漫画ネタバレ

花の散るらん~吉原遊郭恋がたり~【5巻】ネタバレ!馴染みの客

【花の散るらん~吉原遊郭恋がたり~】吉原一の遊郭「華菊楼」で遊女として働くことになった咲良。楼主の吟を信じて仕事に励もうと思っていたが、初めての仕事「水揚げ」で処女を失い、身も心も傷つく・・・

大口屋の若旦那に買われた美桜。しかし、再度客を取るも

どうしても吟の顔がよぎります。そんな美桜に気付き若旦那は手を止め

「今日は何もしねーから安心しろ」とその夜は何もなく明けていきました・・・

【花の散るらん~吉原遊郭恋がたり~】5巻のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

花の散るらん~吉原遊郭恋がたり~【5巻】ネタバレ!

「今日は何もしねーから安心しろ」

そう言われた美桜は、吟に貰った簪がどこかに行ってしまったことに気付きました。

簪を探してると「どうした?」と言われたので、

桜の簪を探してると若旦那に言うと、「もしかしてあれか?」と指さす先に

簪があったので、

「・・・よかった」

と美桜は安心し笑顔になりました。

「なんだ?間夫にでも貰ったのか?

そう聞かれた美桜は

「・・・そんな人おりません!」

と言いました。そう必死に否定してくる姿を見て

若旦那は「あたりか」と思いました。

ーーーその夜、本当に何もなしで美桜は若旦那の横で眠っていました。

その横で若旦那は眠れず

【俺があれだけの席を用意してやって喜ばねぇ遊女なんかいなかったのに。

こんな簪ひとつであんな顔しやがって。

腹の立つ女だ】

そう思いながら、安心しながら眠る美桜の額に口づけをしました。

ーーー翌朝、美桜が目覚めると

「どうだ?よく眠れたか?」

若旦那が先に目覚めていたので、美桜は焦って手水の用意をしなくてはと

焦りました。慌てふためく美桜を見て、若旦那は声を出して笑いました。

「んっとに遊女らしくねー遊女だ」

遊女なのに何もなくてホッとしてるなんてだめだと思いながらも、

若旦那と一緒に部屋を出ると、

大口屋の若旦那様。昨夜は勿体ないほどの宴席まで開いてくださいまして

ありがとうございました。どうですか?うちの美桜は?」

と言って吟がやってきました。

美桜はまた何もできなかったため、どんな顔を吟の前でしたらいいのか戸惑いました。

その時、若旦那が口を開きました。

「あぁ そうだな。美桜の馴染みとして通わせてもらおうか

若旦那はそう言うと、吟の目の前で美桜に口づけをしました。

美桜は吟に見られるのが嫌で、若旦那の舌を噛んでしまいました。

「やってくれるじゃねぇーか。舌を噛むとは」

若旦那がそう言うと

「なんで・・・こんな。みんなが見ていんす・・」

顔を真っ赤にしながら美桜は言いました。

すると若旦那は美桜の頭に手をやりながら

「だからじゃねーか。そんで噂になりゃあいい。

お前は俺の女だってな」

と言い、吟に向かってはこう忠告しました。

「俺が買う女だ。変な虫がつかない様にたのみますぜ」

吟の顔が見れずにいると、美桜に吟がこう声を掛けてきました。

「よかったじゃねーか。」

その笑顔を見て、美桜の心はズキっと痛みました。

「大口屋の若旦那の馴染みの遊女となりゃ美桜の名は一気にあがる。

花魁になりゃ身請けするだけの金のある客もつくからな。

これで俺も安心だ」

そんな風に言う吟に美桜は

「そうでありんすなぁ。わっちもうれしゅうござんす。

これからは大口屋の若旦那様をたのしみにしなんす」

と作り笑いを浮かべました・・・

ーーー吟のために頑張るって 

遊女としてここで早く良いお客をつけることが吟のためだって

それでいいって思ってたのにーーー

そう思えば思うだけ辛くて、美桜は1人泣き崩れました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後・・・

1人ボーっとしている吟に

「吟 あんたこの間からなんて顔してんだい」

と華柳が声を掛けました。

「美桜に初めて馴染みができたんだ。もう少し嬉しそうにしたらどうなんだい?」

そう言われた吟は

「何言ってんだ。喜んでるに決まってんじゃねーか」

と答えました。

ーーーその頃、美桜は三味線に舞に習字と

早く吟を忘れるために芸事に一生懸命取り組むことにしました。

考える暇もなくなるようにと毎日、寝る間を惜しんでやっていると

ある日、無理が来てお座敷で倒れてしまいました。

美桜が次に目を覚ますと、布団に寝かされていました。

聞くと吟がここまで運んでくれたようでした。

「美桜 体調はどうだ?」

そう言って部屋の前で男の人の声が聞こえたので、吟だと思った

美桜でしたが、その予想は外れ若旦那が部屋に入ってきました。

「おぅ 目ぇ覚めたみてぇだな」

そんな若旦那に美桜は布団から出て、手をついて頭を下げながら

「ぬ・・・ぬしさん。申し訳ござりんせん。」

と謝罪しました。すると、若旦那はこう言いました。

「俺ぁ 気がみじけぇんだ。

いつまでも休んで俺をあまり退屈させんじゃねーぞ」

相変わらず偉そうですが、若旦那なりの励ましだろうかと美桜は思いました。

そして、なんで吟が来てくれるなんて思ったんだろうと惨めになりました。

結局どんなに考えても好きだと言うこともできない相手で、

叶わない夢だと分かっているのに吟が頭から離れてくれません・・・

美桜は吟に貰った桜の簪を握り締めながら泣いていました。

そんな時・・・

「美桜」

襖を明けて吟がやってきました。

吟の顔を見た瞬間、ダメだと思った感情が抑えきれそうにありません。

ーーーまだ顔を見れただけで

こんなに・・・この気持ちを・・・

どうやって捨てればいいんだろう・・・---

辛そうに泣くそんな美桜を、吟も抱きしめること以外考えられませんでした。

 

花の散るらん~吉原遊郭恋がたり~【5巻】感想

やっぱり若旦那さん、口は悪いけど良い人ですね~

吟が大好きだけど2人は絶対に結ばれない・・・・

となると、優しくしてくれる若旦那で幸せになれるんじゃないかと思いますが、

ここまで大恋愛してしまうと、忘れることなんて出来ないですよね(涙)

どうなっちゃうんだろう?ハッピーエンドを期待してるけど、

この時代、この職業でハッピーエンドは難しい。。。

悲しけど、離れることしかできないんだろうかと思うと切ないです。

まとめ

吟も自分の気持ちを押さえられない・・・?!

このまま2人は禁断の愛を育むことになるのか?

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ