと言ってその場を去っていきました。

悠人は佳乃が急に走って去って行ってしまったので、どうしたんだろう?と思いました。

「若月!悪い 着替えたらでいいから、ちょっと俺のとこ来てくれるか?」

悠人は顧問に呼び出されました。

ーーー「お疲れの所すみません。私、今日皆さんの演劇を拝見しました。

Kiプロダクションの大野と申します。先生には先ほどお話したのですが・・・

若月さん 芸能界に興味はありませんか?

今回の舞台、若月さんの演技に将来性を感じました。

今まで高校生の演劇を多く観てきましたが、その中から若月さんの演技は

目を惹くものがあります。是非うちの事務所で俳優を目指しませんが?

こう言ってはあれですが、うちの事務所は業界でも大手でして・・・

注目度は高いかと。もちろん入所された方全員が売れる保証はないのですが・・・」

顧問の部屋に行くと、芸能プロダクションの人が居て

急にスカウトを受けることになった悠人は驚きます。

「まぁ あまり重く考えるな若月。

これから進路の選択肢のうちの1つくらいに考えてくれ。」

顧問はそう言い、芸能プロダクションの大野には

うちはいつでも待ってますからと言われました。

そう言われた悠人は「はい」とだけ返事をしました。

ーーーーーーー顧問と一緒にタクシーに乗り込んだ悠人は

「・・・先生は、いいと思いますか?さっきの話・・・」

と顧問に聞きました。すると顧問はこう答えました。

「知らん。いいか悪いかなんてのは、実際飛び込んだ奴の価値観だろ。

周りから羨ましがられるほどの人間なのに、愚痴ばっかの人間もいれば

成果が出なくても楽しめる奴もいる。どうしてだと思う?」

そう聞かれた悠人は「性格の問題とか・・?」と自信なさげに言いました。

すると顧問はこう言いました。

俺は覚悟を持ってその道を自分で決めたかどうかだと思う。

お前の人生はお前のもんだ。俺が良い悪いは決められない。

ただ先生が出来ることは、生徒の選択肢を増やして

可能性を広げてやることだけだ。」

そう言われた悠人はこう聞きました。

「先生は・・・先生になってよかった?」

顧問は笑顔で

「もちろん!みんな面白ぇから飽きねえよ!」

と言いました。そんな話をし終わり、悠人がタクシーの窓から外を眺めていると・・・

なんと!佳乃の恋人・拓也が知らない女性と肩を組んで歩いていました。

「止めてください!!」

悠人は咄嗟にそう言って、タクシーを止め、先生に先に行ってと言い

タクシーを降りました。そして・・・

「おい!あんた佳乃の彼氏だろ?どういうつもりだよ おっさん

初恋実行~強奪ウェディング~【6巻】感想

純粋に一生懸命やっている姿って、キラキラして見えますよね!

今までの努力を見てきた分、佳乃は悠人の事が

何倍にもカッコよく見えたと思います♡

抱きついてきたヒロインに嫉妬していましたが、佳乃はこれが

嫉妬なのか何なのかまだ分かっていません。

いや~確実に拓也より、悠人よりになってますね~

だって、拓也一人で晩酌って言ってたのに、後輩と飲んでたということに

なってますし、嘘をつく人は饒舌になりますからね(笑)

芸能プロダクションにスカウトされちゃった悠人!凄いですね!

今後どうするのでしょうか?

まとめ

通りがかった道で、拓也と知らない女が肩を組んで歩いているのを目撃した悠人。

「おっさん!」と声をかけてしまいましたが・・・

この後どんな展開が待ち受けているのでしょうか・・・?!

次回の話を読むのが楽しみすぎます!!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ